記事

新型iPhone、かつてジョブズがディスった「スタイラス」対応か

Gordon Kelly ,CONTRIBUTOR

Denys Prykhodov / Shutterstock.com

確度の高いリーク情報で知られる中国の「Economic Daily News(EDN)」が、新型iPhoneに関する非常に気になるニュースを掲載した。EDNによると、アップルは新型iPhoneのプレミアムモデルを独自のスタイラス対応にすることを決定し、台湾のサプライヤー「Elan」と契約を結んだという。

アップルは2015年にiPad ProとiPadの入力デバイスとして、スタイラスペン「Apple Pencil」を発売していたが、今年の第2世代のiPhone Xと新モデルのPhone X Plusを、Apple Pencil対応にするという。液晶ディスプレイ搭載の安価な6.1インチ端末は、残念ながら対象外という。

スティーブ・ジョブズは今から11年前に、「スタイラスペンなんて誰が欲しがるんだ?」と発言していたが、スマホの画面の大型化が進むなかで、アップルはついに方向転換を果たすのかもしれない。

実際のところ、アートやデザイン分野でApple Pencilは便利なツールとして知られており、今回の決定は多くのユーザーに歓迎されるだろう。興味深いことに、EDNが今回のニュースを掲載した数日前に、台湾の調査会社「TrendForce」も同様の噂を報じていた。

ティム・クックも以前に、Apple Pencil対応を進めていると述べており、昨年は次のように発言していた。「Apple PencilをiPadで体験した人なら気づいたと思うが、これは本当に素晴らしいデバイスだ」

新型iPhoneがApple Pencil対応になるのはほぼ確定事項といえる。アップルは今年の新モデル3機種で、iPhoneに新たな活気をもたらそうとしている。Phone X PlusがデュアルSIM対応になる中国限定との説もある)との噂も、かなり気になるところだ。

アップルは今年の3機種を前年度よりも低い価格帯でリリースすると伝えられている。しかし、単に値下げを行なうだけではなく、長年登場が待ち望まれていた新機能の実装に踏み切るのだ。iPhone のApple Pencil対応には大いに期待したい。

あわせて読みたい

「iPhone」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    関口宏3選チクリ 自民議員が反論

    和田政宗

  2. 2

    日村の淫行疑惑に高まる擁護論

    女性自身

  3. 3

    キングオブコントV逸 痛恨のミス

    メディアゴン

  4. 4

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  5. 5

    中居正広がTVで語った本音に感銘

    文春オンライン

  6. 6

    沖縄で選挙応援する小池氏に苦言

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    人生後半を「福岡に住む」選択肢

    内藤忍

  8. 8

    安倍首相の続投で国民が払うツケ

    MONEY VOICE

  9. 9

    安倍カツカレーで思い出す陸山会

    八木啓代

  10. 10

    よしのり氏が原理主義者に苦言

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。