記事

「損切りできない」ゆでガエル気質の日本人投資家がトルコリラ円で死んでいく=今市太郎


トルコリラ円が足元で驚くほどトルコリラ安に陥っており、スワップポイント狙いの本邦個人投資家が大ピンチになっています。ここでも損切りできない悪癖が出ています。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2018年8月8日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

「自主的に損切できない」日本の個人投資家のツケが一気に噴出…

トルコリラ円で日本の投資家たちが大ピンチ

今年5月末にトルコの大統領選挙の結果を見るまではトルコリラ円を買っては危ないという記事を配信させていただいたのは記憶に新しいところです。

そのトルコリラ円が、足元では驚くほどトルコリラ安に陥っており、スワップポイント狙いの本邦個人投資家が大ピンチに襲われています。

トルコリラ/円 日足(SBI証券提供)

エルドアンの独裁に加え、米国との対立が通貨安を加速

エルドアン大統領が選挙で勝利したことから本格的な大統領制がスタートし、中央銀行も制御することになることから、かなり厳しい事態が当初から見込まれていたトルコ。

米国トランプとの対立から制裁を受けたことで、足元でダイレクトに国内の金融市場を直撃して撃沈寸前のところまで来てしまったことが、トルコリラの暴落を招いてしまった原因となっていることは間違いありません。

金利好きの本邦投資家はもっと投資を精査すべき

日本の個人投資家が、とにかく金利の受け取りや定期的な配当金の受け取りが大好きであることは皆さんもよくご存じのことと思います。

ここへきて、世界的に先進国の金利も米・英を中心として上昇しはじめています。

その状況において、年利16%もの政策金利を設定している国の状況とは、いかなるものなのか。日本の個人投資家はもっとシリアスに考える必要があるのではないでしょうか。

ハイイールドボンドなどと呼ばれるジャンク債とともに、高金利通貨はそれを保有するたけで猛烈なリスクを常に抱えているわけです。

まして、その売買にレバレッジをかけるというのは、想像を絶する決定的なリスクを受け入れなくてはなりません。その点をすっかり国内のFX投資家は忘れているように思われます。

1トルコリラ20円を割ると強烈な損切発生も

とにかくトルコリラ円というのは、スワップ狙いのためだけにあるような通貨ペアです。もちろん架空の通貨ペアであり、実需などはまったく存在しません

それだけに、トルコリラ円は取引きする個人投資家の実に9割以上がロングで市場に参入していますから、ひとたび何かあると、まったく流動性が枯渇してしまい、ビットコインあたりの投げ以上に厳しい事態に追い込まれてしまうのです。

すでに8月に入ってからだけでも、2円以上下落しており、20円割れはもはや目前の状況です。いつ到達してもおかしくはないところに来ています。

トルコリラ円が売られるというのは、ドルトルコリラを買って、さらにドル円を売ることで生成されます。ですから、米国の政府高官が口にしているように、ドルトルコリラが7ドルなどというレベルまでに到達した場合には、日本円での価値がどこまで下がるかは見ものの領域にさしかかってきております。

参入した日本の個人投資家は、全滅に向かっている気がしてなりません。

自主的に損切をしない日本人投資家のツケが一気に噴出

国内の個人投資家は、とにかく自主的なルールに基づいて損切をしないことで世界的に有名な存在です。

トルコリラ円のスワップ狙いのロング取引でもまったくそれが標準化されており、通貨の価格が下がっても、それぞれのレベル感からさらに買いを継続するという、かなり悪しき商慣習を継続中です。

売買をしている人間にしてみればドルコスト法に過ぎないといった説明をする人も多いわけですが、これは単なるナンピンに過ぎません。

しかもFX業者が設定する強制ロスカットのレベルまで延々と持ち続けているわけですから、始末に負えない取引になってしまっていることはもはや明確な状況です。

「くりっく365」による恐怖の強制決済時間

とくにここからさらに深刻度を増すのは、多くの本邦個人投資家が高いスワップポイントの付与から積極的に利用をしている「くりっく365」の存在で、証拠金が100%を下回ると翌日の午後3時までに追証を入金しないと強制決済になってしまうことです。

これはどこのくりっく365加盟業者を通じても一斉に履行されることから、一段と価格の価格を招く魔の時間帯が存在していることにも注意が必要です。

本来、一定の証拠金を減らしたなら、自主的に損切して相場から退場していれば、莫大な損失を被って全ての証拠金を失うということもないわけです。

トルコリラ円のスワップ狙い取引の実情は、日本の個人投資家の悪い癖を集約させたような内容で、追証を用意できない輩は強制ロスカットを待つのみという厳しい夏の時間帯を迎えることになりそうです。

今からでも遅くありません。とにかく一旦損切して、相場からEXITすることが肝心です。

image by:Zabotnova Inna / Shutterstock.com

今市太郎の戦略的FX投資』(2018年8月8日号)より抜粋 ※太字はMONEY VOICE編集部による

あわせて読みたい

「投資」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    金足農 甲子園躍進で予算ピンチ

    キャリコネニュース

  3. 3

    小室圭さん留学で秋篠宮家に溝か

    SmartFLASH

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬へ?

    田中龍作

  5. 5

    容疑者脱走 取材班に住民が迷惑

    NEWSポストセブン

  6. 6

    石破氏に軽減税率の阻止を期待

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    客離れに苦しむ鳥貴族の戦略ミス

    MONEY VOICE

  8. 8

    全て反対? 野党批判に騙されるな

    猪野 亨

  9. 9

    チケット転売の公式化は不道徳か

    橘玲

  10. 10

    違法AVどう減らす? 加藤鷹ら討論

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。