記事

「自民党総裁選」 ―派閥力学で外交・防衛政策を過ってはならない― - 屋山太郎

安倍首相の正式な立候補表明に備え、細田、麻生、岸田、二階の派閥が総裁選対策本部を立ち上げた。総裁選には国会議員(405票)とともに党員、党友による地方票(405票)も加わるため、総裁選挙で地方票を取り込むことが重要だからだ。

1994年に中選挙区制が廃止され、小選挙区比例代表並立制に切り換えられた。中選挙区制を何が何でも止めようという動機は金権選挙、金権政治がきわまったからに尽きる。

派閥の親方は子分の選挙資金、政治資金を工面し、大臣などの役職にもつけた。勿論、公認権も握っているに等しかった。田中角栄氏などは政敵の選挙区に子分を立てて、相手を落選させる手も使った。ロッキード事件で党籍を離れたが「自民党周辺居住者」と称して党内に子分を養い、一時は150人もの大派閥となった。これだけ養おうとすれば、金権政治で集めるしかない。この独善、不徳が中選挙区制度廃止の起爆剤となった。

小選挙区にした狙いは何か。第1に党の公認権は党が握る。第2に政治家が金集めをしないように政党に交付金を配布した。以上の金権の要素を取り除くと、議員はあえて親分をいただく必要はなくなる。思想、信条の近い者同志が集まるようになるはずだ。

ところが最近、細田、麻生派が伸長し、麻生氏はかつて宏池会に所属していたこともあり、岸田派を飲み込もうという話まで出てきた。竹下亘総務会長も旧竹下派を引き継いだせいか、派閥活動を活性化しようと懸命だ。派内の大勢は安倍支持なのに、元参院議員会長の青木幹夫氏の力を借りて、石破氏にまとめようとしているかの如くだ。派閥化が思想、信条の統一を邪魔してはならない。

安倍一強と言われるほど安倍晋三氏の支持が高いのは、外交・防衛政策で党内が一致しているからだ。旧宏池会では日米中の“正三角形”論を説く人が多かった。宏池会のプリンスと呼ばれた加藤紘一氏は親中派で、当時の森喜朗内閣を倒そうとした。

野党民主党の菅直人氏に内閣不信任案を出させて、それに賛成して森内閣を打破、加藤内閣をつくるというものである。後に鳩山、菅内閣ができて、米国離れを起こし、日米関係を危うくしたが、加藤氏の頭の中も菅直人氏と同じだった。

日米安保条約、「明るく開かれたインド太平洋戦略」と日本を取り巻く安全網は広がり、強化されつつある。この中国拡大阻止政策は、地球的規模で広がっており、半世紀や一世紀は変わらないだろう。

ところが竹下亘氏は加藤紘一氏的発想で外交問題を考えているふしがある。派閥力学を利用して安倍外交を変えたいのか、ポスト安倍を巡って活躍する思惑があるのか。古賀誠前宏池会会長も山崎拓元自民党副総裁らも昔ながらの派閥遠隔操作を試みているようだ。

野党の国民民主党が全く求心力を持たないのは外交・防衛政策について口をつぐんでいることに尽きる。(平成30年8月8日付静岡新聞『論壇』より転載)
屋山 太郎(ややま たろう)
1932(昭和7)年、福岡県生れ。東北大学文学部仏文科卒業。時事通信社に入社後、政治部記者、ローマ特派員、官邸クラブキャップ、ジュネーブ特派員、解説委員兼編集委員を歴任。1981年より第二次臨時行政調査会(土光臨調)に参画し、国鉄の分割・民営化を推進した。1987年に退社し、現在政治評論家。「教科書改善の会」(改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会)代表世話人。
著書に『安倍外交で日本は強くなる』『安倍晋三興国論』(海竜社)、『私の喧嘩作法』(新潮社)、『官僚亡国論』(新潮社)、『なぜ中韓になめられるのか』(扶桑社)、『立ち直れるか日本の政治』(海竜社)、『JAL再生の嘘』・『日本人としてこれだけは学んでおきたい政治の授業』(PHP研究所)など多数。

あわせて読みたい

「自民党総裁選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都民ファ事務総長の給与額に驚き

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  2. 2

    日本を叩くドイツメディアの無知

    MAG2 NEWS

  3. 3

    報ステ降板の小川アナ もう限界

    文春オンライン

  4. 4

    旅行キャンセルのはずが高額請求

    水島宏明

  5. 5

    沖縄知事選の争点は移設ではない

    中田宏

  6. 6

    不出馬なら議員辞職 玉城氏覚悟

    田中龍作

  7. 7

    デブかブス 女芸人の需要に苦悩

    松田健次

  8. 8

    玉城氏 周囲が出馬止める恐れも

    田中龍作

  9. 9

    阿波踊り騒動の徳島市長が大反論

    文春オンライン

  10. 10

    よしのり氏「石破氏応援したい」

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。