記事

「なんでできるかというと、スケベだからです」"一夫多妻"を実践している男女の仰天生活 弘中綾香アナ「私は絶対イヤです」

1/2

 「なぜ1人だけを愛さなきゃダメなの?みんなちゃんと愛せば問題ないだろう!」

 そう主張し、14年にわたって"一夫多妻"生活を実践してきたのが、香川県在住の藤田隆志さん(64)だ。レンタルビデオ店を創業し、事業譲渡した経歴を持つなど、地元では実業家として知られており、Facebookには「本日は、妻たちに街中で洋服のまとめ買いをしました。購入したのはバーキンの35cmとロレックスのデイトジャスト、サンローランの最新サングラス・ダイヤのブレスレット。妻たちを飾るために使う金銭は全く惜しくない」などの投稿も。

 ただし、日本では「重婚」は認められておらず、罪に問われてしまう。そのため藤田さんは"第二夫人"と"第三夫人"を養女という形で入籍させているのだ。8日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、藤田さんと"第3夫人"の陽子さんの驚きの生活を直撃した。

■4度の離婚の末にたどり着いた"一夫多妻"生活

 藤田さんの最初の結婚は27歳の時だった。事務員の女性に一目惚れして結婚するも、11年後に離婚。2度目は38歳の時、お相手はナンパした女性だった。3度目は41歳の時、今度のお相手は20歳年下の女性。4度目は45歳の時、パート社員の女性だった。

 しかし、このときも1年後に離婚してしまい、「バツ4」に。ちなみに、離婚の理由は、4度のうち3度が藤田さんの浮気によるものだったという。「寂しがりで、ついつい。独身でいるよりも結婚している方が幸せなんです。一言で言うと、女性が好きなんですよね」。

 それでも懲りない藤田さんは15年前、日本とバリを行き来する仕事をしている際に知人の紹介で知り合った、当時34歳の女性と"再再再々婚"することになる。この女性こそ、現在の"第1夫人"だ。この女性との間には、2人の子供が生まれている。

 しかし藤田さんは、結婚当初から"第1夫人"に対し「バリに連れて行きたい子がいたら、連れていっていいか」と相談していたという。「"一夫多妻"をしたかったから。"第1夫人"はそんな女性はいないだろうと思っていたのか、どうぞ」と。

 その言葉どおり、数か月後には後に"第2夫人"として入籍することになる女性を連れてバリに行くことになる。「当初から3人ほしいと言ってたんですよ」という藤田さん。さらに数年後には「なりゆきで」"第3夫人"が登場する。

 そして4年後、「ちょっとお金の使い方が派手だった」という"第2夫人"と離縁。"第3夫人"が繰り上がり"第2夫人"に昇進。空席となった"第3夫人"に今年5月、陽子さんが"スピード婚"で入ったのだ。

 第1夫人、第2夫人ともに離婚歴はなかったというが、自身はバツ1だった陽子さん。かつてはごく普通の家庭生活を送っていたという。「一般的な家庭。新築の一軒家に主人がいて、犬がいて。隆志さんのことは、なかなか普段出会うことのない"珍獣"だなと思って、会いに行ってみようと決めた。普通とは違う考え方で、自分のやりたいことを貫いているところがすごいと思う」と話す。

あわせて読みたい

「結婚」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    豊洲移転 築地の悪慣習断ち切れ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  2. 2

    立憲民主党は消費増税の対案出せ

    鈴木宗男

  3. 3

    ついに4万円台 新型ルンバの戦略

    WEDGE Infinity

  4. 4

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  5. 5

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  6. 6

    有吉弘行 加山雄三イジり共演NG

    女性自身

  7. 7

    豊洲市場から学ぶ安心情報の誇張

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    北海道愛す吉田類 町中で遭難も

    BLOGOS編集部

  9. 9

    「学歴<血筋」虚構新聞に納得?

    MAG2 NEWS

  10. 10

    選挙用に意見言わないダメ政治家

    田野幸伸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。