記事

中国人エリートが"日本の介護"を羨むワケ

1/2
14億人を抱える大国・中国。日本は経済や外交で圧倒されつつあるが、その勢いは続きそうにない。30年後には5億人が60歳以上の「老人超大国」となるからだ。『中国未来の年表』(講談社現代新書)を出したジャーナリストの近藤大介氏は、いま中国のエリートたちは日本の「介護業界」に目を付けているという。彼らはなにを企んでいるのか――。

■中国でも「少子高齢化」がはじまっている

――『中国未来の年表』は、東アジア情勢を長年取材する、近藤さんの25冊目の著書です。今作を人口問題を切り口に書かれたのはなぜですか?

近藤大介氏

河合雅司さんの『未来の年表』を生んだ講談社現代新書の編集部から、中国について「人口動態」を切り口に書かないかと持ちかけられたのがきっかけです。中国政府が発表する統計上の数字は、経済、貿易関係など、素直には信じがたい数字も、時にあります。ただ、こと人口については、比較的まだ正しいことを言っているように見えますから。

2017年、14億近い人口を誇る中国でも、人口減少が始まりました。理由のひとつは1979年から始められた一人っ子政策です。当時、中国の「2代目皇帝」こと鄧小平は、人口激増を憂慮して人口抑制策を推進したわけで、それはある意味で成果を出した。国民が子供を1人しか産まなかったら、人口が増えるわけがありません。

――しかし、「一人っ子政策」はマイナスが大きかった。

結果的に、そう言わざるをえないでしょう。この政策で起こった弊害の1つが、利権化です。一人っ子政策を推進する役所が次々と生まれ、公的制度も整えられた。「一人っ子政策」にかかわる公務員だけで10万人以上いて、「一人っ子政策利権」という言葉も日常的に使われています。

■「子供が1人が当たり前」というマインドが根付いた

そして、人口は抑制できたとはいえ、老人が多く若者が少ないという人口ピラミッドになってしまい、将来の社会保障費の圧迫や労働人口の減少が課題になってきました。事態を重く見た「新皇帝」習近平が2013年に方針を転換、一人っ子政策を改めて「二人っ子政策」がはじまりましたが、やはりおそすぎた。そう簡単に庶民のマインドが変わるわけがありません。2010年の時点で中国の一人っ子の数は1億4000万人で、日本の人口より多いという現実があったくらいですから。中国は都市のインフレがひどく、子育てコストが高い。一方で、地方では公共サービスが行き届いていません。急速な経済成長をしているとはいえ、まだまだ中国の国民は今日の生活で精一杯という人が多いわけで、経済的な理由から子供を作りたがらない。結果、子供を2人も産むような人は多くないんですね。

――子育てコストが高くて子供が産めないという問題は、日本と似ていますね。

はい、そうです。しかも、中国のいまの子育て世代は一人っ子政策後に生まれた「八○世代」。彼らは、「四二一家庭」と呼ばれる、祖父母4人、父母2人、子供1人の環境で男の子は「小皇帝」、女の子は「小公主」と散々甘やかされて育った。

周りを見渡しても、「子供は一人が当たり前」という環境で育ったわけです。さらに、手厚く育てられたゆえに、個人の生活の充実を重視している人が多く、「夫婦2人の時間を楽しみたい」というDINKSも増加しています。

私は今年の正月に北京で、2人目の子供が生まれたばかりの友人家族にお祝いの食事をごちそうしたのですが、お店の若いウエートレスがにこにこした顔で赤ちゃんをあやしながら、こういったのです。

「私があやしていますから、どうぞ食事を楽しんでください。なにせ私は今日生まれて初めて『2人目の子供』なるものを目にしたので、うれしくて仕方がないんです」

そういえば、私にとっても、2人目の子供を産んだ中国人の知りあいはその友人が初めてでした。「政府は『三人っ子政策』を進めたがっているが、若者は誰も3人目なんて作らないよ」と彼は言っていました。

■結婚適齢期の男性が3000万人余る

――人口のお話でいうと、本書にある「2020年の中国では、3000万人の男余りが起こる」という指摘は興味深いです。

中国の新生児の男女比は、女性を100とすると男性が118と、不自然に男性が多い。これは2010年の数字ですが、過去に男性が120を超えた年が3回もあります。WHO(世界保健機関)は女性100人に対して男性102~107人を正常としていることを考えればまさに「異常」。実際に、WHOは中国に是正勧告をしています。

この男女の生まれてくる数の違いによって、適齢期の男性が、女性よりも3000万人も多くなってしまうという事態が生まれるわけです。中国語では剰(あま)った男、「剰男(シェンナン)」と呼ばれ社会問題になっています。近年では、女性の社会進出も進み、男性は経済格差が激しいですから、女性のほうが眼鏡にかなう男性を選べる状態になっている。「持ち家もマイカーもないなんて考えられない」という、選り好みができるわけですね。そうすると、金のない、モテない男は「結婚難民」になってしまう。

そこで考えられるのが、中国人男性と他国籍の女性との結婚の増加。もう1つが、同性愛カップルの増加です。もちろん男が余れば同性愛が増えるというわけではありませんが、男性同士でカップルを公言する人は、中国でも増えています。

そして、2017年頃から中国で流行語になっているのが「空巣青年(コンチャオチンニエン)」です。

――日本では聞き慣れない言葉ですね。

日本でも見覚えがある光景だと思いますよ。空巣青年とは、北京や上海などの都会で一人暮らしをし、休日にも誰ともかかわらないで自宅でスマホをポチポチといじっている男たちのこと。一人っ子で生活にも余裕があり、ネットやメディアを使いこなしていて流行や趣味には敏感だけど他人と積極的に関わることはしない。そんな彼らにスマホゲームはぴったりの娯楽です。

今後、中国のソシャゲの市場はどんどん拡大すると見込まれているんです。このような青年たちの消費を指す「孤独経済」は大注目のビジネスになっています。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都民ファ事務総長の給与額に驚き

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  2. 2

    日本を叩くドイツメディアの無知

    MAG2 NEWS

  3. 3

    報ステ降板の小川アナ もう限界

    文春オンライン

  4. 4

    旅行キャンセルのはずが高額請求

    水島宏明

  5. 5

    沖縄知事選の争点は移設ではない

    中田宏

  6. 6

    不出馬なら議員辞職 玉城氏覚悟

    田中龍作

  7. 7

    デブかブス 女芸人の需要に苦悩

    松田健次

  8. 8

    玉城氏 周囲が出馬止める恐れも

    田中龍作

  9. 9

    阿波踊り騒動の徳島市長が大反論

    文春オンライン

  10. 10

    よしのり氏「石破氏応援したい」

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。