記事

朝丘雪路さんに続いて…。津川雅彦さんの人生観を大きく変えた事件

1/2
BLOGOS編集部

それは突然の訃報だった。女優で日本舞踊家の朝丘雪路さんに続いて、俳優の津川雅彦さん(享年78歳)が4日に心不全のため亡くなっていたことが分かった。朝丘さんの死去から僅か3ヶ月あまりの訃報となった。

朝丘さんは高名な日本画家・伊東深水氏の娘だったが、津川さんは祖父が「日本映画の父」と称された牧野省三監督で、叔父はマキノ雅弘監督。そして兄は2011年に亡くなった俳優の長門裕之さん、義姉は、2009年に亡くなった女優の南田洋子さん――まさにサラブレット級の芸能一家に生まれ育った。

その津川さんと朝丘さんは、今年、結婚45年目の年だった。

朝丘さんはアルツハイマー型認知症だったそうで、2014年4月のミュージカルを最後に自宅で療養していた。津川さんは、そんな朝丘さんを献身的に看病してきた。それだけに朝丘さんの死去には「彼女を残すよりいい結果になった」と悼んだ。「一時は、別居していたこともあった」が、朝丘さんと津川さんは芸能界の中でも"おしどり夫婦"として知られてきた。

おしどり夫婦を襲った 娘・真由子の誘拐事件

夫妻は深い絆で結ばれていた。そのキッカケになったのは、何といっても2人を襲った愛娘・真由子の「誘拐事件」だった。追悼の意を込めて改めて振り返ってみた。

この事件は衝撃的な"昭和の事件"として現在でも語り継がれている。

それは1974年に起こった。結婚して10か月、1974年3月に第一子の真由子が生まれた。

東京・世田谷区の"津川邸"は建面積330平方メートル。そこに夫妻と真由子、他にお手伝いさんや看護婦、運転手など7人が住み込んでいた。

ところが、その他にも毎日さまざまな人が泊まりに来ていたという。

「とにかくオープンな家でしたね。戸締りらしい戸締りはほとんどしていなかったと思います。今では信じられませんが朝丘さんの熱狂的なファンまで泊まりに来ることもあったほどです」(当時を知るベテランの芸能関係者)

しかし、このオープンさが災いを巻き起こす事態が起こった。

同年8月15日午前3時48分、家中が寝静まった中、2階の部屋で寝ていた真由子が侵入してきた男に誘拐されたのだ。因みに、夫妻は別の部屋で寝ていたという。

真由子と一緒にいた看護婦は57歳のベテランだったが、
「時間も時間だったことから、真由子ちゃんが連れ去られる時はウトウトしていた。津川さんが真由子ちゃんを自分の部屋に連れて行ったものと勘違いしてしまったようです」(前出のベテラン芸能関係者)

真由子は生後5か月。ようやく首が据わりかけたころだ。

当時の捜査状況を振り返ると、犯人の男は、どうやら夫妻の家が無用心だったことを研究済みだったようだ。勝手口から侵入した犯人は、鍵のかかっていない風呂場のドアから堂々と家の中に入った。階段で2階に上がりドアを開けると、そこに真由子が看護婦と眠っていた。そこで真由子をあやしながら抱き上げ、堂々と玄関から外に出て行った。

誘拐犯は、"津川邸"から真由子を連れ去ると、盗んだ車で自宅に戻った。

「真由子がいなくなった」

看護婦からの連絡に慌てた夫妻は「誘拐された」と判断、すぐさま警視庁に捜索願を出した。前代未聞の出来事に警視庁は新聞社、テレビ局に対して「報道協定」を要請した。これは人質の身の安全を確保するため「報道はもちろん、取材も一切しない」というものだが、実は「誘拐事件」での「報道協定」というのは今では慣例となっているが、このときが初めてのケースだったという。

犯人から電話があったのは、誘拐直後の午前4時ごろ。「500万円を第一勧業銀行(現みずほ銀行)に振り込め」と身代金を要求してきた。

事件が起こる前年の1973年1月、第一勧銀はキャッシュカードを初めて導入したばかりだった。犯人は事件の1か月前に偽名を使って新宿支店で口座を開き、キャッシュカードを使って千住、西新橋、八王子、池袋の4支店で現金を引き出してみる。

「どこでも20秒足らずで金が出てくる。これなら大丈夫だ」

犯人は自信を深めたようだ。

逮捕のキッカケになったのは、津川さんに電話をかけた時に「500万円はすぐに用意出来ない」と言われ「だったら、あすの12時(正午)までに振り込め」と指示したことだった。

第一勧銀は、警視庁の要請に1日でわが国初の「逆探知機プログラム」を開発した。指定された口座に振り込まれた金を犯人がどの銀行のATMで引き出しているかを逆探知した。

16日午後0時17分、犯人は東京駅南口の支店でキャッシュカードを使って現金を引き出しているところを逆探知され逮捕された。誘拐から32時間後、あっけない逮捕劇だった。

ところが、犯人は逮捕されたものの真由子の所在を自供しない…。

「どうせオレは死刑になるから」

そう言ったまま、真由子の居場所も安否も口を閉ざしてしまったというのだ。

しかし、指紋から前科が分かり、自宅を突き止め、真由子は無事保護された。

逮捕から8時間が過ぎていた。

共同通信社

この身代金要求の「誘拐事件」は32時間後に犯人が逮捕され、40時間後に真由子も無事保護されるという劇的な解決となった。 事件翌日の16日午後11時過ぎ、夫妻は赤坂の山王病院で無事、真由子と対面した。

津川さんは無精ヒゲも剃らず、目を真っ赤に腫らし、刑事から真由子を受け取ると、ひしと抱き締めた。その隣で、朝丘さんは涙で濡れた目をぬぐいもせず、津川さんの手を握り締めていた。

あわせて読みたい

「訃報」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  2. 2

    沢田研二の公演中止は罪深き甘え

    常見陽平

  3. 3

    朝日「安倍支持ネット民は貧乏」

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    よしのり氏「沢田研二は哀れ」

    小林よしのり

  5. 5

    謎の会社、ギガファイル便を直撃

    BLOGOS編集部

  6. 6

    若者が野党を批判する理由に衝撃

    猪野 亨

  7. 7

    老人は賃貸困難 50代で部屋探せ

    MONEY VOICE

  8. 8

    田原氏が佐々淳行氏との激論回顧

    田原総一朗

  9. 9

    18歳の47% 将来も新聞読まない

    宮崎正

  10. 10

    歌姫の発言でトランプ氏ピンチに

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。