記事

「もう彼氏は作らない」過激サービスに月数十万円、パパ活する女性も…男性地下アイドルファン「リアコ」たちの思い

1/2

 先日、渋谷のライブハウスで開かれていた"メンズ地下アイドル"のライブ。終演後、ファンの女の子たちが続々と購入していくのが、メンバーとの2ショット写真が撮れる「チェキ券」だ。


 その魅力は、なんといっても距離が近いこと。"粘膜の接触"はNGだが、1分間のトークだけでなく、ハグしてもらったり、胸に顔をうずめたり、超近距離壁ドンに、お姫様抱っこなど、まるでお姫様抱っこをしてもらったりと、まるで恋人同士のようなイチャつきを自由に満喫することができるのだ。男性アイドルも「楽しい。一人ひとりとしっかり話せるので」と話し、参加していたファンの一人は「今はジャニーズとかじゃない。こっち」と語り、推しメンをバックハグするなど、親密な時間を過ごしていた。


 そんな彼女は、絶対に手が届かないアイドルや俳優に「リアルに恋をする」"リアコ"と呼ばれている。

 「毎回15枚撮る。1万5千円かける価値はある」と話す会社員の女性は、「月にいくら使っているか分からない。多分2、30万は超えていると思う」。活動資金を得るため、夜は居酒屋でアルバイトをしているという。また、推しメンのハグに「死ぬ、本当に好き!」と陶酔していた別の女性は「お金も飛ぶけど、嫌なことがあってもこれがあればパー」と笑顔を見せた。


 チェキ券の金額や内容はグループによって様々で、握手の権利だけで5000円というケースもあるというが、基本的には1人のメンバーと2ショットで1枚1000円が相場だという。一方、メンズ地下アイドルの収入は98%が物販の売り上げからで、残り2%がライブの売上。チェキ券のアイドルへのバックは約30%だという。


 中には活動資金をパパ活で調達しているリアコもおり、月に60〜70万円ほど使い、推しメンに98万円のクロムハーツをプレゼントしたこともあるという無職の女性(21)は「キャバクラで働いていたときのお客さんから月150万円くらいもらっている」と明かす。「推しメンと結婚したいから。推しメンに『結婚資金』を貯めておいてほしいから、私がいっぱいチェキ撮って貯金残高を増やしている。地下アイドルの方がすぐ親密な関係になれるから好き。アイドルを辞めた後に連絡先を交換してご飯に行ったりとか。その先もある。(地下アイドルは)今やれるアイドル(笑)」。


 10日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、3人組のメンズ地下アイドルグループ「笑顔ぱんち(スマイルパンチ)」メンバー、そしてその"リアコ"の3人に話を聞いた。

あわせて読みたい

「アイドル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バス旅番組巡る田舎叩きは的外れ

    川北英隆

  2. 2

    米政権 日本に中国排除を要求か

    文春オンライン

  3. 3

    武蔵小杉にみるタワマンの問題点

    ヒロ

  4. 4

    韓国の若者「日本の給料は安い」

    WEDGE Infinity

  5. 5

    おじさんが若者と会う時のルール

    内藤忍

  6. 6

    眞子さま 小室さんと出会い変化

    文春オンライン

  7. 7

    暴行慶應生 親族企業で役員の顔

    SmartFLASH

  8. 8

    武井壮が駅伝騒動への称賛に疑問

    キャリコネニュース

  9. 9

    橋下氏 原発めぐるバトルの裏側

    AbemaTIMES

  10. 10

    松本人志&さんま 発言の差が話題

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。