記事

イラン大統領、米大統領の会談提案を拒否 「協議は誠実さ必要」

[アンカラ 6日 ロイター] - イランのロウハニ大統領は、トランプ米大統領による会談の提案を退ける姿勢を示した。

米国はイラン核合意からの離脱に伴う制裁猶予が期限切れとなることを受け週内に一部の制裁措置を復活させる方針を示しており、イランが制裁復活を回避したい場合はミサイル・核プログラムについて交渉の場に着くよう呼び掛けている。

これについてロウハニ大統領は国営テレビで生中継された演説で、「われわれは常に外交と協議を重んじているが、協議には誠実さが必要だ」とし、「米国はイランに対し制裁措置を導入し、(2015年の)核合意から離脱した。そのうえでわれわれと協議する意向を示している。トランプ大統領の直接交渉を巡る呼び掛けは選挙を前にした国内向けの姿勢に過ぎない」と述べた。

そのうえで、「米国は国際社会ですでに孤立している」とし、イランに対する制裁措置導入を後悔すると述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

「イラン核問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バス旅番組巡る田舎叩きは的外れ

    川北英隆

  2. 2

    米政権 日本に中国排除を要求か

    文春オンライン

  3. 3

    武蔵小杉にみるタワマンの問題点

    ヒロ

  4. 4

    韓国の若者「日本の給料は安い」

    WEDGE Infinity

  5. 5

    おじさんが若者と会う時のルール

    内藤忍

  6. 6

    眞子さま 小室さんと出会い変化

    文春オンライン

  7. 7

    暴行慶應生 親族企業で役員の顔

    SmartFLASH

  8. 8

    武井壮が駅伝騒動への称賛に疑問

    キャリコネニュース

  9. 9

    橋下氏 原発めぐるバトルの裏側

    AbemaTIMES

  10. 10

    松本人志&さんま 発言の差が話題

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。