記事

杉田水脈議員、本当に真摯に受け止めたんですか?研鑽って何をするんですか?


自民党は「LGBTは”生産性”がない」と寄稿した杉田水脈議員に対して、「問題への理解不足と関係者への配慮を欠いた表現がある」として、今後注意するよう指導したとの見解をホームページに掲載した。杉田氏「真摯(しんし)に受け止め、今後研鑽(けんさん)につとめて参りたい」というコメントを発表したという。朝日新聞が報じている。

自民、LGBT寄稿の杉田氏に指導 関連団体「不十分」:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL827KQ0L82UBQU00Z.html

いかにもな、永田町話法である。何をどう真摯に受け止めたのか?研鑽とは具体的に何をするのか?この対応と反省自体が、反省していないことが明らかになっていないか。こうした策謀の貫徹など、絶対に許してはならない。

拙稿でも指摘したが、彼女の論考が二階幹事長の言う「多様な人生観」のその前に、事実誤認の連続であることは明々白々である。瞞着性と欺瞞性の特盛、肉増し、ご飯増し状態だ。

自民党杉田水脈衆議院議員の『新潮45』への寄稿は不適切発言の特盛である
http://blogos.com/outline/312789/

杉田水脈議員も自民党も、LGBTや人権に関する問題を虚心に直視し、文字通り真摯に顧みて、敬虔な反省を持つべきだ。この問題は海外でも報じられた。国益に反する行為を彼女は行ったのだ。まともな保守、右なら、彼女や自民党にもっと怒るべきではないか。この猖獗した時代に私は警鐘を乱打したい。自民党と彼女の対応を断じて許すな。

この徹頭徹尾、事実誤認に満ちた文章を掲載した『新潮45』も罪深い。次号で経緯説明を行うべきだ。


他にも自民党では、人権を踏みにじる発言をする議員の問題が露見している。そろそろ人権の勉強会を開きなさい。


フラットバッカーなら、こう言うだろう。
いい加減にしなさいよ、今に痛い目にあうわよ。

娘も怒っている。

あわせて読みたい

「杉田水脈」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都民ファ事務総長の給与額に驚き

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  2. 2

    日本を叩くドイツメディアの無知

    MAG2 NEWS

  3. 3

    報ステ降板の小川アナ もう限界

    文春オンライン

  4. 4

    旅行キャンセルのはずが高額請求

    水島宏明

  5. 5

    沖縄知事選の争点は移設ではない

    中田宏

  6. 6

    不出馬なら議員辞職 玉城氏覚悟

    田中龍作

  7. 7

    デブかブス 女芸人の需要に苦悩

    松田健次

  8. 8

    玉城氏 周囲が出馬止める恐れも

    田中龍作

  9. 9

    阿波踊り騒動の徳島市長が大反論

    文春オンライン

  10. 10

    よしのり氏「石破氏応援したい」

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。