記事

外国人ゲスト増で絶好調 いま大阪のホテルがおもしろい理由 - 瀧澤 信秋

 いま日本のホテル業界は、訪日外国人旅行者増=ホテル活況という構図が続いている。では、全国各地のホテルを取材する中で、特に「インバウンド活況」を実感するエリアとはどこだろうか? 答えは、大阪の「難波・心斎橋」だ。

 道頓堀橋の周辺を歩くと、「日本人は自分だけ!?」と錯覚してしまうほど街は多くの外国人観光客にあふれ、異国の言葉が飛び交う。ホテルで外国人ばかりにすれ違う。今回は何かと話題が多い「大阪ホテルシーン」の具体例をご紹介しよう。

東京にしかないホテル、大阪にしかないホテル

 富裕層のインバウンドに人気なのが外資系ブランドだ。東京のホテルシーンでは、すでに各ブランド出揃った感がある。たとえばハイアット。東京にあって大阪にはない「パークハイアット」や「グランドハイアット」といった人気定番ブランドは、もはや高級ホテルの代名詞的存在となっている。さらに東京では「ハイアットセントリック」といった新興ブランドの進出も話題に。2013年、満を持しての大阪開業で話題を集めた「インターコンチネンタル」も、東京や横浜ではいち早く90年代には誕生していた。

 一方、大阪で特徴的なのは「ザ・リッツカールトン」で、1997年開業と東京よりもかなり先んじていたし、2010年10月開業の「セントレジス」はいまだ大阪のみ。また、マリオットブランドは両都市にあるものの、最近の動きでは大阪のほうが目立っている感がある。たとえば2014年にあべのハルカスに誕生した「大阪マリオット都ホテル」はかなりの話題を呼び、2015年の「コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション」のリブランドオープンも、新大阪駅近接の外資系誕生で話題に。こちらはヒルトン系列であるが、2017年6月の「コンラッド大阪」開業は、大阪のデラックスホテルシーンにとって大きなニュースとなった。また、2017年11月にはマリオットブランドの廉価版ともいえる「モクシーホテル」も進出(東京・大阪同時開業)と、何かと賑やかなニュースが多い。

 高級ホテルのようなサービスが受けられるとして人気のサービスアパートメントも、大阪で動きが出てきた。ワールドワイドな高級ブランドとして知られる「オークウッド」は、すでに東京で多店舗展開し人気を博してきたが、2018年8月1日には初の大阪進出となる「オークウッドホテル&アパートメンツ新大阪」を開業。サービスアパートメントとホテルのハイブリッド施設として、高級ホテルに匹敵するサービスはもちろん、豊富なオプションも提供していくという。 

外国人ゲストを意識したサービスとは?

 大阪のホテルを見ていると、他都市と比べてもインバウンドの取り込みを強く意識している感じがある。例えば、大阪駅前の好立地で知られる「ヒルトン大阪」では、この春、「モダンリビング」をコンセプトにエグゼクティブラウンジが新たにオープンした。自宅のリビングでくつろいでいるような居心地の良さが特徴。以前から外国人ゲストの利用が目立ったというが、少し手狭感もあったという。改装後は2倍の広さに増床したことで、ゆったり過ごせると各国のゲストからも好評だ。

 ラウンジの利用は、エグゼクティブフロアおよびスイートルームに滞在中のゲスト、ヒルトン・オーナーズの上級会員が対象となり、朝食・軽食・夜のオードブルや飲み物が無料提供される。実際に出向いてみると常駐のゲスト・リレーションズ・オフィサーがきめ細やかなサービスでサポート、外国人ゲストの満足度も高いだろう。

「コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション」も、エグゼクティブラウンジが魅力的。エグゼクティブフロアのゲストとマリオットリワードゴールド会員以上のゲストが利用対象だが、こちらも外国人ゲストが多くを占める。19時30分~21時30分のカクテルタイムでは、アルコールにアペリティフ・スナックなどが提供される。また17時30分から19時30分のカクテルタイムには、なんとたこ焼きや串カツまで並び、興味津々でピックアップする外国人ゲストが印象的だった。

大阪で一番夜景がきれいなホテルとは?

 一方、国内ブランドも元気なのが大阪。ホテル大阪ベイタワーから3月末にリブランドされた「アートホテル大阪ベイタワー」は、大阪で一番夜景がきれいと評される弁天町の高層ホテルだ。ロビーから客室までスタイリッシュな空間に生まれ変わり、インバウンドのゲストにも好評だという。他のアートホテルブランドの中でも特に注目のホテルといえる。

 新興ブランドとして注目されている「クインテッサ」も大阪での展開に力を入れる。昨年9月に新規開業した「クインテッサホテル大阪心斎橋」に加え、2018年3月1日にはハイアットリージェンシー大阪に隣接するデラックスホテルを「クインテッサホテル大阪ベイ」としてリブランド。ベイエリアは中心部から離れているが、意外な注目エリアとして訪日外国人旅行者にも人気だ。

ビジネスホテルの「アッパーブランド」にも注目

 ビジネスホテルのカテゴリーでも大阪は熱い。低廉型のビジネスホテル全国チェーンとして知られる「スマイルホテル」は、アッパーブランドとして昨年12月の「スマイルホテルプレミアム大阪本町」の開業に続き、今年7月14日に「スマイルホテルプレミアム大阪東心斎橋」を開業。国内のビジネス客、観光客はもちろん、インバウンドへもプレミアム感をアピールしている。

 一方、東京にあって大阪にない内資系ブランドとして思い浮かぶのが「プリンスホテル」と「ロイヤルパークホテル」だ。プリンスホテルはリニューアルで好評を博する「グランドプリンスホテル京都」が注目されており、ロイヤルパークホテルは4月13日に「ザ ロイヤルパークホテル 京都四条」と京都での開業がニュースになったが、いずれのブランドも大阪への進出は果たしていない。

 大阪のご当地ブランドといえば「リーガロイヤルホテル」「阪急阪神第一ホテルグループ」が席巻、大阪の人々に圧倒的な人気を誇るだけに、進出のハードルは高いのだろうか。

穴場は東京から進出したカップルズホテル

 カップルズホテルも、東京の人気ブランドが大阪で積極的に展開している。東京を中心に人気の「ホテルバリアンリゾート」。女子会利用でも圧倒的な人気を誇るホテルだ。リゾート・シティー・ビジネス・カップルズ等の“いいとこ取り複合型進化ホテル”を標榜する。

 確かにラブホテルの特徴である客室を選ぶタッチパネルはなく、一般のホテルと同じくフロントが設置されている。ロビーにはドリンクバーやアメニティバイキング、マッサージチェアなどもありゲストが行き交う。

 大阪ではすでにバリアン1号店として「ホテルバリアンリゾート なんば心斎橋店」が進出していたが、2017年5月には「ホテルバリアンリゾート なんば道頓堀店」を開業。カップルズホテルの要素はあるものの、道頓堀橋から至近という立地でインバウンドを含めた一般ユースの需要も高いという。実は一般のホテルのような過度な料金変動はなく、ホテル不足の際にも穴場的セレクトになるかもしれない。

 訪日外国人旅行者に人気の大阪であるが、国内旅行者も多く大阪を訪れることだろう。それに応じて、新築、リブランド等、新たなホテルが続々と開業し、利用者のニーズに応えてますます多様化する大阪のホテル。これからも目が離せない。

あわせて読みたい

「ホテル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  2. 2

    関口宏3選チクリ 自民議員が反論

    和田政宗

  3. 3

    日村の淫行疑惑に高まる擁護論

    女性自身

  4. 4

    キングオブコントV逸 痛恨のミス

    メディアゴン

  5. 5

    中居正広がTVで語った本音に感銘

    文春オンライン

  6. 6

    沖縄で選挙応援する小池氏に苦言

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    安倍首相の続投で国民が払うツケ

    MONEY VOICE

  8. 8

    人生後半を「福岡に住む」選択肢

    内藤忍

  9. 9

    よしのり氏が原理主義者に苦言

    小林よしのり

  10. 10

    大正製薬 特許切れで人員大削減

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。