記事

トランプ政権内の抵抗勢力を暴露、高官がNYT紙への寄稿で


[ワシントン 5日 ロイター] - トランプ政権の高官は5日付の米ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙に匿名を条件に寄稿し、同政権の多数の高官がトランプ大統領の言動の危うさを認識し、同氏が掲げる一部の政策について実現を阻止しようと政権内で画策してきたと暴露した。

また、閣僚の間で当初、トランプ大統領の罷免につながる措置を取る可能性が「ささやかれた」が、憲法の危機につながる恐れがあるため思いとどまったとしている。

高官はコラムの中で、トランプ氏が善悪の区別ができず、意思決定の基本となる原則が欠如しているように見受けられることが問題の根底にあると指摘。「この大混乱の時代に慰めにはならないかもしれないが、米国民には(思慮分別のある)大人も存在していることを分かって欲しい」とした。

トランプ大統領はホワイトハウスで行われたイベントでこのコラムについて問われ、「臆病な論説記事」だと一蹴し、NYT紙は「堕落している」と批判した。その上で、政権のこれまでの経済面での功績を列挙し、自身のリーダーシップの証しだと強調した。

トランプ氏はその後、「反逆?」の一語をツイート。これとは別に「この臆病な匿名の人物が本当に存在するのなら、NYTは国家安全保障のために、すぐに政府にこの人物を引き渡すべきだ!」と投稿した。

ホワイトハウスのサンダース報道官は、コラムの著者は臆病者で、辞任するべきだとの声明を発表した。

NYT紙は、政府当局者が自らの意見を記したコラムを匿名を条件に掲載するのは異例だと説明。名前を公表すれば同高官が失職する可能性があるとしている。

同コラムの掲載に先立つ4日には、米紙ワシントン・ポストが著名ジャーナリストのボブ・ウッドワード氏が近く出版するトランプ米政権の内幕を描いた著書の抜粋を掲載しており、政権内の混乱状態が描かれている。

NYT紙のコラムは「多くの人が不安定な状況を目の当たりにしたため、閣僚の間では当初、(大統領が職務遂行不能に陥った場合に適用される)憲法修正第25条を発動させ、大統領の罷免に向けた複雑な手続きを始める可能性がささやかれた。ただ、憲法の危機を引き起こすことを望む者は1人としていなかった」と記してある。

「このため、いずれ何らかの形で政権が終わるまで、われわれは政権を正しい方向に導くためになし得る限りのことを行う」と続けた。

「われわれは政権が成功することを望んでいるし、政権の多くの政策が既に、米国により一層の安全と繁栄をもたらしたと考えている」とした上で、「ただ、われわれは何よりもまず、国に対して職務を果たす必要があると考える。大統領は国の健全性に有害な言動を続けている」と指摘した。

*内容を追加します。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    関口宏3選チクリ 自民議員が反論

    和田政宗

  2. 2

    日村の淫行疑惑に高まる擁護論

    女性自身

  3. 3

    キングオブコントV逸 痛恨のミス

    メディアゴン

  4. 4

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  5. 5

    中居正広がTVで語った本音に感銘

    文春オンライン

  6. 6

    沖縄で選挙応援する小池氏に苦言

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    人生後半を「福岡に住む」選択肢

    内藤忍

  8. 8

    安倍首相の続投で国民が払うツケ

    MONEY VOICE

  9. 9

    安倍カツカレーで思い出す陸山会

    八木啓代

  10. 10

    よしのり氏が原理主義者に苦言

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。