記事

ルーターを「仮想通貨ゾンビ」にする悪質ウイルスが拡散中

Lee Mathews , CONTRIBUTOR

Andrei Metelev / shutterstock

調査企業「Trustwave」の発表によると、サイバー犯罪者らが「MicroTik」社製のルーターをターゲットとしたマルウェア攻撃をしかけ、既に20万台以上のデバイスを感染させたという。

被害に遭ったルーターの大半はブラジル国内のものだというが、Trustwaveはその他の国にも感染が広がっていることを突き止めた。サイバー犯罪者らはこれらのルーターを用い、仮想通貨の採掘を行なっている。

ルーター内部のプロセッサのパワーは、スマートフォンやタブレットには劣るが、インターネットにデバイスを接続する以外の目的にも利用可能だ。犯罪者らはルーター内部に密かに潜り込ませたマルウェアを用い、仮想通貨をマイニングしている。

このマルウェアはユーザーの個人情報を盗み出すことはないが、プロセッサに大きな負担を与えるため、発熱を引き起こす。そのため、感染したルーターは接続スピードが低下し、動作不能になるケースもある。ルーターを仮想通貨のゾンビにするような恐ろしいマルウェアだ。

仮想通貨をマイニングするマルウェアは、スマートフォンでも確認されていたが、その際も端末が発熱することが確認されていた。部屋の隅に置かれたルーターが発熱すれば、最悪の場合、火災の原因にもなり得る。

現在、Microtikのルーターを使用している人は、最新のファームウェアをインストールすることでこの被害を防げる。TrustwaveによるとMicroTikは今年4月の時点で、このマルウェア感染を防ぐパッチをリリースしていたという。

あわせて読みたい

「ウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    50人以上応募 音喜多新党に期待

    早川忠孝

  5. 5

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  6. 6

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  7. 7

    文大統領の苦しい国家運営と外交

    ヒロ

  8. 8

    マツコが悟った松田聖子のすごさ

    SmartFLASH

  9. 9

    「汚い顔は失礼」神田うのが炎上

    女性自身

  10. 10

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。