記事

米大統領、NATO加盟国の米国からの武器購入を支援する方針


[ブリュッセル 12日 ロイター] - トランプ米大統領は12日、北大西洋条約機構(NATO)加盟国が米国から武器を購入する場合に支援する用意があることを明らかにした。

大統領はNATO首脳会議後の記者会見で、会議の期間中に財政がさほど豊かでない一部の加盟国から、米国製武器の購入支援を打診されたと述べたが、国名は明かさなかった。

大統領は、これらの加盟国の武器購入を「米政府として多少は支援する」と発言。

「米政府は武器購入資金を工面するつもりはないが、米国が製造する世界最高水準の武器を購入できるよう各国をさまざまな形で支援する用意はある」と述べた。

トランプ大統領は11日開幕したNATO首脳会議で、加盟各国による防衛費の支出を国内総生産(GDP)比4%に引き上げるよう要請。NATOのストルテンベルグ事務総長は12日、NATO加盟国は防衛費の対GDP比率を2%とする目標の達成を確約したことを明らかにした。

トランプ大統領は会見で、米国の武器販売とNATO加盟国の防衛費増額に向けた自身の取り組みを直接結び付けることはしなかった。しかし欧州では、トランプ大統領がNATO加盟国の防衛費増額を求める中で米国の武器販売の増加を狙っているとの見方がある。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  2. 2

    進次郎氏が石破茂氏についた理由

    PRESIDENT Online

  3. 3

    五輪ボラへの1000円支給は無意味

    キャリコネニュース

  4. 4

    マンション価格の高騰に危機感

    Chikirin

  5. 5

    クロ現「縁切り死」特集に大反響

    キャリコネニュース

  6. 6

    よしのり氏 新潮45を差別すべき

    小林よしのり

  7. 7

    今井絵理子議員 2期目は絶望的?

    女性自身

  8. 8

    リスク取らずの進次郎は負け組

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    沖縄知事選で自公系候補が猛追

    田中龍作

  10. 10

    ふるさと納税 制度見直しの真意

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。