記事

「安倍3選」閣僚候補名簿に「スキャンダル議員復権内閣か!」

【色々あった人たちがどんどん復権か(時事通信フォト)】

 安倍晋三首相は、国会終盤で参議院の定数を6増する公選法改正案や国民の批判が強いカジノ実施法案を強行採決していった。まるで火事場泥棒同然のやりかただ。

 それでも自民党内からほとんど批判があがらなかったのは、議員たちの関心が総裁選後の内閣改造に移っているからだ。党内には複数の閣僚名簿案が流布され、「安倍3選」の撒き餌として使われている。

〈官房長官・下村博文、総務大臣・小渕優子、経産大臣・甘利明……〉

 そうした“閣僚名簿”の一つに登載された顔ぶれを見て、入閣待望組議員は「これじゃスキャンダル議員復権内閣じゃないか」と思わず声を上げた。

「今回は安倍さんにとって最後の総裁選だ。3選すれば遠慮なく信頼するお友達を起用できる。出身派閥の細田派には、“総理の花道を飾りつけする官房長官は外様の菅(義偉)さんの再任ではなく、我が派から出すべきだ”という声が渦巻いている。安倍さんも総理を勇退後は派閥の会長になるつもりだから、派閥の希望を尊重するはずです。派内から官房長官を選ぶ場合、本命は側近筆頭の下村氏、対抗は松野博一・元文科相だろう」(細田派議員)

 甘利氏もスキャンダルで一度は失脚したが、首相と麻生太郎・副総理の信頼は厚く、昨年の内閣改造でも復権入閣が検討されていた。

 もう一人の小渕氏の入閣は、「竹下派はプリンセス優子を早く復権させて将来の総理・総裁候補に育てたがっている。同派が総裁選で安倍3選支持に回れば、論功行賞で小渕氏を野田聖子氏に代わって総務大臣に入閣させる可能性が高い」(同前)と見られているのだ。

※週刊ポスト2018年8月3日号

あわせて読みたい

「内閣改造」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    豊洲移転 築地の悪慣習断ち切れ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  2. 2

    森友ゴミ問題 朝日一面は誤報か

    和田政宗

  3. 3

    ついに4万円台 新型ルンバの戦略

    WEDGE Infinity

  4. 4

    立憲民主党は消費増税の対案出せ

    鈴木宗男

  5. 5

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  6. 6

    川上量生氏の知財意見書にあ然

    やまもといちろう

  7. 7

    志村けん「バカ殿もうできない」

    女性自身

  8. 8

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  9. 9

    遺品でW不倫発覚 消えた女子アナ

    NEWSポストセブン

  10. 10

    片山さつき氏 100万円で口利きか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。