記事

シンポジウム「検察・世論・冤罪III」 爆弾証言:補助弁護士の深い闇

 間が空きましたが、山下幸夫弁護士の出番です。

 さて、このイベントの一週間前の小沢氏公判で12月15日に田代検事の虚偽報告書問題が明るみになり、16日に前田元検事の爆弾証言が出たために、検察審査会問題がふたたび台風の目となってきたとはいえ、むろん、これは結果論です。
 このシンポジウムを企画した段階で、これが予測されていたわけではありません。

 では、いったいなぜ、この12月22日という年末の時期に、シンポジウム第三弾を企画したのか。
 .....それは、まさに、この山下先生に「話していただく」ためでした。

 この日、岩上安身さんのIWJが中継録画してくださっていますので、山下氏の重要証言が、間違いなく記録に残っているのは喜ばしいことです。下のUstream動画の43分あたりから、この衝撃の証言がはじまります。

 そのあと、私が個人的な事情で時間を取られたのと、引き続き、年明けに皆様ご存じの田代検事と特捜に対する被疑者不詳の告発状を出すことになったので、それで忙殺され、この重要な証言をすみやかにブログに書くことができなかった点、本当に皆様にはお詫び申し上げます。

 で、その、山下弁護士の衝撃的なお話です。

「私は検察審査会法が改正される、その施行前から、日弁連(日本弁護士連合会)の中で、ワーキンググループを作り、その中心的なメンバーの一人として、法改正について色々検討したり、弁護士会としてどう対応していくのか、検討しておりました」

 なんと、山下さんは、最高検のアドバイザーでもあっただけではなく、そちらでも重要人物だったわけですね。この方、ゼネコン事件の時に特別公務員暴行陵虐罪で逮捕された金沢検事の弁護人だったりと、ほんとに、検察問題のヒッチコックみたいな方です。

「なぜ、この法律が改正されたか。それまでは、検察審査会が起訴相当と言ったところで、そこに強制力はなかった。金沢県警の盗聴事件などいくつか大きな事件はあったが、検察が不起訴と決めたら、どうしようもなかった。それが、今回の大きな司法改革の中で改正されたわけですが、それがなぜかというと、実はよくわからないのです」

 当時の資料を見ても、なぜ、この強制起訴制度が提案され、改正されたのかが、経緯がよくわからない。弁護士会が求めたわけではないのです。私も勉強して初めて知った。どうしてこんな改正ができたのか。

 表向きは公訴権の行使について、健全な市民の感覚を反映させるという理由があって、それは立派だが、なぜ、その改正が簡単にできたかがわからない。表に出ることはほとんどなく、裁判所でも国会でもほとんど議論されることなく、法務省の法制審議会も通さず、通ってしまった。

 この強制起訴制度と、補助弁護士、つまり、審査会が求めれば、審査補助員の弁護士を、弁護士会からとは書いていないんですが、一人選ぶということが、法律を施行する前の段階で、弁護士会と最高裁、法務省で議論をして、日弁連が各弁護士会(東京の場合は三つの弁護士会)にに推薦依頼をしたら、推薦依頼を受けた弁護士会が適任の人を推薦するという運用をすることに決めた。

 つまり、それまでは審査の申立人という形でかかわることはあっても、それ以上に検察審査会に関わることはなかった弁護士に、強制起訴と審査補助員、強制起訴と指定弁護士という、それまでまったくなかった役割ができたわけです。

 それ自体は良かったが、今回の小沢事件を通じて、初めて、いい意味で作ったのではなく、(制度を)「利用」しようとして作ったのではないかとしか思えない。

 小沢捜査の頃から言われていたことですが、取り調べを担当した検事が「たとえ不起訴になっても、検察審査会で必ず起訴してやる」と言っていたということが報道されていました。これは、本当にあり得ないことなんですが、取り調べをしていた人が言っていたわけですから、やはり当時、検察の内部でそういうことが考えられていたのは間違いないと思います。

 そういう意味で、小沢事件を通して、検察審査会法の改正は、けっして、検察を縛ったり、検察を厳しくチェックするためのものではなく、検察を補完するための制度(改正)だったのではないかということを改めて痛感したわけです。

 そして、審査補助員には大きな問題があります。

 実は、私は、日弁連の中で(検察審査会に関する)ワーキンググループをやっていますので、指定弁護士や審査補助員になる人を研修する立場にいました。実際に研修をしています。
 そして、東京弁護士会の中で、指定弁護士や審査補助員になる弁護士としての登録もしています。

 で、弁護士会の内部では、(制度改正後に)一番最初に(検察審査会に申し立てが)来た場合は、名簿の一番上に山下先生を置いています、と言ってたわけです。

  ところが、小沢事件で、まさに東京弁護士会にその順番が来たときに、私ではなく、米沢さんという別の弁護士が審査補助員になったわけです。

「一番最初は山下先生」と言われていたにもかかわらず、なぜか知らない間に、米沢さんという人が審査補助員になり、その人のもとで(一回目の)起訴相当議決が出たことを知って、非常にびっくりしたのです。

 私はおそらく、米沢さんが自分で手を挙げたんだろうと思っています。
 自分で手を挙げる人を弁護士会が認めてしまったんだろうと。
 いろいろ弁護士会の中で調べたり聞いたりしても、なぜ、この人が選ばれたのかということがわからない。(場内ざわめき)
 東京弁護士会の中で、何度も会長などに(回答を)求めても、なぜそうなったかわからない。
 日弁連もわからない。
 なぜ、米沢さんが、一回目の審査補助員になったかはわからないんです。
 おかしいでしょう。


 山下先生の声が震えます。

「私は東京弁護士会の会員で、日弁連のワーキンググループのメンバーでありながら、色々調べても解らないんです」

 山下弁護士の衝撃的な話に、場内はもう騒然です。

 ちょっと待ってください、誰が考えても、それ駄目でしょう!

 自分で手を挙げる人なんて、被疑者と利害関係があったり、事件に特別な意見を持っている人である可能性が極めて高いわけではありませんか。
 むしろ、そういう人を排除して、アトランダムな選択にしなくては、正しい推薦とはいえないのではないですか?

 この件について、東京弁護士会は調査をおこなうべきではないでしょうか。
 また、米沢弁護士は、説明をおこなうべきではないでしょうか。

 ざわめきの中、山下弁護士の爆弾証言は続きます。(続く)

トピックス

ランキング

  1. 1

    豊田議員擁護した松本人志の限界

    小林よしのり

  2. 2

    読売新聞 社説で政権擁護を反省?

    PRESIDENT Online

  3. 3

    勝谷氏 知事選でイメチェンは損

    大西宏

  4. 4

    日本品種のイチゴが韓国に流出

    中田宏

  5. 5

    裏に利権 東京五輪に不可解判断

    WEDGE Infinity

  6. 6

    獣医学部めぐり総理が自爆発言

    郷原信郎

  7. 7

    都内 昔ながらの固めプリン4選

    メシコレ

  8. 8

    つり目ポーズ 外国人に悪意ない?

    NewSphere

  9. 9

    特区"1校限り"に圧力団体の存在

    渡海紀三朗

  10. 10

    NHKクロ現 政治部VS社会部で火花

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。