記事

お洒落空間の”正統派ラーメン”がうまい! この道50年の職人が作る、「おいしいラーメン」の秘訣


Summary
1.カフェ空間でラーメン? 異彩を放つラーメン店が上野エリアに誕生
2.おすすめは、店主自信作の正統派ラーメン「淡麗 醤油」
3.清涼感あふれる「淡麗 塩レモン」、ゴマと味噌が相性抜群な「冷や汁つけめん」も必食

アメ横に来たら絶対行きたい! どんな世代にも愛される正統派ラーメン「淡麗 醤油」

「おいしいラーメン」と聞いて、思い浮かべるラーメンが誰しも一つはあるはず。

昔おばあちゃんと中華屋さんで食べた懐かしい味、疲れた身体に染み入るあの味。だしを効かせた混じり気のない澄んだスープに、つるつるの麺。今日食べても、また明日も食べたくなる味。
それぞれ違いはあれど、多くの人が思い描く「おいしいラーメン」とは、やはり醤油ラーメンのような正統派ラーメンのことなのかもしれない。

そんな正統派ラーメンで、今話題の店がある。上野からほど近い御徒町に2018年4月誕生した『案山子(かかし)』である。


真っ白な外観が目を引き、通りすがりの人も中の様子を気にかけていく。

清潔感溢れる店内には観葉植物が飾られ、壁に描かれているウォールアートは間接照明に照らされている。ガラス製のウォーターサーバーにはレモン水が完備されており、ラーメン店というよりもカフェのような雰囲気が漂う。


このオシャレな店内からは想像しにくいが、看板メニューの「淡麗 醤油」は昔懐かしい正統派の骨太なしょうゆラーメン。そのカウンター席に男性客が多く見られるのも不思議はない。


こちらが店長の和田孝路さん自信作「淡麗 醤油」(写真上)。

トッピングにはカボチャ、水菜、レンコン、赤唐辛子、チャーシューが彩り豊かに盛り付けられている。
水菜とレンコンのシャキシャキとした歯触りと、カボチャのほんのりとした甘みは、だしの効いたスープに引き立てられ、おもしろいアクセントとなっている。


スープは比内地鶏を丸ごと使い、じっくり火入れして取っただしに、魚介のうまみを凝縮した醤油だれを合わせたもの。
化学調味料不使用・合成保存料無添加の『寺岡有機醸造』の醤油を贅沢に使用し、絶妙なバランスで配合することで程よいコクを感じさせる。


麺は老舗製麺所『浅草開化楼』の麺を使用。
「淡麗 醤油」は中太麺で提供しているが、他にも細麺と太麺があり、食券購入時に選べるようになっている。
※つけ麺は太麺での提供のみ
※「淡麗 醤油」以外の麺メニューでは、要望があれば食券購入後に中太麺に変えられる。


チャーシューは肩ロースと豚バラの2種類を用意。
肉の具合を見て煮込み時間を調整することで、ジューシーで柔らかい仕上がりになる。濃い目で甘辛い味付けのタレがしっかりと染み込んでいる。


店長の和田さんはラーメン一筋50年!
ご自身の作るラーメンを「ありきたりのラーメン」と言い切る和田さん。その言葉に、50年の重みを感じる。

「ラーメンもチャーシューも毎日の積み重ね。特別変わったことはしていない」という言葉通り、食材は至ってシンプルだ。


綺麗に磨きあげた厨房で、こだわりの食材を選び、素材や環境の変化に丁寧に向き合う。そして食べる人の身体を想い、ただただおいしいラーメンを作ることだけを考える。

そんな”ありきたり”のラーメンは、必要以上の個性を出したり主張をしなくても、心にじんわりくるほどおいしい。どこにでもありそうなのに絶対に真似できない、まるで家庭料理のような愛に溢れたラーメンだ。

夏にオススメ! 清涼感がたまらない、すっきり「淡麗 塩レモン」

『案山子』では、「淡麗 醤油」以外の期間限定メニューもおすすめだ。


9月末までの期間限定! 見た目も爽やかな「淡麗 塩レモン」(写真上)。

スライスレモンのインパクトと水菜に添えられたエディブルフラワーがなんともフォトジェニック。
レモンは搾らず添えるだけなので、酸味は控えめで爽やかな香りを楽しめる。つくねは軟骨入りでコリコリとした食感を残している。


澄んだ色が美しい比内地鶏の丸鶏スープ。あさりとあごだしの味わいは優しく、じわじわと身体に染み込んでいく。
新感覚でありながら、どことなく懐かしさを感じるところに『案山子』らしさが出ているようだ。


麺は細麺で全粒粉入り。
栄養価の高いことで人気の全粒粉入りの麺が、さっぱりとした丸鶏スープの塩ラーメンによく合う。一般的なラーメンを食べた後に感じるような罪悪感はなく、むしろ身体の調子を整えてくれそうなすっきりとした味わいだ。

もちもちのタピオカ麺と麦ご飯で二度おいしい! すりごまと麦味噌の「冷や汁つけめん」

夏に嬉しいメニューはこれだけではない!


ひんやりとして身体も喜ぶ、夏季限定(9月末まで)「冷や汁つけめん」(写真上)。
麺、スープとともに運ばれて来るのは、たっぷりのゴマが入ったすり鉢。こちらのメニューは、お客自身でゴマをすってつけ汁を作る斬新なスタイルが魅力である。


▲ゴマをお好みの具合まですり、その上からスープを注ごう。
すり鉢は大きめで、底が平らになっているので、ゴマがたっぷりと入っていてもすりやすい。


スープと合わさることで、ゴマの芳ばしい香りが堪能できるつけ汁が完成。
また、このつけ汁には、浅草の老舗味噌店から仕入れた甘口の麦味噌をベースとして使用している。ゴマの香りを引き立てる穏やかな甘みが特徴だ。


濃厚なつけ汁との相性を考え、麺はタピオカ入りの太麺を使用。しっかりとした弾力があり、もちっとした食感である。
そして、冷や汁として両者が合わさると、まさに相性抜群。麺にスープがよく絡み、箸が止まらないおいしさだ。また、冷や汁であるため、ゴマと麦味噌の芳醇な味わいがすっきりと堪能できる、夏に嬉しい一品である。

楽しみはまだ終わらない。


「冷や汁つけめん」には、なんと五ツ星お米マイスターが厳選したもち米入りのブレンド米がセットで付いてくるのである。
冷や汁のベースである麦味噌と相性がいいのは言うまでもなく、プチプチとした麦の食感とキュウリ、シソ、ミョウガなどの薬味野菜の清涼感がたまらない、最高のシメとなっている。

どのラーメンも、進化をしながらも、根底にある古き良きスタイルが見え隠れする『案山子』のラーメン。食べる人によって新しさを感じたり、懐かしく思ったり、いろいろな受け止め方ができるのがおもしろい。

老若男女が集い、外国人観光客も多く見られる御徒町だからこそ、そのブレない職人技で多くの人に愛されるラーメンを作り続けてほしいと願っている。


【メニュー】
淡麗 醤油 850円
淡麗 塩レモン 780円
冷や汁 つけ麺 950円
※価格はすべて税込

案山子(かかし)

住所
〒110-0005 東京都台東区上野6-2-11
電話番号
03-5826-4066
営業時間
11:00~23:00 (L.O.20:30)
定休日
年中無休
ぐるなびページ
https://r.gnavi.co.jp/gzmc69340000/
公式サイト
https://www.instagram.com/kakashi.tokyo/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

レストラン東京御徒町上野ラーメン

あわせて読みたい

「ラーメン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬へ?

    田中龍作

  3. 3

    容疑者脱走 取材班に住民が迷惑

    NEWSポストセブン

  4. 4

    石破氏に軽減税率の阻止を期待

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    客離れに苦しむ鳥貴族の戦略ミス

    MONEY VOICE

  6. 6

    金足農 甲子園躍進で予算ピンチ

    キャリコネニュース

  7. 7

    翁長氏の治療批判する記事に苦言

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    すぐそこに迫る脱・現金化の大波

    MONEY VOICE

  9. 9

    愛子さまにボーイフレンドのお噂

    SmartFLASH

  10. 10

    いつまでPCを持ち歩く必要あるか

    楠 正憲

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。