記事

AKBメンバーが韓国デビューに挑戦 PRODUCE48の魅力

 毎週金曜夜11時、K-POPのディープなウォッチャーであるライターのまつど☆たまき氏が、そわそわしながら待つ番組があります。“会いに行けるアイドル”AKB48グループと、国民(視聴者)がデビューメンバーを決定する韓国の人気オーディション番組PRODUCEシリーズとのコラボ番組『PRODUCE48』(BSスカパー・Mnet)です。実力も華もあるのに運がなかった韓国の練習生たちの活躍は見守りたい、忖度で上位という心ない声も飛ぶ宮脇咲良だけどカワイイのは認めざるを得ないよね、矢吹奈子は実力あるんだからもっと強気にガツガツいっていいのに! など参加者すべてにエールを送るまつど☆たまき氏が、夢のコラボ番組についてやさしく解説します。

 * * *

「あなたたちは今、日本で活動してますよね? 日本でもオーディションを受けたでしょ? 何で選ばれたんですか?」

 射るような視線をした韓国人審査員の情け容赦ない言葉が飛びます。凍りつき、目を伏せた少女たちは、日本から来た「AKBグループ」の現役アイドルたちです。ヒット曲を歌い、笑顔でダンスを披露した直後、氷のような批判を浴びせられ、蒼ざめて言葉を失う彼女たちを、カメラはジッと追い続けます──どこまでも冷静に。

 日韓同時放映の連続リアリティ番組『PRODUCE48』第一回は、斯くも恐ろしいシーンをイントロに開幕したのでした。

■サバイバル番組、PRODUCEシリーズ

 K-POPアイドルの場合、デビューしたばかりの新人が、いきなり完璧に近い歌やダンスを披露するレベルの高さを誇っています。一方、日本のアイドルは"原石"の段階でデビューさせ、プロ活動の中で徐々に実力を上げていくケースが多いように思います。ファンがその成長を見守り、自分たちのフォローが形となっていく、一種の「育成ゲーム」的な関与を求めることが多いからでしょうか。

 ただ、韓国にも「未完成なアイドルの成長」を見守りたいという日本型のニーズはあり、あえてデビュー前の練習生を主人公に据えたTV番組が多く作られてきました。俗に「サバイバル番組」と呼ばれる、デビュー直前のプロ候補生選抜を追うリアリティ番組です。

 今や世界的人気を誇るBIGBANや日本でもおなじみTWICE、次世代を担う男性グループWINNER、MONSTER Xなどが、こうしたサバイバル番組でデビューまでのプロセスを公開してきました。練習生の苦労や努力を刻んだ映像は、多くのファンの共感を生み、人気爆発の大きな起爆剤となります。デビューした段階でもう多くのファンが付いているわけですから、その効果は絶大。我も我もと各芸能事務所が揃ってこの手法に飛びついたため、一時期、同工異曲の番組があふれる結果となってしまいました。

 そこに新しい風を吹かせたのが、2016年、音楽専門ケーブル局Mnetで放映された『PRODUCE101』です。それまでは「一事務所の新人グループのデビュー」を描く番組ばかりでしたが、大小さまざまな芸能事務所から集めた練習生101人を選抜し、最終的に「究極のアイドルグループ」を結成するという大きな目標をゴールに据えたのです。第一シーズンからは女子グループ「I.O.I」が、そして第二シーズンは男子グループ「Wanna One」がそれぞれデビューし、ヒットチャートを大いに賑わせました。

 さて、そのPRODUCEシリーズ第三弾として登場したのが、今年6月から放送されている『PRODUCE48』です。

今回の新基軸は、日本のAKB48グループから約半数の候補者39名を受け入れるというもの。韓国側は従来どおり各事務所から選抜された練習生57名、総計96名がデビューメンバー12名を目指して「国際的アイドルグループ結成」を目的にバトルを繰り広げることになったのです。

■露呈する日韓アイドルの違い

元々、年一回の総選挙システムで「人気の可視化」が行われるAKB48グループは、こうしたサバイバルには一日の長があります。メンバーもその日常を晒すバラエティ番組を幾つも経験して、精神的にタフな状況を乗り越えてきた"猛者"です。しかし、アイドルに求められる要素が全く異なる韓国では、苦戦を強いられてしまいます。

 最初の試練は、参加者の基本的な実力を計測する「事務所別」のミッション。ここでの評価によって、A~Fまでのクラス分けが行われます。審査を行うのはコーチングも担当する、K-POPシーンのベテラン歌手とダンスコーチ陣です。

 この第一関門で高評価を得たのは、やはり練度の高い韓国側のメンバーでした。グループの活動停止などで居場所を失ったプロとして実績のあるメンバー、もしくはそれと同等の実力を備えた“スーパー練習生”たちのハイレベルなパフォーマンスを目の当たりにして、AKBグループメンバーに動揺が走ります。

「ヤバい、自分がF(クラス)に行く未来しか見えない」
「ボイストレーニングなんか一回もしたこと無いし。研究生は基礎トレーニングするわけないじゃん」
「先輩の(ダンス)を見よう見まねでやってた」

 番組では、AKBメンバーがうっかり漏らしてしまった小声の本音会話もしっかり放送されてしまいます。どんな小さなつぶやきも逃さず、出演者の心理を浮き彫りにしていくのが、このPRODECEシリーズの恐ろしいところでもあります。

 日本人チームの先頭を切って、永野芹佳と小田えりながアルバム収録曲の『Get you!』を披露します。永野はAKB加入前にテレビのダンスバトル番組で優勝、小田もAKB内の歌唱コンテスト企画で優勝の過去があり、それぞれに実力者であるとの評判が審査員にも伝わっていたようです。が、「ガッカリした」「歌うスタイルが古い」「ダンスバトル一位の実力だとは正直に思えない」と、さんざんな酷評で迎えられてしまいます。

 最終的に「このままではステージに上げられない」と一刀両断にしたのは、ダンスコーチ陣筆頭格ペ・ユンジョン女史。KARAの大ヒット曲『ミスター』ほかK-POP史上に残るレジェンド曲の振り付けをしてきた人だけに、言葉の重みが違います。このあとも日本人メンバーたちを次々D~Fグループに突き落とし、「日本の子たちはかなり泣きそう」と今後の展開に暗雲を漂わせる恐怖のキラーフレーズを吐きます。

 冒頭に引用した強烈なセリフも、この猛女ユンジョンさんのものです。強烈な詰問の炎を浴びたのは『止まらない観覧車』を披露したHKT48からの7名。長い沈黙の後ようやく「(日本での)審査は歌とダンスでした」と答えた松岡菜摘の声は震え、目も潤んでいます。しかしユンジョン女史の口撃は止みません。「練習はたくさんしますか? 全然息があっていない。何を練習したの?」

 確かにカメラはダンスのばらつきやキメポーズの不安定さをしっかりと捉えていました。ユンジョンさんのキツイ言葉は、単に踊りの巧拙のことを話しているのではありません。K-POPにとって非常に重要なポイントを踏まえた指摘をしようとしているのでした。

 K-POPグループのダンスは「カル群舞(刀群舞)」と呼ばれる、一糸乱れぬチームの同期ぶりに最大の特徴があります。複雑なフォーメーションを様々に絡めながら、タイム感ばっちりに揃えるダンスは他の追随を許しません。キツイ戒めの言葉は、韓国のステージに立つ以上どうしても踏まえなければならないキーポイントを伝授する、愛のムチだったのです。

 彼女が単に意地悪な憎まれ役でないことは、これまでのPRODUCEシリーズでも証明済みです。厳しい指摘を受けて、その欠点を克服してきた生徒には惜しみない賛辞を送り、大きな成長を見せた元劣等生を満面の笑みで包むシーンを何度もカメラは映し出しています。このギャップがなんとも魅力的で、思わず「ねえさん頼んだ!」と叫びたくなることも。

 一見残酷ショーのようにも見えるPRODUCEシリーズですが、鬼コーチの叱咤の裏にある強い愛はもちろん、切磋琢磨するライバル同士が友情を築いていく過程や、当初は目立たなかった才能が徐々に開花する姿など、隠れたエモーショナルなドラマが掘り出されます。ジェットコースターのような展開の魅力にとりつかれたら最後、次回放送を指折り数えて待つようになるのです。

 第一回では実力不足が目立ったAKBグループの中から、何人もの注目株も発掘されてきました。歌と編曲の実力を兼ね備えながら、2009年のAKB加入以来ずっと総選挙では圏外(101位以下)だった竹内美宥は、回が進むに従ってじわじわと評価を上げ、第一次順位発表式ではデビュー圏内の11位という高評価を得ました。

 また矢吹奈子はどん底のF組からのスタートでありながら、ポジションバトルで超難関曲GFRIEND「LOVE WHISPER」の高音パートを完璧にクリア、個人得票1位に躍進。第一次順位発表式では7位、第二次では2位に躍進しています。

 他にもポジションバトルのダンス部門で突如1位に浮上。10万点を奪取してそれまでの低迷を払拭した村瀬紗英や、チーム内1位を獲得して村瀬に続いた白間美瑠など、日替わりでシンデレラガールが次々登場しています。

 様々なドラマを生んだPRODUCE第三シーズンも、いよいよあと三回を残すのみ。8月31日の放送が最終回となります。30人までに絞り込まれた候補たちは、番組オリジナル課題曲での「コンセプトバトル」に挑戦。この最終ミッションを経て、最終12名のデビューメンバーが決します。

 はたして日韓のアイドル文化の壁を破って、どんなグループが誕生するのか。もうワクワクジェットコースターが止まりません。まさしくPRODUCEの敏腕Pさんの思う壺。発着所まで無事に戻って来られるのか。猛暑に負けない体力をつけながら最終回を待ちたいと思います。

あわせて読みたい

「AKB48」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏「東大のコスパは世界一」

    MAG2 NEWS

  2. 2

    よしのり氏 左翼の人権論に苦言

    小林よしのり

  3. 3

    派遣切り再び 報道せぬTVに苦言

    水島宏明

  4. 4

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

  5. 5

    病院と癒着? FRIDAY記事に苦言

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    橋下氏「パチンコはギャンブル」

    AbemaTIMES

  7. 7

    靖国宮司が皇室批判で辞任の真相

    NEWSポストセブン

  8. 8

    めちゃイケがTVの青春終了を象徴

    PRESIDENT Online

  9. 9

    枝野代表「増税理解できない」

    立憲民主党

  10. 10

    ハズキルーペで観察したい美尻集

    グラドル自画撮り部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。