記事

「一人暮らしに限って言えば、家に住むメリットはあまりない」…年収1200万円と家を捨てた男の生活とは

1/2

 「僕の家じゃないんですけど(笑)」。そう言って、銀座駅から歩いて8分の高級マンションの部屋を案内してくれたのは、"家を捨てた男"こと市橋正太郎さん(31)。地価日本一を誇る東京・銀座だけあって、2LDKで家賃30万円以上の高級物件だが、市橋さんは民泊仲介サービス「Airbnb」と使って、1泊7000円で借りることができたという。




 京都大学を卒業後、都内の大手IT企業に入社。年収1200万円以上のエリートサラリーマンだったが、半年前、転職を機に「生活環境を変えたい」と家賃13万円のシェアハウスでの生活を捨てた。物に全く執着がない性格だったこともあり、持っていた家財道具や衣類も「メルカリ」に出品して手放した。「箱、ファシリティに数万円を払うのは、すごくもったいないと思ってしまった。家の機能をどんどん外出ししていくことで、もっと豊かに生活できると思う」。


 以来、民泊やゲストハウスなど都内を中心に街を転々としてきた。「宿を毎日探さなければいけないのは、正直まだちょっとストレス。でも泊まれる場所は意外とあって、スマホで探せばすぐ予約できる。出費を押さえたいときは1泊2000円、今日は贅沢したいなと思ったらいいホテルに泊まることもある。安いときは1か月の宿泊費が6〜7万。光熱費も実質かかっていないので、普通に住むよりは2、3万、安く住める感じ」。


 そんな市橋さんが近頃気になっているというのが、貸し会議室・レンタルスペースの予約サイト「Spacee」だ。夜間には使われていない貸し会議室を1時間100円程度で借りることができるという。「マットレスを持ち込めば、快適ではないが1泊600円くらいで泊まれる。それが都内最安の宿なんじゃないか。面白い」。

■「テラスハウス気分で」見ず知らずの人たちと短期ルームシェアも

 「家なし生活はメリットだらけ」と話す市橋さん。「トラブルは特にない。デメリットも特にない。この生活を始めて太りました。きょうも自転車で移動したんですけど…」と笑う。毎日の楽しみが"サウナ付き銭湯"だ。入浴料はかかるが、光熱費が浮くだけでなく浴槽にお湯を溜める時間も節約できると話す。


 市橋さん同様、"家を捨てる"という人生を選んだ日置愛さんは、一週間限定の短期ルームシェアサービス「weeeks」を立ち上げた。趣味や目的別に見ず知らずの人たちをマッチングし、共同生活できる施設を紹介するサービスだ。「私が興味あるのは、時間にどういう色をつけるかということだけ」。利用比率は女性の方が高いという。



 市橋さんもweeeksを利用している。「テラスハウス気分できました」と話す女性2人を含む4人で待ち合わせ、向かったのは表参道駅から徒歩7分、2LDKで通常は家賃20万円以上の物件だ。しかしweeeksなら1週間で利用料金2万円。1泊あたり3000円ほどの計算だ。4人はここで1週間のルームシェアを行う。


 「よろしくおねがいします」とビールで乾杯、家なし生活の魅力を語る市橋さんに、女性たちからは「全然あり」「実際私もそういう生活をマジでやってみたいと思った時があった」と興味津々だ。

あわせて読みたい

「民泊」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「予約やめて」食べログの裏事情

    内藤忍

  2. 2

    高額ギャラで寄付集める24時間TV

    渡邉裕二

  3. 3

    Amazonの意外なベストセラー食品

    後藤文俊

  4. 4

    小池氏が川上量生氏の疑惑関与か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    2時間43分 枝野氏演説は税金浪費

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    園監督が米へ「日本に飽き飽き」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    山本太郎氏ら懲罰の議長こそ問題

    猪野 亨

  8. 8

    野田氏への疑惑が総裁選に影響か

    天木直人

  9. 9

    エアコンなし? 気象庁は警告せよ

    自由人

  10. 10

    内田樹氏 天皇制の空洞化を危惧

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。