記事

アップルが時価総額1兆ドル超え、最大の強み「iPhone」が今後は最大のリスクに=東条雅彦

1/2

時価総額1兆円を越えたアップルには、バフェットもハーバード大学も投資しています。売上はほぼiPhoneに依存していますが、これを脅かす製品は出るでしょうか?(『ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~』東条雅彦)

アップルのビジネスはほぼiPhoneに依存。もしそれが崩れたら?

売上の62%がiPhone

現在、ウォーレン・バフェットハーバード大学も、アップルに最も資金を割り当てています。アップルはとても強いワイドモートを持っています。そして、そのワイドモートはスティーブ・ジョブズ氏が作ったiPhoneによって支えられていると言っても過言でありません。

2017年度のアニュアルレポートを確認すると、全体の年間売上高(2017年度)は2,293億3400万ドルでした。iPhoneのみの売上高に限定すると、1,413億1,900万ドルです。iPhoneが売上高全体を占める割合は62%に達しています。

<アップルの地域別、製品別売上高及び製品別販売台数>

(単位)
・地域別売上高、製品別売上高=100万ドル
・製品別販売台数=1,000台

<iPhoneの売上高全体を占める割合>

iPhoneは1年で2億1,675万台も売れています。iPadの4,375万台、Macの1,925万台がとても小さく見える程、iPhoneの販売台数は他の製品を圧倒しています。アップルのビジネスはほぼiPhoneに依存しているのです。

ちなみに、Apple Watchの販売台数についてはアニュアルレポートには記載がありませんでした(Apple Watchはまだ育成中であり、これからの製品です)。

iPhoneに代わる製品はどんなものになるのか?

アップルへの投資にもしリスクがあるとすれば、iPhoneに代わる製品が出現した時です。それでは、一体、iPhoneに代わる製品とはどんな製品になるのでしょうか?

おそらく「汎用ハードウェア」になることは間違いないでしょう。元々、iPhoneが支持を得ているのは、iPhone1つで様々な製品に化けることができる点です。

iPhoneはある時には携帯電話になり、ある時はビデオカメラになり、ある時は携帯ゲーム機になる。他にもカーナビ、目覚まし時計、キッチンタイマー等など挙げていくとキリがない程、様々な製品に変化するものです。その仕組みを可能にしたのが「汎用ハードウェア」という発想でした。

当メルマガの前号では電卓を例えにして、下記のような図でそのイメージを表現しました。この発想は重要なので、再掲します。

<電卓「専用機」>

<スマートフォン上の電卓>

ハードウェアを汎用的に使えるようにしたことで、iPhoneは「ドラえもんの四次元ポケット」のような存在になったのです。iPhoneの代わりになる製品もこのドラえもんの四次元ポケットを超えるものにならなければ、ユーザーからの支持は得られないと思われます。

スマートウォッチのメリットとデメリット

現在、アップルが力を入れているApple Watchですが、この製品は今のところ、iPhoneを補佐する役目しか担っていません。GoogleもAndroid Wearというスマートウォッチ向けのOSを出していますが、これも位置づけ的にはほぼ同じです。

スマートウォッチはスマートフォンの機能の一部を実現した製品に過ぎません。個人的にはスマートウォッチに関しては、まだ実験段階ではないかと思っています。

具体的には以下の用途で使われています。

<スマートウォッチの主な機能>

・メールや電話の確認
・交通ナビ機能
・ニュース等の確認
・天気の確認
・おサイフケータイ
・心拍数の計測
・音楽の再生

私も一応、Android Wearを搭載したスマートウォッチを身に着けていますが、正直、スマートウォッチがなければ絶対に困るという状態ではありません。日常的に感じているメリットとデメリット(個人的な感想)は以下の通りです。

<スマートウォッチのメリット>

・電話がかかってきた時にバイブレーションで腕が震えるので、すぐに気がつく(電話の取りミスが少なくなった)
・メールやLINEなどのメッセージをスマートウォッチで確認できるので、スマートフォンを見る回数が減った

<スマートウォッチのデメリット>

・多くの機能を使おうとしたり、頻繁にスマートフォンを操作したりすると、すぐにバッテリーがなくなる
・画面が小さいので、できることが限られる

スマートウォッチはスマホの代わりにはならない!

現時点ではスマートウォッチはスマートフォンの機能を削って時計サイズにした製品です。このままスマートウォッチがスマートフォンの代替製品になるとは思いません。

もちろん、人間はより便利な方を好むので、今後、スマートウォッチが普及してくる可能性は大いにあるでしょう。しかし、スマートウォッチを持ったからといって、スマートフォンを捨てられるわけではありません

スマートウォッチの最も致命的なのは画面が小さすぎる点です。コンピューターと人間が相互に意思疎通を図るユーザーインターフェースが小さいので、どうしても機能が限定されてしまいます

スマートフォンの次に来る製品は?

それでは、スマートフォンの次に来る製品は何なのか? 最も有力な候補は、仮想現実(VR)拡張現実(AR)です。

VR(仮想現実:Virtual Reality:バーチャルリアリティ)
AR(拡張現実:Augmented Reality:オーグメンテッドリアリティ)

両者は一見、似ているようでまったく別物なので、混同しないようにご注意願います。

VRは、仮想世界に現実を反映させる技術です。メインは「仮想」にあります。最近、VRゴーグルの方は比較的よく売れてきています。安いものだと3000円前後で手に入ります。スマートフォンをVRゴーグルに装着すると、すぐに使えます。

私も先日、試しに購入してみました。絶叫マシンが好きなので、VRに対応したジェットコースター系の無料アプリを何本かダウンロードして、体感してみました。もちろん、リアルなジェットコースターの迫力には負けますが、体がふわっと浮いたりする感覚は味わえます。YouTubeなどでもこの手の動画は大量にアップロードされています(検索ワード例「VR Coaster」)。

<VRコースター>

欠点はリアルなジェットコースターよりも酔いやすい点です。興味のある人はVRゴーグルを購入して体感してみましょう。

そして、もう1つはARです。ARは現実に仮想世界を反映させる技術です。メインは「現実」にあります。

ARの代表的な例は「ポケモンGO」というゲームです。ポケモンGOはスマホを片手に近所の公園などに行ってカメラを回すと、現実の世界に溶け込むようにモンターが出現します。

<ポケモンGO プレイ中のスマホ画面>

ポケモンGOというゲームは現実世界を舞台にしています。この発想が世界中の人々に受け入れられて、累計ダウンロード数が8億を突破しました(2018年5月)。

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バス旅番組巡る田舎叩きは的外れ

    川北英隆

  2. 2

    武蔵小杉にみるタワマンの問題点

    ヒロ

  3. 3

    韓国の若者「日本の給料は安い」

    WEDGE Infinity

  4. 4

    眞子さま 小室さんと出会い変化

    文春オンライン

  5. 5

    おじさんが若者と会う時のルール

    内藤忍

  6. 6

    暴行慶應生 親族企業で役員の顔

    SmartFLASH

  7. 7

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  8. 8

    橋下氏 原発めぐるバトルの裏側

    AbemaTIMES

  9. 9

    世界大学ランク 数では日本が2位

    ベネッセ 教育情報サイト

  10. 10

    下ネタOK ガッキー30歳の新境地

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。