記事

iPhone SEと現行モデルのiPhone X、今秋で販売終了か 

Gordon Kelly ,CONTRIBUTOR

Sefa Karacan / Anadolu Agenc by Getty Images

経済メディア「バロンズ」に掲載された調査企業「BlueFin Research Partners」のレポートによると、アップルは現行モデルのiPhone XとiPhone SEの販売を、9月の新モデルのリリースと同時に停止する見通しだ。

この動きはアップルの旧世代の機種を切り捨てる意思を明確に現すものといえる。背景には同社の、今後のiPhoneの売れ行きに対する圧倒的な自信がある。

BlueFinによるとアップルは、2世代目のiPhone Xや、iPhone X Plus、廉価版iPhone Xに対する消費者の需要が間違いなく高まると考えており、今年下半期に9100万台の新モデルを製造し、2019年の上半期には9200万台の製造計画を立てているという。

しかし、同社が安価なiPhone SEの販売停止に踏み切ることは、一部のユーザーの反発を招くにちがいない。iPhone SEは現在350ドルで販売されているが、9月に発売予定の廉価版iPhone Xの価格は699ドルと予想されている。しかも、廉価版iPhone Xは現行モデルのiPhone Xと比べると、機能面で大幅に妥協したものになるとみられている。

これは例えるならば、フェラーリが低価格版の車両を発売するような話だ。フェラーリにしては安いかもしれないが、実際に安いとはいえない。

著名アナリストのミンチー・クオ(郭明錤)は第2世代のiPhone Xの価格を800ドル、iPhone X Plusの価格を900ドルと予測している。

あわせて読みたい

「iPhone X」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田氏への疑惑が総裁選に影響か

    天木直人

  2. 2

    高額ギャラで寄付集める24時間TV

    渡邉裕二

  3. 3

    「野党は反対するだけ」はデマ

    小林よしのり

  4. 4

    「日本の技術はスゴイ」は勘違い

    Dr-Seton

  5. 5

    子どもの車内放置 親へ忖度不要

    岩永慎一 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  6. 6

    川上量生氏「批判は私が受ける」

    川上量生

  7. 7

    エアコン我慢には何の価値もない

    赤木智弘

  8. 8

    川上量生氏の独白 都が裏取引か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    山本太郎氏ら懲罰の議長こそ問題

    猪野 亨

  10. 10

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。