記事

ブロッキング制度はネット賭博にも適用せよ

1/2

さて、海賊版マンガサイト等へのブロッキング法制問題について、コンテンツ保護の為に何とか法制化を実現したい知財本部に対して、情報通信産業を所管する総務省がこの動きを牽制をする発言をしたことが話題となっています。以下、弁護士ドットコムより転載。

ブロッキングに代わる「海賊版対策」の切り札? 東大・宍戸教授「アクセス警告方式」提案
https://www.bengo4.com/internet/n_8424/

ブロッキングは、法学者やプロバイダから反対されているが、今後もこうした海賊版サイトの出現が脅威であることから、出版社などから導入を求める声が根強くあり対立している。

こうした状況の中で、この日の検討会では、総務省消費者行政第二課長が「議論の本質論としては、今後のネット社会のあり方として、監視のほうへすすむのか、自由なほうへすすむのか、どちらを目指すのかということだ」と発言する場面があった。

当該会議は今月中にも中間報告書を取りまとめる予定となっており、その取りまとめ直前となるこのタイミングで総務省側がこんな「そもそも論」的な大きな石を投げ込むというのは、なかなかセンセーショナルな展開です。当然ながら会議は大荒れになるわけで一部の民間委員、というかブロッキング強硬派として知られる川上量生氏が例の如く吹き上がり、会議が大混乱になったなどとも報じられているところです。

…と情報通信の専門家でも何でもない私が、なぜ本問題に関してコラム上でこのような言及をしているのかというと、実は以下のような非常に興味深い文書が今回、事務局側のとりまとめとして開示されたから。以下、知財本部webサイトによる公開資料より。

ブロッキングに係る法制度整備を行う場合の論点について(案)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/kensho_hyoka_kikaku/2018/kaizoku/dai5/siryou4.pdf

本資料は、ブロッキングに関する制度整備を行うとした場合に想定される論点ごとに本検討会における委員または有識者の報告、発言または提出資料の内容を集約し、更に検討が必要と考えられる論点についてはその旨を記載したものである。現時点で制度設計等の方向性を示すものではなく、今後の立法事実や憲法との関係についての議論を踏まえた上で更に整理を行う予定である。 […]

(10)他の法益侵害に対する検討の要否について

ブロッキングについては、著作権侵害に関するものと並行して、名誉毀損等の他の法益侵害に関しても検討すべきとの指摘があるが、他の法益侵害に対する検討を行う場合にも、以下の点に留意が必要と考えられる。

・いずれにせよブロッキングは実施のための要件等を厳格に設定し限定的に行われるべきであるところ、当該要件等の検討は一般的にではなく、各法益侵害の特性を踏まえて行われる必要がある。

・各法益侵害の特性を踏まえた検討が行われないと、本来必要となる範囲を超えてブロッキングが行われる懸念もある。

他の法益侵害、すなわちこれまで語られてきた著作権法違反以外の違法行為に対する対抗策としてのブロッキングの論議が、ここに来てやっと検討事項の中に含まれたわけで、実はこのことは私の専門性において非常に大きな意味を持ちます。

そもそもギャンブルを専門とする私としては、我が国のブロッキング法制論がこれまで知的財産保護「だけ」を対象として語られてきた事自体が意味が判らないのですよ。とうことで、一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンターが世界49カ国に所在するインターネット関連組織に所属する専門家104名に対して行なったアンケート調査結果から、ブロッキング法制を巡る世界的な動向を見てみましょう。


上記アンケート調査結果を見ると、回答者自身が居住する国や地域で何らかのブロッキング法制が導入されていると答えた専門家が71.2%となっていますが、最大のブロッキング対象となっているのは実は著作権侵害(44.9%)ではなく、カジノ・ギャンブル(50.0%)であることが解ります。対して、なぜか我が国日本ではこれまで知財本部が中心となって著作権侵害のサイトのみを対象としたブロッキング論を展開してきており、あくまで知財だけを対象として著作権法の中にブロッキング制度を埋め込むなどという案が実しやかに語られているところ。ただ残念ながらそれは、世界的にみれば必ずしもスタンダードな論議のあり方とは言えません。

あわせて読みたい

「ギャンブル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    消費増税を批判しない野党に疑問

    やまもといちろう

  2. 2

    織田裕二が坂上忍に絶縁通告か

    女性自身

  3. 3

    TBS宇垣アナがキレた同期の一言

    文春オンライン

  4. 4

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

  5. 5

    よしのり氏 左翼の人権論に苦言

    小林よしのり

  6. 6

    色あせる中国 金融の舞台で矢面

    ロイター

  7. 7

    政治的発言許されぬ日本の芸能界

    篠田博之

  8. 8

    3億円事件告白小説 専門家が分析

    NEWSポストセブン

  9. 9

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  10. 10

    枝野代表「増税理解できない」

    立憲民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。