記事
  • 階猛

「本気」の欠如-日銀の金融政策変更



「夏の全国高校野球」が5日から甲子園球場で始まりました。今年は第100回の記念大会です。また、3年生の選手にとっては最後の大会であり、その多くは初めて出場する大会でもあります。

岩手の花巻東など全国56代表と大観衆が集った壮観な開会式を見ていると、高校入学から甲子園にたどり着くまでの2年4か月間、真摯な努力を積み重ねてきた選手たちの「本気」さや、同じように努力しつつも予選で敗れた選手たちの「無念」さに、自然と思いが至ります。

私は甲子園にたどり着けなかった方の球児でしたが、目標を達成するための「本気」の努力や、努力が実らなかった時の「無念」に耐えることが、その後の人生にどれだけ役に立ったか分かりません。こうした「本気」と「無念」を若いうちに経験することが、高校野球に限らず学生スポーツの本質であり、魅力なのかもしれません。

さて、日本銀行の黒田東彦総裁は、果たして「本気」や「無念」を味わったことがあるのでしょうか。黒田総裁は就任直後の2013年4月に「2%」の物価安定目標を「2年程度」で実現すると表明しました。日銀がいまだかつて掲げたことのない野心的な目標であり、2年という期限を区切ったのも斬新でした。

何よりも驚いたのは、「異次元の金融緩和」と称して民間金融機関から大量に国債を買ったり、株や不動産の投資信託を市場から買ったり、短期金利をマイナスにしたりしたことです。

それだけ「本気」で目標を達成したかったということなのでしょうが、結局物価は上がらず、目標を掲げてから3年半経った2016年9月に長期金利をゼロにしました。それから約2年。「異次元の金融緩和」による超低金利で約半数の地域金融機関の本業が赤字となり、将来不安から個人消費も低迷して物価は1%にも達していません。

ようやく7月31日、日本銀行は、2021年3月末でも物価は目標の2%に達しないという見通しを示すとともに、金融政策を変更して国債や投資信託の買い入れ額や、長期金利ゼロを「変動しうる」ものにしました。

要は、いつまで経っても目標に届かないので「本気」の努力はやめたということです。黒田総裁はさぞかし「無念」なのだろうと思いきや、「これまでの金融政策が間違いだとは全く思っていない」旨、記者会見で語っていました。

黒田総裁が高校野球と同じく約2年での目標達成を目指し、「本気」で取り組んだことは認めます。しかしながら、8年後でも目標達成が見通せないとして「本気」の努力をやめ、失敗を「無念」と感じて反省するどころか開き直る態度は、中央銀行総裁として恥ずべきことです。「負けたら終わり」の高校球児を見習うべきではないでしょうか。

あわせて読みたい

「日本銀行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民議員の疑惑に触れぬマスコミ

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    小室圭さん留学で秋篠宮家に溝か

    SmartFLASH

  3. 3

    旅行キャンセルのはずが高額請求

    水島宏明

  4. 4

    日本を叩くドイツメディアの無知

    MAG2 NEWS

  5. 5

    不出馬なら議員辞職 玉城氏覚悟

    田中龍作

  6. 6

    かぼちゃの馬車が額面上は高い訳

    MONEY VOICE

  7. 7

    国民負担で超インフレ起きぬ日本

    広瀬隆雄

  8. 8

    自民議員が石破氏に改憲巡り反論

    赤池 まさあき

  9. 9

    「カメ止めは盗作」原作者が告発

    SmartFLASH

  10. 10

    カレー革命 小麦粉抜きが主流に

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。