記事

米司法委員長がビットコインを保有、仮想通貨業界に朗報か

Billy Bambrough

ボブ・グッドラット(Photo by Leigh Vogel/FilmMagic)

米共和党のボブ・グッドラット下院議員が仮想通貨を保有していることが明らかになった。グッドラットは下院司法委員会の委員長であり、これは仮想通貨業界にとって大きなニュースといえる。

米国では議員が一定量の仮想通貨を保有する場合、報告が義務付けられており、提出済みの財務開示声明でこの事実が明らかになった。報告書によると、グッドラットは1万7000ドルから8万ドル相当のビットコインやビットコインキャッシュ、イーサリアムを保有している。

報告書は議員らに対する新たな倫理規定の制定を控えた、今年5月に提出されていた。新ルールでは議員らが仮想通貨の取引を行なった場合、45日以内に報告することも義務付けられている。

グッドラットの息子のボビー・グッドラット・ジュニアも、仮想通貨取引所の「Coinbase」に出資していると報道されているが、その詳細は公にはされていない。

グッドラットはジャリッド・ポリス下院議員らが立ち上げた、ブロックチェーン委員会のメンバーでもある。ポリスは民主党議員の中では最も裕福な人物の一人として知られ、資産額は1億2200万ドル(約136億円)と推定されている。

今回のニュースは米国で今後、仮想通貨の規制が緩和される前兆として受けとめられ、ビットコインの価格に影響を与えるかもしれない。米議会では規制を強めるべきとの意見があがる一方で、仮想通貨に対して前向きなスタンスを示す議員もいる。

情報サイト「Cryptocompare」のデータでは、米国の仮想通貨取り扱い高は世界第2位で、市場の約26%に達している。しかし、米国におけるビットコインやその他の仮想通貨の位置づけは曖昧な状態だ。

米証券取引委員会(SEC)は仮想通貨を有価証券とみなすスタンスを示す一方で、米商品先物取引委員会(CFTC)はビットコインがコモディティ(商品)であると述べている。さらに、米歳入庁(IRS)は仮想通貨を通貨として認めず、2014年に資産として定義し、税務申告のための指針を発表していた。

関係者らは今後、議会が規制方針を明確にし、仮想通貨の使用やビジネス活用が進むことを期待している。

あわせて読みたい

「仮想通貨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    金足農 甲子園躍進で予算ピンチ

    キャリコネニュース

  3. 3

    小室圭さん留学で秋篠宮家に溝か

    SmartFLASH

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬へ?

    田中龍作

  5. 5

    容疑者脱走 取材班に住民が迷惑

    NEWSポストセブン

  6. 6

    石破氏に軽減税率の阻止を期待

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    客離れに苦しむ鳥貴族の戦略ミス

    MONEY VOICE

  8. 8

    全て反対? 野党批判に騙されるな

    猪野 亨

  9. 9

    チケット転売の公式化は不道徳か

    橘玲

  10. 10

    違法AVどう減らす? 加藤鷹ら討論

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。