記事

著名米記者の「トランプ本」が暴露 「ノイローゼ状態」のホワイトハウス

1/2
AFP

米ウォーターゲート事件の調査報道で名声を得たボブ・ウッドワード記者による政権暴露本は、歴代の米政権にとって通過儀礼のようなものだ。今回はドナルド・トランプ大統領がその顕微鏡の下にさらされた。

ウッドワード氏は、現政権の「執行部がノイローゼ状態」に陥っている様子を描く。これ以上はないというほど、見苦しい姿だ。好意的とは程遠い描写だ。

トランプ大統領を支持する人たちは、トランプ氏はワシントン政界の主流と戦っているのだと言う。そしてトランプ支持者は、ウッドワード氏こそ、ワシントン主流派を象徴する存在だと言うだろう。それはあながち間違いではない。

しかし同時に、ウッドワード氏が政界の中枢にとことん食い込んでいるのも、また事実だ。そしてワシントンでは、ウッドワード氏には話さないよりは話した方がいいという意見が一般的だ。自分が話さないとしても、自分の同僚は(そして政敵も)ウッドワード氏に話をしているはずなので。

ウッドワード氏の新著「Fear: Trump in the White House(恐怖:ホワイトハウスのトランプ)」は、「ディープ・バックグラウンド」、つまり完全匿名を条件にした消息筋による話がもとになっている。しかし、ウッドワード氏が詳述する逸話や、引用する発言は、実際その場にいた人たちから聞いた内容だ。多くの場合は、その場で発言した本人が、自分が話した内容をそのままウッドワード氏に伝えたのだという。

すでにホワイトハウスやトランプ大統領自身がこの本に反応している。報道官は、「不満のある元職員」による「でっちあげ」だと批判した。

トランプ氏は米国の保守系ニュースサイト、デイリー・コーラーの取材に最中に、「駄目な本がまた出ただけだ」と述べ、ウッドワード氏の「信頼性には色々問題がある」と付け加えた。

9月11日の発売前に報道機関などに提供された抜粋から、すでに話題となっている「問題」の箇所をいくつか挙げてみる。

自分が阻止できる。あの人の机から書類を取ってくればいいだけだ」  ギャリー・コーン経済顧問

ギャリー・コーン前国家経済会議(NEC)議長やロブ・ポーター元秘書官が、大統領の机から書類を隠す場面を、ウッドワード氏はいくつか書いている。トランプ氏が署名してしまわないようにするためだ。

政権関係者は常日頃、トランプ氏の危険な衝動から政権や米国そのものを守ろうと、こうして努力を重ねていたのだという。北米自由貿易協定(NAFTA)や米韓貿易協定からの撤退を可能にする書類が、大統領の目に入らないように隠された。米国は現在、両協定について交渉再開を約束している。

ウッドワード氏は、政権幹部によるこうした行動を「政権内の行政的クーデターにほかならない」だと呼んでいる。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    関口宏3選チクリ 自民議員が反論

    和田政宗

  2. 2

    日村の淫行疑惑に高まる擁護論

    女性自身

  3. 3

    キングオブコントV逸 痛恨のミス

    メディアゴン

  4. 4

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  5. 5

    中居正広がTVで語った本音に感銘

    文春オンライン

  6. 6

    沖縄で選挙応援する小池氏に苦言

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    人生後半を「福岡に住む」選択肢

    内藤忍

  8. 8

    安倍首相の続投で国民が払うツケ

    MONEY VOICE

  9. 9

    安倍カツカレーで思い出す陸山会

    八木啓代

  10. 10

    よしのり氏が原理主義者に苦言

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。