記事

江戸時代は賭博の常習者やフェイクニュースで死刑も?歴史学者・河合敦氏と橋下氏が日本史談義


 18日に放送されたAbemaTV『橋下徹の即リプ!』で、与党が推進するカジノ法案などについて、歴史研究家の河合敦氏と、法律家でもある橋下徹氏がそれぞれの視点からトークを展開した。

 まず、河合敦氏が「1300年以上前、持統天皇の頃から双六を使った賭博があったと言われていますがが、基本的に歴代の政権はギャンブルを国家の収入にするという発想はなく、禁止する方向でした。耕作をしなくなるといった理由からです。

江戸時代にもサイコロの賭博が流行り、賭場を開いた主催者は流罪にされました。お客さんは見つかっても罰金刑で済んでいましたが、抜け出してまた賭博をしていた常習者は死刑にされていたようです。やはり幕府は年貢が入ってこなくなることを心配していました。

負けても賭場でお金を借りることができたので、どんどん借金が膨らみ、田畑が売られて、江戸時代終わりには農村が荒廃するといったことも起きてきましたから」

と話すと、橋下氏は現代の弁護士として「他人を害することについては国家が行動を制限するというのが現在の法律の柱で、自分を害する行為まで禁じるのはパターナリズムと言われていて、未成年はともかく、大人は自分で考えなさい、という考え方」と説明。


 「大人が賭博をやっても誰も害しないし、風紀を乱すとか、勤労意欲が削がれるというのも、個々人が自らを律すればいい話。ただ、お金が反社会勢力に流れると可能性があるから制限・禁止されている。そして、政権が禁止したとしても、必ずどこかで隠れてやるし、闇に流れていくだけ。であれば表に出して、制限して管理するのがいいと思う」と訴えた。

 また、SNSによって、容易にフェイクニュースが拡散してしまう昨今だが、河合氏によると、江戸時代にはデマを流すことも厳しく禁止されていたという。

 「デマは場合によっては死刑でした。元禄時代に"馬が人の言葉を喋った"という噂が江戸市中に出回ったことがあり、驚いた幕府がその馬か、噂を流した者を見つけてほしいとお触れを出しました。結局、その噂を流した張本人は見つかって斬られてしまいましたね。

徳川綱吉が死んだとき、奥さんに刺殺されたという噂が流れ、それを禁じたこともありましたが、やっぱり幕府としては、噂の力によって政権が動揺するのが嫌だったんですね。それでも怪しい"かわら版"、今で言うフェイクニュースはよく流行ったんです。人魚を捕獲したとか、熊本の沖合で怪獣が出たとか。

江戸から大阪まで最短3日半で情報が伝達していましたし、みんな面白くて読んでいたんですね。二人一組で売って、役人が来るとサーッと逃げていたようです」。 


 橋下氏は「今の法律の考え方では、個人の名誉を害したわけでもなく、特定の業務を狙い撃ちして妨害したわけでもないものについては取り締まりの対象はなりにくい。誰にも迷惑をかけていない、ちょっと気軽な嘘まで規制してしまえば表現統制になり、独裁国家になってしまうから。基本的には自由、というのが民主主義国家の考え方だから」と説明していた。

 さらに橋下氏は江戸時代の裁判について「検察官と裁判官が一緒だから、公平も公正もなかった」と指摘。

河合氏も「すべてが自白だよりで、自白させるために拷問していました。石抱きや、海老攻めといって、ロープで縛って転がしておくとか。怖がって思わず自白しちゃう人もいたはずなので、冤罪も多かったでしょうね。70万円くらいでも盗んだら死刑でした」と話していた。(AbemaTV/『橋下徹の即リプ!』より)

あわせて読みたい

「江戸時代」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬へ?

    田中龍作

  3. 3

    容疑者脱走 取材班に住民が迷惑

    NEWSポストセブン

  4. 4

    石破氏に軽減税率の阻止を期待

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    客離れに苦しむ鳥貴族の戦略ミス

    MONEY VOICE

  6. 6

    金足農 甲子園躍進で予算ピンチ

    キャリコネニュース

  7. 7

    翁長氏の治療批判する記事に苦言

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    すぐそこに迫る脱・現金化の大波

    MONEY VOICE

  9. 9

    愛子さまにボーイフレンドのお噂

    SmartFLASH

  10. 10

    いつまでPCを持ち歩く必要あるか

    楠 正憲

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。