記事

英中銀、健全性審査にシステミックリスクの対応力追加へ


[ロンドン 12日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)の健全性監督機構(PRA)は12日、主要国内銀行に対する2018年の健全性審査(ストレステスト)において、非中核資本バッファーに関する条件を含める方針を明らかにした。

国内外のシステム上の重要性を反映するため、銀行の二次的なバッファーも含めると説明した。

システミックリスクのバッファーを含めることにより、全体的なハードルレートはロイズ・バンキング・グループ<LLOY.L>が2.5%、バークレイズ、HSBC<HSBA.L>、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)<RBS.L>などは1%上がるとした。

また、「ピラー2A」として知られる非中核資本バッファーの審査方法について変更することも表明。ピラー2Aは銀行のリスク管理能力を測る財政的な強さの尺度。

今年のストレステストの結果は年末ごろに公表される予定。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    関口宏3選チクリ 自民議員が反論

    和田政宗

  2. 2

    安倍カツカレーで思い出す陸山会

    八木啓代

  3. 3

    新iPhoneは買い換える意味なしか

    永江一石

  4. 4

    上映15分 エロバカすぎる大傑作

    松田健次

  5. 5

    中居正広がTVで語った本音に感銘

    文春オンライン

  6. 6

    キングオブコントV逸 痛恨のミス

    メディアゴン

  7. 7

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  8. 8

    なぜ石破支持? 議員の本音を直撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    沖縄で選挙応援する小池氏に苦言

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    進次郎氏の総裁選戦略は問題なし

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。