記事

「ナイフで何回も刺されるほうが、銃で殺されるより苦痛なんだ」トランプ支持者の心に響く殺し文句 - 海野素央

 今回のテーマは「懐疑心と恐怖心」です。ドナルド・トランプ米大統領は秋の中間選挙のギアを上げ、重点州で支持者を集めた集会を開いて共和党候補の応援演説を行っています。それらの集会で、熱狂的なトランプ支持者の中に不吉な動きをみることができます。本稿では、支持者の新たな運動を紹介しながら、トランプ氏のゲームのやり方を分析をします。

[ブログで画像を見る]

「Q」の登場

 フロリダ州(現地時間7月31日)及びペンシルバニア州(同8月2日)で行われたトランプ支持者を集めた集会に、「我々はQだ」という字句が入ったTシャツを着用した支持者が登場しました。「Q」という文字が印刷されたポスターを掲げて、トランプ大統領を応援する支持者もいました。一体「Q」は何を意味しているのでしょうか。

 「Q」とは、投稿サイト「4chan」及び「8chan」に昨年10月から投稿を続けている匿名の人物「Qアノン」を指しています。「Qアノン」は、米政府内の敵対的な力に対抗して、彼らから国家及びトランプ大統領を守るために投稿を行っています。

 「Qアノン」は電文のような簡潔な投稿をします。例えば、

 「ホワイトハウスの中は混乱していない。トランプの意図通りうまくやっている」

 「トランプはすべてを完全にコントロールしている」

 「モラー(特別検察官)とトランプは、ヒラリー、ビル(クリントン)、オバマを逮捕するために一緒に働いている」

 などです。これらの投稿内容は「ニッチな極右カルトによる陰謀論」とみられています。従って、「Qアノン」は親トランプの陰謀論者といえるかもしれません。一方で、Qフォロアーは親トランプで、キリスト教右派、反リベラルで、しかも、だまされやすい人々といわれています。

トランプは陰謀論者か?

 「Qアノン」は、トランプ政権内のインサイダーという見方が有力ですが、実はトランプ大統領ではないかという憶測を呼んでいます。その一方で、プーチン露大統領という指摘もあります。

 「Qアノン」が誰であれ、トランプ大統領は陰謀論者と見られても仕方のない発言をしてきました。それらはまったく根拠がない発言なのですが、人々を混乱させ、懐疑的な見方をさせる効果は確かにあります。

 例えば、過去にトランプ大統領は「オバマはアフリカで生まれた」と主張して、オバマ氏の大統領の資格について懐疑的な見解を示しました。さらに、「オバマがトランプタワーを盗聴させた」と何も証拠を示さずに述べて、オバマ政権がトランプ陣営に陰謀や策略を企てていた印象を国民に与えました。

 16年の共和党候補指名争いの最中にもトランプ大統領は、ライバルのテッド・クルーズ上院議員(共和党・テキサス州)に関して、「クルーズの父親は、ケネディ大統領の暗殺に絡んでいた」と、同議員の父親がケネディ元大統領暗殺の陰謀を企てたかのような口調で語りました。

 本選では、ヒラリー・クリントン元国務長官の得票がトランプ氏のそれを上回ると、「300万人の不法移民がヒラリーに投票した」と、こちらも検証をぜずに反論しました。まるでクリントン陣営が不法移民を利用して、ひそかに悪事を企んでいたかのような誤った印象を与えたのです。

トランプの陰謀論的な思考様式

 現在でもトランプ大統領は陰謀論を利用しています。まず、周知の通り、自分に不都合なニュースを「フェイク(偽)ニュース」と呼んで封じ込めようとしています。主要メディアの報道にはトランプ氏を貶める意図があるとして、支持者にそれを信じ込ませているのです。

 次に、トランプ大統領はモラー特別検察官のロシア疑惑の捜査に関しても疑惑捜査を「魔女狩り」と呼び、ここでも同検察官が率いるチームが陰謀を企てているという印象づけを行っています。そうすることで、捜査に関して支持者に懐疑的な見方をさせるのです。

 さらに、トランプ大統領はロシア疑惑そのものを「でっち上げ」と繰り返し述べて、疑惑の完全否定をしています。有権者の見えないところで、トランプ陣営とロシア政府が結託して、16年の米大統領選挙でクリントン元国務長官を倒したという疑惑を払拭する狙いがあります。仮にトランプ陣営とロシア政府の共謀が事実であれば、不都合な事実を「でっち上げ」として扱い、隠蔽するトランプ氏の意図があるといえます。

 陰謀や策略は、トランプ大統領にとってゲームに勝利するための効果的なやり方なのでしょう。同大統領が陰謀論的な思考様式を備えている点は看過できません。

移民政策と支持率

 陰謀や策略を使って支持者に「懐疑心」を持たせるやり方に加えて、トランプ大統領がゲームで勝利を収めるために用いているのが「恐怖心」です。秋の中間選挙で、トランプ大統領は移民政策を民主党に勝てる争点と位置付けており、同政策と恐怖心を結びつける戦略に出ています。

 その背景には、トランプ大統領の移民政策に対する共和党支持者の高い支持率があります。世論調査で定評のあるクイニピアック大学(米東部コネチカット州)の調査(18年6月27―7月1日実施)をみてみましょう。

 同世論調査によれば、80%の共和党支持者がトランプ大統領の移民政策を支持しています。「一般に不法移民は米国民よりも犯罪を犯すと思いますか?」という質問に対して、90%の民主党支持者が「そうは思わない」と回答しました。ところが、共和党支持者になると45%が「そう思う」と答えています。

 「トランプ大統領の移民政策の動機は誠実さからですか、それとも人種差別的信念からですか」という質問に関しては、80%の民主党支持者が「人種差別的信念」、90%の共和党支持者が「誠実さ」と回答しました。つまり、共和党支持者はトランプ大統領の移民政策に極めて好意的なのです。

 そこでトランプ大統領は、移民政策は支持基盤を固めるのにかなり有効な道具であると読んでいるフシがあります。では、どのようにして、支持層を固めようとしているのでしょうか。

「MS-13」とは

 移民政策の中で、特にトランプ大統領が焦点を当てているのが、「MS-13」です。MSは「マラ・サルバトルチャ」の略で、1980代にロサンゼルスで設立されたエルサルバドル出身の中南米系のギャングを指します。「13」は、アルファベットの「M」が13番目であることに由来するといわれています。

 トランプ大統領は、MS-13が米国の安全保障に対する脅威であると議論をしています。支持者を集めた集会で、MS-13のメンバーが銃を使用せずにナイフで相手を複数回刺して殺害すると繰り返し述べるのです。

 「ナイフで何回も刺されるほうが、銃で殺されるよりも苦痛なんだ」

 トランプ大統領は、支持者にこう語って恐怖心を煽ります。自身のツイッターに、「中間選挙で民主党に投票することは、MS-13をコミュニティーに野放しにすることと同等だ」と投稿しました。加えて、「移民は文化を変えてしまう」と主張し、移民が米国社会に否定的な影響を与えるという立場を鮮明にしています。

 そのうえで、不法移民を取り締まる移民関税執行局(ICE)の職員を「勇敢だ」と称賛し、「移民関税執行局対MS-13」という対立構図を作りました。16年の米大統領選挙では、「白人労働者対不法移民」という対立構図を使って、支持基盤を固めました。トランプ大統領は、今回の中間選挙でも同様の政治手法をとっています。

懐疑心と恐怖心のテコ

 このようなトランプ大統領の言動に対して、MS-13を取材しているジャーナリストのハンナ・ドレイア氏は、「トランプ大統領はMS-13は国内で最大のギャングで、最も暴力的で急成長しているという誤った印象を与えている」と指摘しています。米司法省の調査によれば、全米で約140万人のギャングがおり、そのうちMS-13は約1万人程度です。確かに、トランプ大統領がMS-13について誇張しているという見方ができます。

 トランプ大統領は、厳しい国境管理を正当化する材料としてMS-13を利用しているとみて間違いないでしょう。もちろん最終目標は、票の獲得であることは言うまでもありません。

 MS-13に加えて、トランプ大統領はオバマ政権の移民政策を「キャッチ・アンド・リリース」と揶揄し、それに終止符を打つことを約束しました。国境警備員が不法入国者を捕えると、彼らに電子機器の足輪を着け、審理日を告げて釈放をするのが「キャッチ・アンド・リリース」です。

 トランプ大統領は支持者を集めた集会で、「国境警備員が不法入国者をせっかく捕まえたのに逃してしまう」と呆れた表情と動作を交えながら語り、「捕まえた不法入国者が指定された日時に移民裁判所に姿を現す確率は非常に低い」と強調しました。そのうえで、彼らが犯罪を犯すと指摘し、「不法移民=犯罪者」という支持者が持つステレオタイプ(固定観念)を強化するのです。

 さらに、トランプ大統領は抽選でビザが与えられる「ビザ抽選制度」と、移民による家族及び親戚を呼び寄せる「連鎖移民」制度も廃止すると明言しています。「これらの制度を利用して入国した犯罪者が、あなたのコミュニティに入ってくる」と脅し、恐怖心を煽るのです。

 要するに、「キャッチ・アンド・リリース」「ビザ抽選制度」並びに「連鎖移民」を犯罪とリンクさせ、恐怖心を動機づけにして投票に結びつけようとしているのです。典型的な「トランプ流」としか言いようがありません。

 結局、懐疑心と恐怖心をテコにして、米国民を自身の意図する方向へ導こうとしているトランプ大統領の思惑をはっきり読み取ることができます。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バス旅番組巡る田舎叩きは的外れ

    川北英隆

  2. 2

    米政権 日本に中国排除を要求か

    文春オンライン

  3. 3

    武蔵小杉にみるタワマンの問題点

    ヒロ

  4. 4

    韓国の若者「日本の給料は安い」

    WEDGE Infinity

  5. 5

    おじさんが若者と会う時のルール

    内藤忍

  6. 6

    眞子さま 小室さんと出会い変化

    文春オンライン

  7. 7

    暴行慶應生 親族企業で役員の顔

    SmartFLASH

  8. 8

    武井壮が駅伝騒動への称賛に疑問

    キャリコネニュース

  9. 9

    橋下氏 原発めぐるバトルの裏側

    AbemaTIMES

  10. 10

    松本人志&さんま 発言の差が話題

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。