記事

「スマートディスプレイ」こそ日本で流行る!? 「スマートスピーカー」よりもイケてる“3つの理由” - 山口 真弘

「スマートディスプレイ」という名前を聞いたことはあるでしょうか。去年ごろから関連製品が多数登場している、ユーザの問いかけに音声で答えるAI搭載のスピーカー「スマートスピーカー」に、液晶ディスプレイを合体させたもの、と考えるとわかりやすいかもしれません。

【写真】家のセキュリティ管理もこれ一台でOK?

とうとう日本に上陸した「Echo Spot」

 この「スマートディスプレイ」、海外ではすでにいくつかの製品が登場し、既存のスマートスピーカーの役割を置き換えようとしつつあります。日本でも、7月下旬にAmazonから発売された、円形ディスプレイ搭載のスマートスピーカー「Echo Spot」(エコースポット)は、実質的にスマートディスプレイに相当するモデルです。

 スマートディスプレイがいま海外でウケている理由、そして今後日本国内でも期待できる理由を、3つのポイントに絞って紹介しましょう。

Amazonのディスプレイ搭載スマートスピーカー「Echo Spot」。音声による操作が行えるほか、画面の切り替えなどはタッチ操作でも行えます

利点1:“耳だけ”でなく、“目で”情報を確認できる

 当たり前と言ってしまえばそれまでですが、情報が音声だけでなく画面上で、目で見られることは、スマートディスプレイの最大の特徴です。

 スマートスピーカーは、回答内容がシンプルなもの、具体的には日時や気温の確認、また外国の首都を尋ねるといった簡単な質問をするには便利ですが、多くの結果を一括で返すもの、例えばニュースの読み上げやグルメ情報の検索結果などは、読み上げ完了までじっと耳を傾けなくてはならず、音声だけではやや無理があると感じることもしばしばです。

 また私達の身の回りの情報の中には、声に出して読んだことがなく、読み方を把握していない漢字や英単語も少なくありません。列車の運行情報を調べていると出てくる駅名や地名がその典型例で、これらが当たり前のように音声で読み上げられても、ちんぷんかんぷんというわけです。

目で見ると「なるほど、コレか」と分かる

 その点、画面があれば、文字情報をざっと目で追って概要を把握するという、スマホやPCと同じ使い方ができます。読み方を把握していない漢字や英単語でも、目で見れば「なるほど、コレのことか」と理解できることもよくあります。

「Echo Spot」の液晶画面(2.5インチ)は、スマートフォンに比べるとずっと小型ですが、画面がなく音声だけで情報を伝えるスマートスピーカーに比べ、わかりやすさは段違いです。海外ではタブレットと同等の、7インチ以上の画面を搭載したモデルも続々と登場しつつあり、これらが日本を席巻する日も近そうです。

利点2:“レシピも歌詞もニュースも”動画で再生できちゃう

 スマートディスプレイのもうひとつの特徴として、動画などさまざまなメディアを再生できることが挙げられます。

 例えば、料理のレシピを検索した際に、音声で読み上げられるだけでは手順の把握は困難ですが、スマートディスプレイなら写真はもちろん、動画による調理手順も参照できます。このほか今回のEcho Spotでは、音楽の再生箇所に合わせて、画面上に歌詞を表示するといった芸当もできてしまいます。

 またニュースであれば、音声だけだとすべての内容を耳で聞いて理解しなくてはならず、本文まで読み上げるタイプのニュースだと、1分以上も釘付けになることもしばしばですが、動画であればテレビをチラ見する感覚で視聴できます。すでにEcho Spotでは、ニュースを読み上げると、NHKニュースの動画が再生されるようになっています。

離れた部屋の様子もチェック!

 このほか、本体内蔵のカメラを使って利用者間でビデオチャットを行ったり、ネットワークカメラと連携して離れた部屋の様子を見るなどの使い方も可能になります。将来的には玄関のインターホンもこれらとつながるなど、部屋間をつなぐインフラとなってくる可能性があります。

 こうしたことから、将来的には、ベッドサイドに置いて情報表示をメインに使うのがスマートディスプレイ、リビングなどに設置して音楽再生を中心に使うのがスマートスピーカーといった具合に、役割分担が進む可能性は高そうです。

ただし「YouTube」には対応していません

 なお、シンプルにネット上の動画を視聴するのが目的なら、製品の購入は少し待ったほうがよいかもしれません。というのも、今回のEcho SpotをはじめとするAmazon製品は、ライバルであるGoogleが運営する動画配信サイト「YouTube」の再生に対応せず、検索結果に表示されるのは、日本ではあまり知名度の高くない動画サイトばかりだからです。

 これについては、海外で7月から販売が始まった「Lenovo Smart Display」など、Google版のスマートディスプレイのほうが、有利という声もあります。これらが日本に上陸してからが、ほんとうの勝負と言えそうです。

利点3:機械が苦手な人でも使いやすい

 スマートスピーカー自体まだそれほど広まっていない日本で、スマートディスプレイが期待されるもうひとつの理由として、あまり機械に詳しくない人でも、使い方を把握しやすいことが挙げられます。

 スマートスピーカーはリビングなど家族が集まる場所で使うことも多く、最初は自分ひとりが使っていても、そのうち家族全員で使うことになりがちです。ふだんの会話と変わらないやりとりで操作している様子を目の前で見せられると、自分も使ってみたいと思うのは自然なことでしょう。

画面を見ながらだからハードルが低い

 しかし実際に使うにあたっては、「Alexa」(アレクサ)のような呼びかけ語(ウェイクワード)や、認識されやすいための言い回しなど、ひととおりのルールを覚えなくてはいけません。教える側にとってもこれはけっこう面倒なため、普及のハードルになっていることは否定できません。製品に付属している、使い方をまとめたシートが欠かせない人も多いのではないでしょうか。

 その点、スマートディスプレイは違います。Echo Spotでは画面上に使い方のチュートリアルが繰り返し表示されますし、操作の結果も画面に表示されますので、操作方法がわからなかったり、間違っていても、自力で解決策を見つけるのが容易です。さらにヘルプも画面に表示できるなど、音声入力に不慣れな人にとって、ハードルが低いのは明らかです。

 海外では、ある程度スマートスピーカーが一般家庭に普及した段階でスマートディスプレイが登場したため、製品自体の置き換えが進んだという経緯がありますが、日本では逆に、家族や初心者など幅広いユーザに、裾野を広げる役割を担うことになる可能性も高そうです。

(山口 真弘)

あわせて読みたい

「テクノロジー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  5. 5

    「考え方が甘い」時差Bizに指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    AI無人店舗は万引きの概念変える

    赤木智弘

  7. 7

    安倍自民が連敗 地方に耳傾けよ

    舛添要一

  8. 8

    銀座ママ 好き嫌いで仕事すべき

    MONEY VOICE

  9. 9

    松井秀喜のG復帰 ナベツネが壁?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    サウジ皇太子の脅威だった記者

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。