記事

#WeAreQ、全米に広がるQ運動、Qって何だ??

タイムは6月30日、インターネットで最も影響力を持つ25人を発表しました。芸能界の人たち、そして米大統領に混じって、「Q」という名前が入っています。


Qとはいったい誰でしょうか?Qとは何なのでしょうか?
先ず、Qの正体は分かりません。Qからのメセージは下記で読むことができます。

Q Board

「Qは一人ではなく複数であり、米国政府の機密情報に接することができる一人である」と多くの人たちは信じています。

上の写真で分かるように、米国各地でこのような光景が見られるようになりました。大きなQという文字が掲げられているだけでなく、一部の人たちは「#WeAreQ」と記されたTシャツを着て、Qを支持していることを表明しています。

気が付かれたと思いますが、#はハッシュタグです。ツイッターに実際にアクセスして、「#WeAreQ」で検索すると、人々のツイートが多数出てきます。更に、Qの支持者たちは「#QAnon」というハッシュタグも使い、Q運動が米国全体に広がっている様子を見ることができます。
Qを支持している人は、どんな人たちなのだろうか?今日のように活動が顕著になる前は、Qの支持者は、QAnonというグループに属する右翼を支持する人々だと見られていた。彼らに共通している意見は、「主要メディアと闇の国家が共謀して、トランプ大統領を失脚させようとしている」というものだ。(FOXニュース)
民主党に傾いている米国の主要メディアは、当然のことながら、Qを批判する記事を連発しています。
  • 「ピザゲート」を覚えているだろうか?Qもそれと似たようなものだ。Q運動は、全く根拠の無い陰謀論を信じる人々の集まりだ。(ニューヨーク・タイムズ)
  • QAnonの目的は、偽りである陰謀論を広めて、トランプ大統領を守ることだ。(PBS)
  • Qは単に良いタイミングで現れただけだ。陰謀論が好きな人たちは、Qのようなものに惹かれる傾向がある。Qの正体は分からない。誰かが悪ふざけで始めたものが、偶然に大きく広がってしまっただけかもしれない。(ブルームバーグ)
  • Qのメッセージは内容がいつもハッキリとしない。たとえば、Qが飛行機の中から撮った写真を発表すると、Qの支持者はこのような都合の良い解釈をする。「この写真は大統領専用の飛行機内で撮られたものだ。Qは大統領に極めて近い人間だ。」(CBSニュース)
まだまだ多数ありますが、主要メディアが一斉にQの攻撃を始めたことに興味を感じます。マスコミが指摘しているように、Qの支持者たちは政治家、グローバリストたちによる汚職が暴かれ、そしてハリウッドやワシントンに多数存在すると言われている幼児愛者たちが罰せられることを望んでいます。

主要メディアはQを批判していますが、Qを広める原因になった一つは主要メディアです。人々はマスコミの言うことが信用できないのです。言い換えると、民主党支持があまりにもあからさまなメディアに嫌気が差しているのです。好例は大統領選挙です。

「ドナルド・トランプ当選の可能性はゼロ%に接近中」(ワシントン・ポスト)
ヒラリー当選記事を既に用意していたニューズウィーク
最近の例では、トランプ大統領とプーチン大統領の会見です。CNNは、「トランプ大統領は米国の情報機関よりもプーチン大統領の言葉を信じ、まるでプーチン大統領の味方のようだ」と非難しました。ABCニュースは、「プーチン大統領との会見は歴史的な過ち」と報道しました。しかし、前大統領オバマ氏がプーチン大統領に会った時は、「意見の相違はあったが、極めて建設的な話し合いができた」と報道しています。

今年は中間選挙の年です。Q活動はますます盛んになり、主要マスコミはQ支持者たちを批判する報道を更に増やすことでしょう。Qの支持者たちは、ツイッターやフェイスブックでの活動を一層活発に行うことでしょうが、こんな心配も出ています。「ツイッターとフェイスブックは民主党支持で有名だ。フェイク・アカウントの撲滅という名目で、Qの支持者たちのアカウントは次々と削除、凍結される可能性がある。」

ついでにもう一つ挙げれば、最近急速に広がっている#walkaway(立ち去れ運動)にも注目です。ニューヨークに住む美容師、ブランドン・ストラカ氏によって始められた運動で、民主党から立ち去ることを強く勧める運動です。

ストラカ氏はヒラリーを応援していた民主党支持者でした。現に、ヒラリーが落選した時は激しく泣いたそうです。しかし、そんなストラカ氏が民主党を去ったのは、大きく変貌する民主党とリベラル派の人々です。ストラカ氏の言葉を要約するとこうなります。「民主党支持者、リベラル派の人々はトランプ大統領への憎しみを顕にし、暴力まで使い始めている。私は、事実を報道しないマスコミにも騙されていた。民主党から去ることを強く勧める。」




あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バス旅番組巡る田舎叩きは的外れ

    川北英隆

  2. 2

    米政権 日本に中国排除を要求か

    文春オンライン

  3. 3

    武蔵小杉にみるタワマンの問題点

    ヒロ

  4. 4

    韓国の若者「日本の給料は安い」

    WEDGE Infinity

  5. 5

    おじさんが若者と会う時のルール

    内藤忍

  6. 6

    眞子さま 小室さんと出会い変化

    文春オンライン

  7. 7

    暴行慶應生 親族企業で役員の顔

    SmartFLASH

  8. 8

    武井壮が駅伝騒動への称賛に疑問

    キャリコネニュース

  9. 9

    橋下氏 原発めぐるバトルの裏側

    AbemaTIMES

  10. 10

    松本人志&さんま 発言の差が話題

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。