記事

ユーロ約1年ぶり安値、リラ急落で欧州銀のエクスポージャー懸念


[ニューヨーク 10日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ユーロが対ドルで約1年ぶりの安値を付けた。トルコリラの急落を受けリスク回避の動きが広がるなか、欧州の銀行のトルコへのエクスポージャーを巡る懸念が意識されたことが背景。

リラ<TRYTOM=D3>は米国との関係悪化やトルコのエルドアン大統領の金融政策への影響力などが懸念材料となり急落。英フィナンシャルタイムズ(FT)紙が、リラ急落を受け欧州中央銀行(ECB)がスペイン、イタリア、フランスの銀行のトルコに対するエクスポージャーに懸念を示していると報じたことを受け、売りはユーロにも波及した。

こうしたなか米政府は朝方、トランプ大統領が通商拡大法232条に基づき、トルコから輸入するアルミニウムと鉄鋼に掛ける関税率をそれぞれ20%と50%に引き上げることを承認したと表明。これを受けリラとユーロはともに下げ足を速めた。

ブルティックのマクロ経済ストラテジスト、グレガン・アンダーソン氏は、欧州の銀行の収益はトルコへのエクスポージャーで影響を受ける可能性があると指摘。「欧州の銀行から資金を引き揚げ米国に移す動きが出る可能性があるため、ドルが上昇している」と述べた。

ユーロ/ドル<EUR=EBS>は1.1393ドルと、1.15%下落。下値支持線だった1.15ドルを下回り、2017年7月以来の安値を更新した。ユーロは対円<EURJPY=EBS>では1.56%安の126.03円となり、約2カ月ぶり安値を付けた。

ウエストパック・バンキング(ニューヨーク)の外為戦略部門責任者、リチャード・フラヌロビッチ氏は「ユーロはかなり大きく下落し、主要なテクニカル水準を下回った」としている。

リスク資産から資金が流出するなか資源国通貨が圧迫され、豪ドルは対米ドル<AUD=D3>で約1%安の0.7278米ドルと、2017年1月以来の安値を付けた。

朝方発表された7月の米消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は総合指数が前月比0.2%上昇し、市場予想と一致した。これを受け主要6通貨に対するドル指数<.DXY>はわずかに上昇した。

英ポンド<GBP=D3>は約1年ぶりの安値を更新。英国が条件で合意できないまま欧州連合(EU)から離脱する可能性があるとの懸念が引き続き重しとなっている。

ドル/円 NY終値 110.92/110.96

始値 110.93

高値 111.11

安値 110.52

ユーロ/ドル NY終値 1.1410/1.1412

始値 1.1462

高値 1.1472

安値 1.1388

(表はロイターデータに基づいています)

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬へ?

    田中龍作

  3. 3

    容疑者脱走 取材班に住民が迷惑

    NEWSポストセブン

  4. 4

    石破氏に軽減税率の阻止を期待

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    客離れに苦しむ鳥貴族の戦略ミス

    MONEY VOICE

  6. 6

    金足農 甲子園躍進で予算ピンチ

    キャリコネニュース

  7. 7

    すぐそこに迫る脱・現金化の大波

    MONEY VOICE

  8. 8

    翁長氏の治療批判する記事に苦言

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    愛子さまにボーイフレンドのお噂

    SmartFLASH

  10. 10

    いつまでPCを持ち歩く必要あるか

    楠 正憲

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。