記事

韓国を自殺行為に走らせる歴史のトラウマ

1/2
「朝鮮半島の非核化」に向けて合意した米朝首脳会談から3週間もたたないうちに、またぞろ北朝鮮の核開発続行疑惑が浮上した。そのかたわらで韓国の文在寅政権は、アメリカ軍から韓国軍への「『戦時作戦統制権』の移管」を進めている。在韓米軍の縮小・撤退につながりかねない動きを、なぜこのタイミングで進めるのか。背景には、韓国現代史に刻まれた深い屈辱の記憶があった――。

AP北朝鮮軍の猛攻に韓国軍は崩壊した――北朝鮮軍機の機銃掃射で破壊された友軍のトラックを横目に、後退する韓国軍の兵士たち(1950年7月9日。写真=AP/アフロ)

非核化交渉の「裏切りの歴史」

米朝首脳会談から3週間もたたない6月30日、アメリカのNBC放送は、複数の米政府関係者の話として、北朝鮮が複数の秘密施設で核を増産している模様だと報じました。「彼らが手持ちの核兵器を削減したり、その生産を停止したりした証拠はない。一方で、彼らがアメリカを欺こうと試みている非常に明白な証拠がある」と、情報当局の最新の報告書を見た政府関係者は述べたとのことです。(*注1)

北朝鮮の非核化交渉は「裏切りの歴史」の繰り返しです。1991年12月、当時の金日成(キム・イルソン)主席と盧泰愚(ノ・テウ)大統領の間で「朝鮮半島非核化宣言」が合意されましたが、その翌年には国際原子力機関(IAEA)の査察で核開発疑惑が発覚します。1994年の米朝枠組み合意、2005年9月の6カ国協議での「共同声明」のいずれも、北朝鮮の核開発を止めることはできませんでした。

アメリカは今回、非核化を確実にするため、6カ国協議の当初と同様に「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」を求めていましたが、6月12日の米朝首脳会談の共同声明にはCVIDの文言が入らず、問題視されていました、とはいえ、CVIDが入ろうが入るまいが、結局、北朝鮮は核を放棄するつもりなどありませんから、いかなる合意も紙屑になるだけです。今後、交渉が決裂した時に、アメリカが軍事オプションも含めどのような制裁措置を取るかが重要になってくるでしょう。

米朝首脳会談からの帰国直後、トランプ大統領は「もう核の脅威はない」などとツイートしていました。こういう前のめりの発言に、いちいち細かく突っ込んでも仕方のないことです。良くも悪くも、トランプ大統領はそういうキャラクターなのですから。

しかし、トランプ大統領の前のめり発言で、看過できないものもたくさんあります。その一つが、会談後の記者会見で在韓米軍の縮小・撤退の可能性に言及したことです。トランプ政権はこれまで公表した「国家安全保障戦略」や「国家防衛戦略」の中で、防衛予算を大幅に拡大し、中国などの対外的な脅威に果敢に対峙する姿勢を示しています。その一方でこうした発言をすることの矛盾を、いったいどう捉えればよいのでしょう。
在韓米軍の縮小・撤退を、中国や北朝鮮は大歓迎します。問題は韓国です。文在寅政権は表向き、縮小・撤退に反対を表明していますが、本音は違います。

自国の軍の統制権がなぜアメリカにあるのか

韓国には、朝鮮戦争以来、今日まで続く「戦時作戦統制権」というものがあります。この規定により、朝鮮有事の際、韓国軍はアメリカ軍司令官の指揮下に入らなければなりません。つまり、韓国大統領や韓国軍司令官は有事の際、自国の軍の指揮権を失うのです。どうしてこのような、自らの軍を自らが統率できないという状況になっているのでしょうか。

その原点は、1950年に始まった朝鮮戦争にあります。同年6月25日午前4時、約10万の北朝鮮軍は突如、北緯38度線を越えて韓国側に侵攻してきました。北朝鮮軍の奇襲攻撃に対し、恐れをなした韓国軍は、クモの子を散らすように逃げ出します。北朝鮮軍は破竹の勢いで進撃し、開戦からわずか3日でソウル市内に突入しました。

大統領官邸はパニック状態となり、当時の韓国大統領の李承晩(イ・スンマン)は、ソウル市民を置き去りにして自分だけさっさと逃げました。李承晩は北朝鮮軍の南下を食い止めるため、漢江大橋を爆破するよう指示し、取り残された市民を無残にも見殺しにしたのです。李承晩大統領は韓国中部の都市、大田(テジョン)に逃げ、そこまで北朝鮮軍が迫ると南部の大邱(テグ)に逃げます。さらに、大邱にも北朝鮮軍が迫ると、釜山(プサン)にまで逃げました

韓国軍は指揮系統を失い、北朝鮮の進撃にまともに抗戦することもできず、アッという間に壊滅しました。李承晩はアメリカに頼るしかなく、アメリカに早く軍を派遣するよう、矢のように催促しました。

ようやく、開戦から1週間たった7月2日以降、アメリカは本格的に部隊を送り込みます。あと数日、アメリカ軍の到着が遅れていれば、李承晩の命はなかったでしょう。ぎりぎりで難を逃れた李承晩は、マッカーサー率いるアメリカ軍(正式には国連軍)に、軍の指揮権・統制権の全てを委譲しました。

このときの韓国の軍事権委譲が、今日まで続く「戦時作戦統制権」の母体となるものです。「平時の統制権」は1994年に返還されましたが、「戦時の統制権」はいまだアメリカ軍にあります。

大統領が北朝鮮の進撃におびえ、気が動転する中でアメリカ軍にすがり付いた――。韓国の「戦時作戦統制権」は、この屈辱の歴史の象徴なのです。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  2. 2

    進次郎氏が石破茂氏についた理由

    PRESIDENT Online

  3. 3

    五輪ボラへの1000円支給は無意味

    キャリコネニュース

  4. 4

    マンション価格の高騰に危機感

    Chikirin

  5. 5

    クロ現「縁切り死」特集に大反響

    キャリコネニュース

  6. 6

    よしのり氏 新潮45を差別すべき

    小林よしのり

  7. 7

    今井絵理子議員 2期目は絶望的?

    女性自身

  8. 8

    リスク取らずの進次郎は負け組

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    沖縄知事選で自公系候補が猛追

    田中龍作

  10. 10

    ふるさと納税 制度見直しの真意

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。