記事
  • 東龍

明石家さんま氏とマツコ・デラックス氏が主張するバイキングのマナーが完全に間違いであるのはなぜか?

1/2

[画像をブログで見る]

バイキングをテーマにした議論

2018年8月1日に<8月1日は生誕60周年を迎える「バイキングの日」 あなたのブッフェは時代遅れではないか?>でも紹介したように、8月1日は「バイキングの日」です。

生誕60週年を迎えたということで、改めて正しいマナーや意味のある楽しみ方を紹介しました。

その同じ日の夜に、お笑い界の巨匠である明石家さんま氏の番組であるフジテレビの「ホンマでっか!?TV」が放送され、奇遇にもブッフェをテーマとしていました。

番組では「バイキングでお皿に盛る時、一口サイズで盛る派か、一気にガッツリ盛る派か」をテーマに議論したところ、大きな論争を呼び、以下のような記事も配信されています。

『ホンマでっか!?TV』明石家さんま、加藤綾子、立川志らくがバイキングめぐり激論
明石家さんま「バイキングはお金払ってるんだから残してもいい」にネット上では大バッシング「本気で言ってるなら引く」
明石家さんま「バイキングは食べ残していい」 志らく「人間としてクズ」

論点は次の通りです。

明石家さんま氏が「残してもいいじゃないですか、バイキングって」と言い放ったり、マツコ・デラックス氏が「残す、残さないじゃなくてさ、ちまちま何回も行ってるのって逆に恥ずかしくない? 私、何度も何度も行ってる人見るとなんか、はしたないわーって思うの、逆に。必死だもん」とまくしたてたりしました。

これが視聴者の感覚とずれていることから、異なる主張が続出したのです。

影響力を危惧

テレビは絶大な影響力があるだけに、テレビ番組を観て視聴者が誤った認識を持ってしまうことを危惧しています。

そのため、以前もテレビ番組におけるバイキング=ブッフェの構成や演出について、疑義を呈したことがあります。

「マツコの知らない世界」炎上事件の最終章。本当に「インスタ映えによる食べ残し」は起きているのか?
「マツコの知らない世界」のケーキバイキング炎上を通して伝えたい3つの違い
「マツコの知らない世界」のケーキバイキングでやってはならない5つのこと

今回も全く同じように、私としては疑義を呈したです。

番組構成の問題

疑義を呈する前に、まず述べておきたいことがあります。

テレビ東京「TVチャンピオン」で2回連続して優勝し、これまで100本以上のテレビ番組に出演してきた私の立場から鑑みると、「ホンマでっか!?TV」のようなゴールデンタイムではしっかりと台本が練られています。

今回の場合は「バイキングでお皿に盛る時、一口サイズで盛る派か、一気にガッツリ盛る派か」というテーマを設けていますが、あまりにも片方の派にだけ出演者が寄ってしまったり、常識的な意見ばかりが出てきたりしてしまうと、番組は平凡でつまらないものとなってしまうでしょう。

そうならないために、出演者をそれぞれの派にバランスよく分けて、過激な意見を述べさせ、議論が盛り上がるようにすることで、番組を面白くしようとします。

従って、前述の明石家さんま氏やマツコ・デラックス氏が述べたことは、必ずしも完全に本人の意見であるとは限らないので、特定の出演者に対して反駁することは希望していません。

ただ、番組を制作するディレクターや放送作家、プロデューサーの意向によって、番組が構成されたことだけは確かでしょう。

多くの視聴者が観ている時間帯で、極めて影響力が大きい明石家さんま氏やマツコ・デラックス氏が、バイキング=ブッフェに関して誤った知識を視聴者に与える構成となっているのは問題であると考えています。

あわせて読みたい

「明石家さんま」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バス旅番組巡る田舎叩きは的外れ

    川北英隆

  2. 2

    武蔵小杉にみるタワマンの問題点

    ヒロ

  3. 3

    韓国の若者「日本の給料は安い」

    WEDGE Infinity

  4. 4

    眞子さま 小室さんと出会い変化

    文春オンライン

  5. 5

    おじさんが若者と会う時のルール

    内藤忍

  6. 6

    暴行慶應生 親族企業で役員の顔

    SmartFLASH

  7. 7

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  8. 8

    橋下氏 原発めぐるバトルの裏側

    AbemaTIMES

  9. 9

    世界大学ランク 数では日本が2位

    ベネッセ 教育情報サイト

  10. 10

    下ネタOK ガッキー30歳の新境地

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。