記事

猶予は11月まで。金正恩に笑顔を向けるトランプが北に攻め込む日

Flickr

訪朝した米国国務長官に北朝鮮は非核化スケジュールを示せないばかりか、米国側から「制裁解除は非核化の後」と改めて宣言されてしまいました。国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で今後の北朝鮮問題の推移を予測。11月に行われる米国大統領中間選挙後に大きな動きがある可能性を示唆しています。

金正恩の本音が表れてきました

昔からの読者さんはご存知ですが、RPEでは金正恩の意図について、こんな風に説明してきました。

  • 金正恩は、父・金正日の成功例を繰り返している
  • つまり、彼の作戦は、「非核化を約束し、制裁を解除させ、経済支援を得て、体制保証も得て、しかし、完全非核化はしない」であると

そして、6月12日の米朝首脳会談については、全世界が「大失敗だ!」と合唱する中、一人だけ「大成功だ!」を主張してきました。なぜ「大成功」なのでしょうか?

金正恩は米朝首脳会談で何も得ていない」からです。彼が欲しいのは、まず第一に、制裁解除少なくとも制裁緩和でしょう。米朝首脳会談で、トランプは、制裁解除、制裁緩和を約束しましたか? していません。

金が次にほしいのは、経済支援です。トランプは、経済支援を約束しましたか? 彼は、「日本にいってくれ」といったのです。しかし、日本は、「拉致被害者を全員返すまで、制裁解除はしないし、経済支援もしない」という立場。だから、彼は経済支援も受けることができない。

もちろん、中ロが安保理決議に違反して支援を増やしている」というファクターはあります。しかし、中ロは、彼らの行為が「違法」であることを知っている。それで、北朝鮮経済が大復活するほど大々的な支援はできません

「いや! トランプは、『体制保証』を約束したぞ!」という反論はでるでしょう。しかし、トランプは、「完全非核化すれば体制を保証する」といったのです。つまり、「完全非核化がなければ、体制保証もなし」です。

世界中が、「金の勝ち!」「金の勝ち!」と騒ぎ、トランプさんを非難していました。しかし、何も得てない金が、なんで勝ち??????

もう一つ、なぜトランプ大勝利なのか? 既述のように、トランプは、何も約束していません。しかし、金は、はっきり約束しました。「完全な非核化を行う!」と。これ、「不可逆で検証可能という文字がないではないか!」と批判する人がたくさんいます。

しかし、金がだまそうと思えば、別に「完全な非核化」だろうが、「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化」だろうが、あまり変わりません。大切なのは、「ウソとホントの基準が設定されたこと」です。

「金はうそつきだ!」といいます。しかし、彼が何も約束していなければ、どうして彼を「ウソつき」と非難することができるでしょうか? 今回、金は、「完全な非核化をする!」と全世界に約束した。これでやらなければ、全世界が「彼はウソつきだ!」と知ることになります。

結局、米朝首脳会談で、金は何も得ることができなかった。それどころか、「何も得ないまま完全非核化の約束をしてしまった」。困った金は、習近平のところに頻繁に通い、「助けてください!」と泣きついているのです。

表れてきた金正恩の本音

さて、北朝鮮問題は、その後どうなったのでしょうか? ポンペオ国務長官が、7月6日、7日訪朝しています。ここで、ポンペオさんが、「制裁緩和の姿勢を示さなかったことで、北側は激怒している。

北朝鮮、米国の一方的非核化要求を拒否 協議後に態度硬化

7/8(日)4:52配信

 

【AFP=時事】北朝鮮は7日、米国との2日間にわたる協議を終えた後に出した声明で、迅速な非核化という米政府からの要求は「強盗的」であるとして、怒りをあらわに拒絶した。北朝鮮が再び強硬姿勢へと転じたことで、米朝間の和平プロセスは危機に陥っている。

アメリカ政府の要求は、「強盗的」だそうです。アメリカ政府は、何を要求しているのでしょうか? そう、金が約束した「完全な非核化を要求しているのです。別に強盗的でも何でもありませんね。

しかし、金は、「少し非核化のフリをして制裁を緩和してもらおう」と思っていた。だから、「完全非核化するまで制裁はつづけるぞ!」といわれたら、「一方的で、強盗的だ!」ということになるのです。

北朝鮮は国営朝鮮中央通信(KCNA)を通じて出した声明で、「北朝鮮の忍耐力が尽きて、米国の強盗的思考を反映した要求を受け入れると米国が思っているならば、それは致命的な間違いだ」と主張。北朝鮮はすでに核実験場を破壊しており、その見返りとして譲歩に応じる米国側の意志がポンペオ長官から示されなかったことに遺憾を表明した。
(同上)

「その見返りとして譲歩に応じる米国側の意志がポンペオ長官から示されなかった」。

これ、「体制保証」の話でないことは、明らかです。「核実験場を破壊したからその見返りに制裁緩和しろ!」と。つまり、「1994年、2005年と同じで、北にだまされろや!」と主張している。

しかし、トランプさんは、安倍総理やボルトンさんから、「北の手口」について、何度も聞いている。だから、なかなかだまされません。それで、北はキレているのですね。

問題は、中間選挙の後

この件、トランプさんは、どう思っているのでしょうか?

北は非核化の「契約」守る トランプ氏が自信表明

7/10(火)7:16配信

 

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は9日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長と交わした非核化の「契約」が守られることを確信しているものの、中国が合意を損なおうとしている恐れがあるとの見方を示した。

トランプさんは、「金は、約束を守りたいが、習が邪魔している」という見解です。私たちから見ると、「金も習も最初からだますつもりだった」ということになるのですが…。米朝首脳会談は「大成功だった!」と宣言したトランプさんは、「金は誠実、悪いのは習」としたいのでしょう。

ポンペオさんは、北の後、東京にこられています。

北の完全非核化まで制裁…日米韓が外相が一致

読売新聞 7/9(月)13:12配信

 

ポンペオ米国務長官は8日、東京都内の外務省飯倉公館で、河野外相と韓国の康京和(カンギョンファ)外相と約40分間会談し、6~7日に平壌で行った米朝高官協議の内容を説明した。3氏は、北朝鮮にすべての大量破壊兵器とあらゆる射程の弾道ミサイルを「完全かつ検証可能で不可逆的に廃棄」させる方針を再確認し、非核化完了まで制裁を続けることで一致した。

非核化完了まで制裁を続けることで一致した」そうです。北が「どうもアメリカをだまして制裁緩和をさせるのは、むずかしそうだ」ということで、態度が硬化してきた。結果、日米韓の結束が強まってきています

既述のように、RPEではこれまで北の真意について、「非核化を約束し、制裁を解除させ、経済支援を得て、体制保証も得て、しかし、完全非核化はしない」と書きつづけてきました。日本人にはすんなり納得できる「説」ではあるものの、今までは、「推測」にすぎませんでした。しかし、今回の北のリアクションで、「やはりそうだったのかと誰もが思えるようになってきています

これから北問題は、どうなっていくのでしょうか? アメリカでは11月に中間選挙があります。それまで、北問題は、比較的穏やかでしょう。北は、核実験、ミサイル実験をできないし、アメリカも「金はウソつきだ!」とはいえないと思います。

問題は、中間選挙の後ですね。トランプは、「金はやっぱりウソつきだ!」と批判を再開。非核化に目に見える進展がなければ、再び戦争の危機が訪れるでしょう。

image by: Flickr

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    避難所確保を 蓮舫氏意見に返答

    和田政宗

  2. 2

    ヒカキンが寄付呼びかけ16万人増

    MAG2 NEWS

  3. 3

    安倍3選を阻止できる唯一の人物

    PRESIDENT Online

  4. 4

    格差を再生産する学歴フィルター

    城繁幸

  5. 5

    安倍首相は危機管理に向いてない

    菅直人

  6. 6

    R-15映画 大人の下ネタに感動

    松田健次

  7. 7

    よしのり氏 自衛隊員増やすべき

    小林よしのり

  8. 8

    小室哲哉は「ウソ」の釈明が必要

    PRESIDENT Online

  9. 9

    ストロー廃止に意識が低い日本人

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  10. 10

    サニーデイ訃報に「言葉出ない」

    カトキチ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。