記事

ウェブマスターツールの+1 統計情報:Google+でCTR3%向上

1/2
Google+1ボタンが提供されてから、半年以上が経過しました。+1ボタンはGoogleの検索表示にポジティブな影響を与えるとされています。

具体的には、Google検索時の表示に+1の数や+1した関連のあるユーザーが表示されることによって、検索からのページ誘導に影響を与えるといわれています。



今回は、Googleのウェブマスターツールから、+1が検索結果のクリックに与える効果を見てみました。

ウェブマスターツールの設定をしたのが、1月中旬のためデータは1ヶ月ほどしかないのですが、+1の効果をみることができました。

ウェブマスターツールのサイト設定の方法や利用などについては、ウェブマスターツールのヘルプをご確認ください。

+1 統計情報


ウェブマスターツールに「+1 統計情報」というデータが表示されます。+1 統計情報には、以下の3種類が含まれています。

・検索の影響

・アクティビティ
・ユーザー
ウェブマスターツールにアクセスして、データを見るWebサイトを選択すると、左側のメニューに「+1 統計情報」が表示されるので、クリックして詳細を表示します。



検索の影響:+1付きの検索結果は平均3%CTR向上


「検索の影響」では、Googleの検索結果が表示されたときに、+1ボタンが表示やクリック率にどういう影響を与えたかを表示することができます。

1ヶ月間の間に、Googleの検索結果に、Social Media Experienceが+1付きで表示された回数、+1ページ付きのリンクがクリックされた回数などがグラフ表示されます。



グラフの下には統計データが表示されます。検索結果への表示回数やクリック回数によって、データを並べ替えて、+1がついて表示された検索結果と、ついていない場合の検索結果でのクリック率(CTR)を比較することができます。

以下は、総クリック数の多い順に並べて、+1のあるCTR、+1のないCTRを表示したところです(表示項目はインプレッション数やクリック数、+1付きのクリック数などで切り替え可能)。データを見るとやはり+1があったほうがCTRは向上し、サイト全体を平均すると3%ほど、CTRが向上することがわかります。



例えば、上の図で2番目に表示されている記事(http://socialmediaexperience.jp/4193)のデータを見てみると、1ヶ月間で以下の成果がでています。

検索結果表示回数:250,000回

総クリック数:15,000回
+1 のない CTR:6%
+1 での CTR:12%
+1 での CTR の変化:↑6
なお+1がついたときのCTR、ついていないときのCTRで十分な数がある場合は、「+1でのCTRの変化」の列に変化数が表示されます。

データが1ヶ月ほどしかないため、ここに表示された数値は一つしかなかったのですが、6%向上していることがわかります。
検索結果のCTRが6%向上するというのは、相当のSEO効果があると判断できます。

アクティビティ:サイトが+1された回数


「アクティビティ」では、Webサイトが+1された回数が表示されます。

自分のWebサイトから+1された回数、Webサイト外(検索結果や広告)などから+1された回数がグラフ表示されます。



その下にはURLごとの+1された回数が一覧表示されます。



ユーザー:+1したユーザーの統計情報


「ユーザー」では、+1したユニークユーザー数、さらに統計データとして、性別、年齢、所在地などを表示します。「+1したユーザー」=「記事をシェアしたユーザー」です。シェアするときの動機はいろいろではありますが、+1はFacebookの「いいね!」と同様ポジティブに評価した時にクリックされることが多いと想定すると、コンテンツをどういったユーザーに受け入れられているのかを分析するためのデータとして活用することができるでしょう。

情報は匿名データとなり、+1したユーザー数が一定数に達するまでは表示されません。



今回は855人ほど+1したユーザーがいたのですが、統計情報は表示されませんでした。ただ、なぜか直近が0と表示されるため、なにか不具合があって表示されないのかもしれません。

トピックス

ランキング

  1. 1

    内閣支持率 ネットでは依然51.7%

    キャリコネニュース

  2. 2

    任天堂Switchは品薄商法ではない

    赤木智弘

  3. 3

    世界で3番目に弱い北朝鮮の軍隊

    高英起

  4. 4

    政府不信の割に行動しない日本人

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  5. 5

    少子高齢化で進む中年ひきこもり

    田中俊英

  6. 6

    Amazonの安物ブランド販売に冷笑

    広瀬隆雄

  7. 7

    政権にダメージ与え続ける稲田氏

    文春オンライン

  8. 8

    貧困を生む扶養義務の強化に反対

    大西連

  9. 9

    社交界のプリンス 講演の実績も

    キャリコネニュース

  10. 10

    訪日客増加も旅行社が低調のワケ

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。