記事

ある子ども事件、私が関わったもの

夫婦が不仲になり、別居となった。いずれ離婚となるが小学生の娘の親権と監護権を巡って民事訴訟となった。母親には過去、家庭内暴力があったとの理由で父親に監護権が下った(親権は共同)。娘は父親(A地)に全くなつかない、小学校にも馴染まない。ついに夜中に家出をして警察と児童相談所に世話になる。隣県の母親の所(B地)に電車で逃げて行く。父親はその都度母親の家に裁判所執行官を手配して娘を取り戻す。娘はB地の児童相談所にも母親と逃げ込むが、児童相談所は一時預かりはしても「娘を返せ」と主張が来ると、結局父親に受け渡す。

娘は3ヶ月近く学校に通っていない。学籍簿がないためB地の小学校には行けない。文部科学省の通達には、如何なる理由でも、義務教育はその地で受けさせよとある。よって母親はB地教育委員会に娘の就学を申請した。教育委員会はA地教育委員会に相談したら、裁判所判決(父親の監護権)、さらにはA地児童相談所の意見で、学籍簿は渡せないと答える。文科省に問い合せると、法律的...問題だからと法務省に質問したがなかなか答えが返ってこない。それでも文科省は最後は学籍簿がなくても「極めて例外的に」就学を認めるとなった。

今、娘は母親との生活で落ち着いている。元気に小学校に通っている。父と娘の面接交流、夫婦離婚問題など、民事上の手続きは続く。児童相談所について、A地でもB地でも自分の手を離れれば追っ掛けていかない。警察も教育委員会も追っ掛けない。県境を越えるとますます権限もなくなる。

本来、子ども自身に父母どっちに行きたいか聞けば済むはずであったが。離婚や別居は所詮大人の問題、子供に罪はないのだが。

私は、弁護士であり法律は分かる、元役人であって役所の行動も分かる。しかし私は、何よりも政治家であって、あの子どもの悲しみと涙こそが身を切るほどに分かる。夜空にひとり母親求めて街中を徘徊する子どもの…

あわせて読みたい

「離婚」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    関口宏3選チクリ 自民議員が反論

    和田政宗

  2. 2

    日村の淫行疑惑に高まる擁護論

    女性自身

  3. 3

    キングオブコントV逸 痛恨のミス

    メディアゴン

  4. 4

    中居正広がTVで語った本音に感銘

    文春オンライン

  5. 5

    沖縄で選挙応援する小池氏に苦言

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    安倍首相の続投で国民が払うツケ

    MONEY VOICE

  7. 7

    安倍カツカレーで思い出す陸山会

    八木啓代

  8. 8

    人生後半を「福岡に住む」選択肢

    内藤忍

  9. 9

    北海道地震 観光呼び込むリスク

    赤木智弘

  10. 10

    よしのり氏が原理主義者に苦言

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。