記事

英中銀、健全性審査にシステミックリスクの対応力追加へ


[ロンドン 12日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)の健全性監督機構(PRA)は12日、主要国内銀行に対する2018年の健全性審査(ストレステスト)において、非中核資本バッファーに関する条件を含める方針を明らかにした。

国内外のシステム上の重要性を反映するため、銀行の二次的なバッファーも含めると説明した。

システミックリスクのバッファーを含めることにより、全体的なハードルレートはロイズ・バンキング・グループ<LLOY.L>が2.5%、バークレイズ、HSBC<HSBA.L>、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)<RBS.L>などは1%上がるとした。

また、「ピラー2A」として知られる非中核資本バッファーの審査方法について変更することも表明。ピラー2Aは銀行のリスク管理能力を測る財政的な強さの尺度。

今年のストレステストの結果は年末ごろに公表される予定。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏「麻原彰晃はマジメな男」

    田原総一朗

  2. 2

    飲食経営の美談に隠れた労働問題

    東龍

  3. 3

    川上量生氏 五輪事業辞任を説明

    川上量生

  4. 4

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  6. 6

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  7. 7

    LGBT支援を批判 自民議員に苦言

    足立康史

  8. 8

    自民を造反しない進次郎氏に失望

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    橋下氏 エアコン検討より実施を

    橋下徹

  10. 10

    気温35度超で児童の外出禁止せよ

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。