記事

このままでは怖いマイクロプラスチック 知らないうちに拡散する脅威の源

1/2

 プラスチック製ストローやめます――。こんな動きがにわかに世界で広がっています。
アメリカのコーヒーチェーン大手のスターバックスは7月9日、2020年までに全世界の約2万8000の店舗でプラスチック製ストローの使用を廃止すると発表しました。米アメリカン航空も同様の方針を明らかにしています。

 欧州連合(EU)では5月、皿やストローなど10種類の使い捨てプラスチック製品を対象に、それらの使用を禁止する新たな規則案を発表しました。この案では、代替素材に切替えられるプラスチック製品の使用を禁止するほか、2025年までに使い捨て飲料容器の90%を回収することの義務付けなどが盛り込まれています。さらに昨年末には、中国政府が廃ペットボトルなどのプラスチックごみの輸入を禁止しました。

 こうした世界的なプラスチック規制の動きの背景にあるものとは、「海を漂うプラスチックごみ」の問題です。

【動画】カタクチイワシの約8割から検出、懸念されるマイクロプラスチックとは

小さくなっても消えてなくならない

 私たちの生活に欠かせないプラスチック製品。これには、ペットボトルのような硬いものから、レジ袋や発泡スチロールのように柔らかいものまで形や種類はさまざまです。日本では、それらは資源ごみとして捨てられた後、適切に回収され、一部はリサイクルされて新しいものに生まれ変わります。しかし、そのすべてがうまく処理されているわけではありません。実はペットボトルをはじめとするプラスチック製品の多くが、何らかの形で海に流れ出しているのです。

 日本ではプラスチックごみが路上に落ちている印象はそれほど強くないかもしれません。ですが、実際に見て驚いたのが下の写真です。1年以上前、プラスチックごみの問題に関心を持ったころ、「ちょっと見に行ってみよう」という軽い気持ちで、日本科学未来館(東京・お台場)からほど近い海岸で見つけたのが、この写真の光景でした。

[写真1]東京湾の海岸に打ち上げられた夥しい数のペットボトルなどのプラスチックごみ

 やはりペットボトルが目立ちますが、レジ袋や発泡スチロールなど実にさまざまなプラスチックごみが集まっています(この場所は今では清掃され、とてもきれいになっています)。よく見ると、大きなプラスチックごみの間を埋めるように小さなごみが広がっているのが分かります。

 これらは、もともと大きかったプラスチックゴミが紫外線などでだんだんもろくなって砕け、小さくなったものです。そのうち、5ミリ以下のものは「マイクロプラスチック」と呼ばれます。プラスチックは小さくなっても消えてなくなることはありません。これが、ごみとして海に流れ出てしまったプラスチックのやっかいなところなのです。

海に拡散するマイクロプラスチック

 これを見た私は、マイクロプラスチックの現状を調べるべく、昨年3月、マイクロプラスチックの研究をしている磯辺篤彦教授(九州大学応用力学研究所 大気海洋環境研究センター)に話を聞きに行きました。

[写真]磯辺篤彦教授

 磯辺教授がマイクロプラスチックの研究を始めたのは2008年ごろ。当時、論文はそれほど多くなかったそうですが、今では頻繁に論文が発表され、新しくてホットな研究分野になってきたと言います。

 磯辺教授の研究は、マイクロプラスチックの動態、つまり海に流れ出たプラスチックがどのように5ミリ以下にまで小さくなり、運ばれ、消えていくのかを調べることです。プラスチック製品の多くは海水に浮くため、表層付近を漂流します。そのため、研究に使う海水サンプルは海面から1メートルほどの深さで採取するそうです。

[写真2]左が南極海の海水サンプル。底に白っぽく見えるのはプランクトン。右が海水サンプルから固体物を一つひとつ取り出して水で洗う作業

 「写真2」の左は南極海から送られてきたサンプルです。底に見える白いものはプランクトンだそうです。この海水サンプルから、写真右のように固体物をピンセットで一つひとつ取り出しては水で洗う作業を繰り返していきます。

[写真3]海水から集められたプラスチック片。小さい方のマス目が5ミリ四方で、それ以下の大きさがマイクロプラスチックに区分される

 こうして集まったプラスチック片が「写真3」です。小さなマス目が5ミリ×5ミリを表しており、その中に収まるものがマイクロプラスチックに区分されます。それぞれの破片の大きさは、顕微鏡を使って一つひとつ見ながら測ります。

 また、見ただけではプラスチックかどうか判断できないものもあります。その場合は、吸光分析という方法を使い、破片に含まれる成分を科学的に分析して判別します。このようなとても地道な作業を研究員の方たちが手際よく進めていました。

 磯辺教授の研究室が2014年に東京海洋大学と共同で行った調査によると、主に日本海を中心とした東アジア域で、1平方キロあたりに浮かんでいるマイクロプラスチックの量(=浮遊密度)が、世界の他の海域に比べて突出して多いことが分かりましたす。これは、東アジア諸国から海に流れ出たプラスチックが、対馬海流や黒潮の影響によって日本近海に漂流してきたためと考えられています。このことから、東アジア域はマイクプラスチックの「hotspot」(ホットスポット)と言われています。

[図1]Isobe,A., K.Uchida, T.Tokai, S.Iwasaki“East Asian seas: a hot spot of pelagic microplastics”, Marine Pollution Bulletin, 101, 618-623, 2015より改変

 磯辺教授の研究室では、調査で分かったマイクロプラスチックの分布状況から、それらがどのように海洋を移動してきたのかを解析・モデル化し、今後、海に浮かんでいるマイクロプラスチックがどのように広がっていきそうかを予測する研究を行っています。

 磯辺教授は、環境省による海ごみ調査にも学識者として携わっています。その調査の中で、海を漂流するごみを観測して得られたデータを基に、それらのごみがどのように海を移動していくのかを推定するシミュレーションを行いました。以下のシミュレーション動画を見ると、日本から出た「海のごみ」が領海を越えた地域まで広がっていく可能性があることが分かります。

■シミュレーション動画環境省HPより抜粋)
【海洋ごみシミュレーション(平成28年度)】能登半島西方
【海洋ごみシミュレーション(平成28年度)】東シナ海
【海洋ごみシミュレーション(平成28年度)】鹿島灘
【海洋ごみシミュレーション(平成28年度)】熊野灘

あわせて読みたい

「環境汚染」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  2. 2

    関口宏3選チクリ 自民議員が反論

    和田政宗

  3. 3

    日村の淫行疑惑に高まる擁護論

    女性自身

  4. 4

    キングオブコントV逸 痛恨のミス

    メディアゴン

  5. 5

    中居正広がTVで語った本音に感銘

    文春オンライン

  6. 6

    沖縄で選挙応援する小池氏に苦言

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    安倍首相の続投で国民が払うツケ

    MONEY VOICE

  8. 8

    人生後半を「福岡に住む」選択肢

    内藤忍

  9. 9

    よしのり氏が原理主義者に苦言

    小林よしのり

  10. 10

    大正製薬 特許切れで人員大削減

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。