記事

認知症より怖い「ロコモ」の寝たきり生活

1/2
今年、日本人の平均寿命は過去最高を更新した。要介護とならずに天寿をまっとうするにはどうすればいいのか。要介護になる原因の第1位は筋肉、骨、関節、軟骨など運動器の疾患だ。予備群を含めると日本人の3人に1人が運動器の疾患(通称ロコモ)の恐れがあるという。どんな対策をとるべきなのか。ノンフィクション作家のかじやますみこ氏が、NTT東日本関東病院・整形外科部長の大江隆史氏に聞いた――。

※本稿は、かじやますみこ『人生100年、自分の足で歩く 寝たきりにならない方法教えます』(プレジデント社)の第1章「寝たきりにならないための新常識」の一部を再編集したものです。

「人生100年時代」ロコモ対策は待ったなし

【かじやますみこ(ノンフィクション作家)】それにしても、なぜ最近になって運動器の疾患がそれほど注目されるようになったのでしょう。「腰痛は日本人の国民病」などといわれますし、昔から、街場の整形外科医院はお年寄りでいっぱいです。ロコモティブシンドローム(略称ロコモ)という新しい言葉をつくらねばならないほど、以前とは違う課題があるのですか。

大江隆史(NTT東日本関東病院・整形外科部長)

【大江隆史(NTT東日本関東病院・整形外科部長)】背景にあるのは、やはりヒトの長寿化、社会の高齢化です。人間がそれほど長く生きることがなかった時代には、骨粗鬆症による骨折など運動器の疾患が起こる前に、誰もが寿命が尽きてしまいましたからね。だから学問的な研究もされてこなかったし、どれくらいの人が加齢による運動器疾患にかかっているかなんて、調べる人もいなかったのです。

しかし、いざ調べてみると、驚くべき実態が明らかになってきました。2017年に発表された吉村典子先生(東京大学22世紀医療センター ロコモ予防学講座特任教授)を中心とする大規模な疫学研究では、ロコモ度テストでロコモと判定できる人は、全国で4590万人にのぼると推計されたのです。

骨粗鬆症の人は1280万人(男性300万人、女性980万人)。70歳以上に限ると、95%以上の人が骨粗鬆症か変形性膝関節症か変形性腰椎症のどれか1つ以上にかかっていると考えられるそうです。「人生100年時代」といわれますが、運動器のケアをせずに100歳まで元気に暮らすことはほぼ不可能でしょう。その意味で、ロコモは非常に今日的な問題なのです。

【かじやま】4700万人ということは、日本人の「3人に1人がロコモ」といえますね。それもすごいですが、2017年の統計で「100歳以上の高齢者がすでに7万人近くもいる」との報道にも驚きました。10年前の約2倍、20年前の約8倍に増えていて、2050年には53万人を超えるとか。ロコモ対策は、まさに待ったなし! です。

運動器の疾患は次々と連鎖する

【大江】わたしは1960年生まれですが、同世代の日本人のほぼ半数が90歳まで生きるといわれています。そんな時代ですから、長寿に備えて、人生の半分くらいのところ、45歳か50歳あたりで、自分の運動器の状態をチェックすることが望ましい。骨密度など測定できるものは測っておいたほうがいいと思います。

高齢者の健康にとって最大のリスクは、メタボリックシンドローム、認知症、そして運動器の疾患、つまりロコモの3つと考えられます。それくらいロコモは重要だということ。ところが、この問題の深刻さがあまり認識されていない。

【かじやま】確かにそうですね。「メタボ、認知症、ロコモが三大リスク」という意識は、あまりありませんでした。

【大江】そこでロコモティブシンドロームという概念を提唱したのですが、実は、一般向けの啓発のほかに、もうひとつ目的があるのです。

近年、脊椎専門、関節専門と整形外科が細かく分かれ、「背骨はわかるが、関節はわからない」といった医者が増えています。スペシャリストになることは悪いことではありませんが、高齢者の運動器の疾患は、腰が悪くなれば、膝も、肩も悪くなる、といった具合に連鎖する。しかも、「1+1」が「2」ではなく「3」になるように複合して悪化するので、運動器を全体として診ることが大切なのです。

注射をすれば治る普通の腱鞘炎だったのに……

【大江】これからの時代は、自分の専門分野を極める一方で、運動器全般についても標準的なことくらいは知っておく必要がある。そういう視点を持たなければ、ちゃんとした治療はできない。医療関係者にそう注意を促す意味でも、ロコモという概念を打ち出したのです。

【かじやま】近い将来、「ロコモ科」「ロコモ外来」みたいな診療科ができて、統合的に診てもらえれば、患者としては安心です。

【大江】何度も言いますが、高齢者の場合、複数の運動器疾患が重なっていることが多いですからね。

実際にこんなことがありました。わたしの専門は手外科ですが、あるとき別の専門病院で膝の手術を受けた高齢のご婦人が、退院したその足で、わたしの外来に来られたのです。「変形性膝関節症が悪化して膝に人工関節を入れたが、今度は手が痛くなって杖が握れない」とおっしゃる。主治医の先生に相談したものの、「手のことはよくわからないから、ここで診てもらってください」と、わたしの病院を紹介されたというのです。

診察すると、注射をすれば治る普通の腱鞘炎でした。手術後、身体を支えるために杖を強く握るなどして手を酷使したからでしょう。普通の腱鞘炎といっても、ひどくなると指が曲がらなくなります。痛くて杖が使えないというのであれば、患者さんはとても困るわけですが、人工関節の専門医である主治医の先生には、その診断や治療ができなかったのです。

【かじやま】わたしも交通事故で手術をしたあと、手で身体を支えていたので、その患者さんの気持ちがよくわかります。廃用症候群(寝たきりなどで身体能力が衰えること)で骨折していないほうの脚も筋力が落ちていたから、両腕の力に頼らざるをえない。リハビリで歩く訓練を始めると肩も痛くなり、以前は何ともなかった膝や足首も痛み出して……。「高齢になって身体が動かなくなるというのは、こんな感じかな」と思いましたね。

【大江】あなたの場合、片方の脚が骨折しただけでまだよかった。もし高齢で反対側の脚が変形性膝関節症だったら、リハビリも進みませんよ。「せっかく股関節の手術をしたのに、膝が痛くて歩けない」ということになってしまいます。高度な専門医であっても、やはり運動器全般を診られないといけないのです。

あわせて読みたい

「介護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新iPhoneは買い換える意味なしか

    永江一石

  2. 2

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  3. 3

    進次郎氏の総裁選戦略は問題なし

    早川忠孝

  4. 4

    上映15分 エロバカすぎる大傑作

    松田健次

  5. 5

    なぜ石破支持? 議員の本音を直撃

    NEWSポストセブン

  6. 6

    医療と宗教 母が子供の輸血拒否

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    米関税免除の代償に苦しむ韓国

    ロイター

  8. 8

    安倍首相は圧勝? 新聞各社の思惑

    深谷隆司

  9. 9

    企業の人手不足 IT業界は7割超に

    MONEYzine

  10. 10

    安倍首相が総裁選で放った珍言

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。