記事

対北融和継続で米、韓国制裁も

1/2
南北首脳会談(2018年4月27日)
出典)韓国大統領府

久保田るり子(産経新聞編集局編集委員)

【まとめ】

・米韓同盟より民族重視の文政権。不信感で米韓の亀裂拡大へ。

・南北の共同事務所開設も鉄路連結修復工事も米は承認せず。

・対北制裁履行が米の立場。韓国企業が制裁リストに載る事態も。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合は、Japan In-depthのサイトでお読みください。】

 ポンペオ米国務長官の訪朝中止から急展開した米国の対北政策の転換に、9月に南北首脳会談を予定する韓国文在寅政権は戸惑いと強気の発言が交錯している。

写真)ポンペオ米国務長官(2018年8月17日撮影)
出典)米国務省flickr

 韓国大統領府報道官は8月30日、「非核化はポンペオ米国務長官が訪朝するかどうかにかかわらず、南北首脳会談の最も重要な問題であり、これを解決するために集中的に議論する」と述べた。一方で康京和(カン・ギョンファ)外相は、韓国国会で南北首脳会談について米国の同意の有無を問われ、「米国の同意事項というより板門店宣言の後続措置」と述べて、「米国も十分に理解していると思う」などと答弁、米韓が認識を共有しているかを明言できなかった。これまでのところ、米国から韓国に米韓合同軍事演習に関する協議の要請は来ていない。

写真)大韓民国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官による表敬を受ける安倍総理。平成29年12月19日
©首相官邸

 米朝関係はシンガポール会談以前に戻った可能性もある。だが、韓国政府の米国の変化に対する反応は鈍く、米韓の意思疎通はきわめて薄いようだ。米メディアは「米政府の韓国政府への不信感」をたびたび報じ、米韓の距離感は広がっている

写真)トランプ政権の韓国へ不信感は募るばかり。写真は米韓首脳会談(2017年11月7日 韓国・ソウル)
出典)ホワイトハウスFacebook

 文在寅大統領の対北傾斜は、8月15日の光復節(日本統治からの解放記念日)の祝辞からさらに強まった。演説で大統領は「南北関係は米朝関係の進展の副次的な産物ではない」と述べ、米韓同盟より民族重視の姿勢を明確にしたからだ。

 現在、文政権が「板門店宣言」を根拠に進めている政治色の濃い南北融和策はふたつある。

北朝鮮の開城(ケソン)工業団地内に準備してきた南北共同連絡 事務所の8月中の開所

南北鉄路である京義(キョンウィ)線年内連結工事開始の準備と して北側区間の南北共同点検

--である。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏「東大のコスパは世界一」

    MAG2 NEWS

  2. 2

    よしのり氏 左翼の人権論に苦言

    小林よしのり

  3. 3

    派遣切り再び 報道せぬTVに苦言

    水島宏明

  4. 4

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

  5. 5

    病院と癒着? FRIDAY記事に苦言

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    橋下氏「パチンコはギャンブル」

    AbemaTIMES

  7. 7

    靖国宮司が皇室批判で辞任の真相

    NEWSポストセブン

  8. 8

    めちゃイケがTVの青春終了を象徴

    PRESIDENT Online

  9. 9

    枝野代表「増税理解できない」

    立憲民主党

  10. 10

    ハズキルーペで観察したい美尻集

    グラドル自画撮り部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。