記事

西日本豪雨と首相の外遊

順当なら熊さんを呼び出してご隠居との対話にするところだが、それも面倒で書き始めた。

東京では梅雨らしい雨も実感しないうちに梅雨明け宣言が出てしまったのだが、ここへ来てようやく雨らしい雨が降ったのが昨夜来だった。ただし今はもう路面も乾いて人は傘を持たずに歩いている。関東・東京地方の水源は、今年の夏は大丈夫だろうか。給水制限などなしに済むといいと思っている。

 今回の西日本豪雨では、すでに200人近い死者が出ている。新聞によると、広島、岡山、愛媛県の死者が多いようだ。天気予報が出ていて、事前に避難勧告や指示が出て対策も取られている平和な中でも犠牲者が出てしまうとは、どういうことだろう。

堤防の決壊など、やはり予期せぬ事故という形で災害が襲ってくるからに違いない。空襲下の東京で生き延びた私から見ると、戦争でもないのに不本意に命を落とす人がいるというのは、信じられないほど「もったいない」ことに思われる。

 それにしても、自然災害の多い日本列島ではある。世界でも有数の「水の豊かさ」に恵まれた国である裏側には、過剰な水による「水害」がついてくるのだ。しかも、雨の降り方が次第に乱暴になって来る原因として、地球の「温暖化」が議論されているのが不気味である。豪雨化は、歴史の必然なのだろうか。

 折しも安倍首相は、予定していた海外諸国への外遊を取りやめたというニュースが入ってきた。国内で災害対策に専念するという趣旨だが、この結論に至るまでに気にした第一が、支持率のためにはどちらがいいかということだったそうだ。

天気予報のように「予報官」が集まって議論したのだろう。この「人気予報」を当てるのは、なかなか難しい。もしかして、国民に最も支持されるのは、「なるべく早く退陣すること」かもしれない。ただし、そのような予報を出すのは、官邸に集まる予報官たちには、手に余る仕事に違いない。

 

あわせて読みたい

「西日本豪雨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「人権守れ」日本人のズレた叫び

    自由人

  2. 2

    ZOZOvsユニクロ 全面戦争が勃発

    MONEY VOICE

  3. 3

    新潮45問題で不買運動はおかしい

    やまもといちろう

  4. 4

    石破氏に苦言呈す甘利氏に違和感

    郷原信郎

  5. 5

    別れさせ屋に脅された女性の恐怖

    BLOGOS編集部

  6. 6

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  7. 7

    安倍首相は会談の情報開示せよ

    大串博志

  8. 8

    韓国の正義が生み出す短命大統領

    吉崎達彦(かんべえ)

  9. 9

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  10. 10

    半分、青い。の震災表現は逃げ

    井戸まさえ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。