記事

ジョンソン英外相が辞任、首相の柔軟路線に反対 EU離脱案の行方混迷


[ロンドン 9日 ロイター] - 英国のジョンソン外相が9日、欧州連合(EU)離脱案を巡りメイ首相が目指す柔軟路線に反対して辞任した。前日にはデービスEU離脱担当相も同様の理由で辞任したばかりで、強硬派2閣僚の相次ぐ辞任により、ブレグジット(英国のEU離脱)の行方は一層混迷が深まった格好だ。

英首相府は声明で「9日午後、メイ首相はボリス・ジョンソン外相の辞表を受理した。後任は近く発表される。首相はジョンソン氏の功績に謝意を示した」と明らかにした。

ジョンソン氏辞任のニュースを受け、ポンドは下落。対ドルでは0.2%安の1.3259ドル近辺で推移した。

メイ首相は6日、別荘で行われたEU離脱に関する非公式の閣僚会議を開催。8時間にわたる討議を経て、自らの提案について内閣の合意を取り付けたはずだった。それだけに、関係2閣僚の相次ぐ辞任はメイ氏にとって大きな痛手となる。

デービス氏は辞任後、メイ氏のEU離脱案について「EU側にあまりにも安易に妥協するもので、危険極まりない」と批判した。

デービス氏、ジョンソン氏の相次ぐ辞任で、与党内の強硬派は今後一段と勢い付く可能性がある。党内ではEUと決別するという公約をメイ氏が反故にしたとの批判が根強く、メイ氏はこれまで模索してきた柔軟路線継続の是非を迫られる。

*情報を追加しました。

あわせて読みたい

「ブレグジット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏「麻原彰晃はマジメな男」

    田原総一朗

  2. 2

    飲食経営の美談に隠れた労働問題

    東龍

  3. 3

    川上量生氏 五輪事業辞任を説明

    川上量生

  4. 4

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  6. 6

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  7. 7

    橋下氏 エアコン検討より実施を

    橋下徹

  8. 8

    LGBT支援を批判 自民議員に苦言

    足立康史

  9. 9

    自民を造反しない進次郎氏に失望

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    気温35度超で児童の外出禁止せよ

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。