記事

アングル:「1兆ドル突破」銘柄、アップルの次はどこか


[サンフランシスコ 3日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>に次いで米上場企業で2番目に時価総額1兆ドルを突破する銘柄の座を巡り、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>とマイクロソフト<MSFT.O>、アルファベット<GOOGL.O>が激しく争っている。

アップル株は過去12カ月で34%上昇し、2日に時価総額が1兆ドルを超えた。3日にはさらに買われ、終値ベースの時価総額は1兆0050億ドルとなった。

S&P総合500種がこの間14%の上昇にとどまったのに比べるとアップルの値上がりは素晴らしいが、同じ期間にアマゾンは急速な売上高と利益の伸びに後押しされ、何と85%も高騰した。

その結果アマゾンは時価総額8890億ドルと米上場企業第2位の座を占めている。これに続くのがアルファベットの8560億ドルとマイクロソフトの8300億ドルだ。

シノバス・トラストのポートフォリオマネジャー、ダン・モーガン氏は、自身が最も多く保有する銘柄はアマゾンで、クラウドコンピューティング分野で支配的な地位を築いている点が理由だ説明。「3社の中でアマゾンが次に1兆ドルに達するだろう」と述べた。

トムソン・ロイターのデータによると、アナリストが示す目標時価総額の平均はアップルが1兆0500億ドル、アマゾンが1兆0200億ドル、アルファベットが9700億ドル、マイクロソフトが9530億ドルとなっている。

株価のこれまでの上昇ぶりが、将来の値動きを占う信頼できる手掛かりにならないのは確かだし、アマゾンの近年の高騰は大半の尺度から見て異例だ。それでもアップルとアマゾンがいずれも過去12カ月のペースで上昇を続けるなら、年内にアマゾンの時価総額はアップルを追い抜くとみられる。

(Noel Randewich記者)

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢田研二の公演中止は罪深き甘え

    常見陽平

  2. 2

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  3. 3

    都職員VS客 150人が築地で買い物

    田中龍作

  4. 4

    よしのり氏「沢田研二は哀れ」

    小林よしのり

  5. 5

    謎の会社、ギガファイル便を直撃

    BLOGOS編集部

  6. 6

    死ねの書き込み おっぱいで消滅

    倉持由香

  7. 7

    沢田研二のドタキャンはプロ失格

    かさこ

  8. 8

    貧困層見ない堀江氏の読解力考察

    田中俊英

  9. 9

    朝日「安倍支持ネット民は貧乏」

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    歌姫の発言でトランプ氏ピンチに

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。