記事

カバにかまれ中国人観光客が死亡 ケニア

ケニアを訪れていた中国人観光客が11日、写真を撮ろうとカバに近づいたところ、胸部をかまれて死亡した。

チャン・ミン・チュンさん(66)は、ケニアの首都ナイロビから北西90キロのナイバシャ湖にある野生動物で有名な観光地でカバを追っていた。

別の中国人観光客も攻撃を受けてけがをした。この地域では今年、6人がカバにより死亡している。

周辺地域の水位が上がっていることで、絶滅危惧種の地上生物で最も大きい哺乳類であるカバは、牧草を求めて陸に上がっている。

目撃者によると観光客2人は、ソパ・ホテルの近くにいたカバに近づきすぎたという。かまれた男は大量に出血し、急いで病院に運ばれたが、後に死亡した。

ウー・ペン・テさんとされるもう1人の観光客は軽傷で、ナイバシャ地域病院で治療を受けた。

ケニア野生動物公社(KWS)は12日、「KWSは、中国人観光客1人が昨晩、ナイバシャ湖の岸辺で写真を撮っていたところ、カバに攻撃され死亡したことを悲しみと共にお伝えする。この中国人観光客の同伴者は軽傷を受けたが無事で、ナイバシャ地域病院で治療を受けた。我々はカバを追跡している」とツイートした。

ナイバシャ湖ボート所有者協会のデイビッド・キロ会長はケニア紙スターに対し、水位が上がっていることで牧草地が減り、カバが牧場やホテル周辺に来ざるを得ず、人間との接触が増えていると語った。

KWSは懸念のあるカバを追跡していると述べた。

ナイバシャ湖の位置

カバは攻撃的な習性を持ち、歯は鋭く体重は最大2760キロにも達する。アフリカでは毎年、約500人がカバに殺されていると推計されている。

ケニアには昨年、世界から140万人の観光客が訪れ、観光業収益は約12億ドル(約1323億円)だった。

(英語記事 Hippo bite kills Chinese tourist in Kenya

あわせて読みたい

「ケニア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    迷走続ける立民 最低の支持率に

    WEB第三文明

  2. 2

    安倍首相 皇太子さまの人脈懸念?

    NEWSポストセブン

  3. 3

    左翼に理解も 若き愛国者の訴え

    AbemaTIMES

  4. 4

    大塚家具 マック再建と社長に差

    大西宏

  5. 5

    なぜ海外は1ヶ月近く休暇とるか

    MAG2 NEWS

  6. 6

    永遠に終わらぬ韓国の慰安婦主張

    tenten99

  7. 7

    サマータイムは試算出したら終了

    永江一石

  8. 8

    夏時間の推進派を沈黙させる一文

    早川忠孝

  9. 9

    石破氏との討論拒否する安倍首相

    猪野 亨

  10. 10

    よしのり氏 2歳児発見の男性凄い

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。