記事

市民ランナーが4年で100万人も減った謎

■一段落した「ランニングブーム」

真夏の時季でも、毎週のように各地で開催されている「市民マラソン大会」。2007年の「東京マラソン」をきっかけにランニング人口は増え続けていたが、実は「地方在住の40~50代男性」を中心に、このブームが一段落したようだ。

「スポーツライフに関する調査報告書」をまとめた笹川スポーツ財団によれば、2016年にジョギング・ランニングを年1回以上した人の数は推計で893万人だった(※)。前回の2014年調査は986万人、2012年調査では過去最高の1009万人で、これで2回連続の減少となる。つまり4年で100万人以上がジョギング・ランニングをやめてしまったことになる。2012年と2016年を比べると、40~50代男性で地方在住者の減少が目立つ。

※編注:笹川スポーツ財団の推計では、全体の人数と男女の合計が一致しないため、グラフでは男女の合計を編集部で再計算した。文中の数字は財団の推計値のままとしている。

「ランニング人口はそんなにいるの?」と思うかもしれない。この調査では、もっと本格的な「週2回以上の人」についても推計している。こちらもピークは2012年の385万人で、2014年は374万人、2016年は364万人と減っている。ただし「年1回以上」に比べると、落ち込みはゆるやかだ。

つまり、「ランニング離れ」は“真剣派ランナー”ではなく、“お試し派ランナー”で起きていると推察できる。この現象は、以下で紹介する数字と併せて考えると、非常に興味深い。




■「東京マラソン」に触発されて始めた人

「ランニング人気」が高まったのは、2007年からといえる。この年、リニューアルされた第1回「東京マラソン」(前身は1981年~2006年まで実施された「東京国際マラソン」)が開催され、多くの一般ランナーが首都の公道を走る姿が話題となった。以来、全国各地で市民マラソン大会やランニング大会が激増した。

陸上大会の関係者によると、「10年前の大会数は約800。それが現在ではネット上に登録のある大会だけで約1800。小さな大会を合わせると約2800」となっている。

これほどマラソン大会は増えたのに、なぜランナーは減っているのか。まずはスポーツマーケティングの視点で、次の2つに分けて考えてみよう。

(1)Do Sports(やるスポーツ)
(2)See Sports(見るスポーツ)

この2つは時に連動もする。「東京マラソン」で市民ランナーが楽しく走る姿を見た、一定数の人が、自分もやってみようと始めたのだろう。他の種目に比べて初期投資費用が安く、手軽に始められるなど敷居の低さもある。ランニングは、最も(2)を見て、(1)になりやすい種目といえる。ウォーキングから始め、ジョギング→ランニングと進むことも可能だ。

人気を呼べばメディアも取り上げる。当時、筆者が寄稿していた大手ビジネス誌からも「ランニング本」が刊行されて売れた。同編集部にはランニングチームも結成されたそうだ。

■「健康は自己責任」風潮も後押し

「東京マラソン」の翌年、2008年4月には厚生労働省が推進する「特定健診・特定保健指導」が始まった。日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病予防のために、「40歳から74歳までを対象に、メタボリックシンドロームに着目した健診」を国が勧めたのだ。

これ以降、“メタボ”という言葉が一般的となり、商機と見込んだメーカーや小売りなどから、さまざまな健康対策の仕掛けも行われた。「自己責任」と「健康志向」が結びつき、「健康は自己責任」意識もさらに高まったのだ。

別の調査結果も紹介したい。ランニングポータルサイト「RUNNET」が行った「ランナー世論調査2017」(回答者数1万7868人)によれば、ランニングを始めたきっかけ(複数回答)は、以下となっている。

・「運動不足解消」=55.3%
・「健康のため」(減量でない)=41.0%
・「ダイエット」(減量)=33.8%
・「レースに出場したいから」=28.1%
・「ストレス解消のため」=25.6%

こうした意識と各業界の仕掛けが合わさり、ランニング人口が急拡大していった。

■「仲間」がいないと続けにくい

それが、なぜここまで減ったのか。前述の数字で紹介したように“真剣派ランナー”と“お試し派ランナー”の意識の違いも大きいのだろう。先日、こんな話も聞いた。

「身体を動かすのが好きで時々走ります。でも冬は寒いし、重厚なウエアを揃えてまではやりません。Tシャツと短パンでできる時季だけです」(東京都の40代男性会社員)

ふつうのランナーは、この意見に象徴されるようだ。球技とは違い、1人で始められる代わりに、やりたくなければ走らないですむ。どの市民スポーツ種目でもそうだが、総じて“真剣派”は地域のスポーツクラブに所属し、“お試し派”は所属しない。もちろん「1日体験会」でハマった人が真剣派に変わることも多い。

前述の「地方の男性ほど走らない人が増えた」も考えてみよう。

小都市や町村部は、スポーツクラブが少なく、仲間をつくりづらい。特に女性に比べて、男性は孤立しがちだ。筆者は水泳を20年以上続けて大会に参加してきたが、クラブに属して仲間と交流すると濃密な情報も入る。一定情報はネットで収集できるが、「あの大会の会場は、ここが走りやすい(泳ぎやすい)」といった細かい情報は入手しにくい。

「大会」というと大げさに聞こえるが、音楽や美術でいえば「発表会」や「展示会」に相当し、日頃の練習の成果を披露する舞台だ。1人でランニングを楽しむ人は、良くも悪くも仲間や大会といった“縛り”がないので、よほど意志が強くないと継続しにくい。

■「ブーム」で終らせず定着させる方法

「ランニングを継続する上での悩み」は、前述の「ランナー世論調査」も聞いている。男女別の回答(複数回答)だが上位4つは共通で、順に「ケガ」「体力の衰え」「時間がない」「記録が伸びない」だ。中年期の男女は、仕事の忙しさもあれば加齢もある。

ただし筆者は、現在はブームの反動で一時的に減っても、また戻ってくる気がする。そのためには、冒頭の調査で減りが目立った40代、50代の男性(特に“お試し派”)が、1人でも続けられるように、敷居を低くする方法を考える必要がある。

この世代の男性は物事を真面目に考えすぎる一面がある。「適度な運動としてウォーキング」を勧められても、「時間がない」と尻込みしてしまう。帰宅後にスポーツウエアに着替えて歩かなくても、帰宅途中に最寄り駅の手前で降りて歩けばウォーキングになる。

それに気づいた人は、「スマホに歩数計アプリを入れて、こまめに歩くようにしています」(茨城県の50代会社員)と実践している。まずはここから始めてはいかがだろう。

歩きやすい「靴」と、手頃な「道」さえあればでき、その日の気分でウォーキングか、ジョギングか、ランニングか選ぶこともできる。速度表示も出る歩数計もあるので、記録に挑戦することも可能だ。もちろんヒザや腰が痛い日は休めばよい。もし本格的に興味を持てば、地域クラブの「1日体験会」を探して参加する手もある。

ランニングは、年齢や体調、自分のモチベーション次第で、「競技スポーツ」にもなれば「生涯スポーツ」にもなる種目だ。将来の「健康対策」の視点でも取り組みやすい。やめてしまった人は、まず仲間をつくるところから再開してみてはどうだろうか。

----------

高井 尚之(たかい・なおゆき)
経済ジャーナリスト・経営コンサルタント
1962年名古屋市生まれ。日本実業出版社の編集者、花王情報作成部・企画ライターを経て2004年から現職。「現象の裏にある本質を描く」をモットーに、「企業経営」「ビジネス現場とヒト」をテーマにした企画・執筆多数。近著に『20年続く人気カフェづくりの本』(プレジデント社)がある。

----------

(経済ジャーナリスト 高井 尚之)

あわせて読みたい

「健康」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  2. 2

    進次郎氏が石破茂氏についた理由

    PRESIDENT Online

  3. 3

    五輪ボラへの1000円支給は無意味

    キャリコネニュース

  4. 4

    マンション価格の高騰に危機感

    Chikirin

  5. 5

    クロ現「縁切り死」特集に大反響

    キャリコネニュース

  6. 6

    よしのり氏 新潮45を差別すべき

    小林よしのり

  7. 7

    今井絵理子議員 2期目は絶望的?

    女性自身

  8. 8

    リスク取らずの進次郎は負け組

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    沖縄知事選で自公系候補が猛追

    田中龍作

  10. 10

    ふるさと納税 制度見直しの真意

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。