記事

北朝鮮、実は日本に興味津々…金正恩氏のホンネはどこに

金正恩氏(朝鮮中央通信)

北朝鮮の平壌で4~5日、韓国との南北統一バスケットボール大会が行われた。大会に合わせ、韓国の取材団が現地を訪れた。2月に韓国で開催された平昌冬季オリンピックから、南北はこうした交流を積み重ねている。そろそろ「気安さ」も生じているのだろう、北朝鮮側の関係者はある問題について、韓国の記者らを質問攻めにしたという。

その問題とは、「日本」だ。共同通信が6日に報じたところだは、北朝鮮側の関係者は韓国の記者に「韓国人は日本製品をよく使うのか」「日本によく見物(旅行)に行くのか」などと質問を浴びせ、日本への関心を隠さなかったという。

北朝鮮メディアは最近、対話の進む米韓に対する非難を控える一方で、日本に対してだけは攻撃を続けている。

(参考記事:「日本に無慈悲な報復」金正恩氏、お土産没収に激怒

それはあくまでも国家の戦略によるものであり、人々のホンネは違うところにあるということだろうか。

日本と北朝鮮の関係はよく「近くて遠い国」と言われる。地理的には近いのに、政治的にはあまりに遠いという意味だ。それでもかつて、日本は北朝鮮にとって、主要な貿易相手のひとつだった。北朝鮮に、家族や親せきがいる在日朝鮮人も多い。彼らが北朝鮮の身内に送ってきた日本製品は、北朝鮮の庶民にとって羨望の的だった。40代以上の北朝鮮国民にとって、高級品とはイコール日本製品なのである。

金正恩党委員長の父である故金正日総書記もまた、ある意味で日本を愛した。日本人の料理人をそばに置き、最愛の女性は大阪出身だった。

(参考記事:金正恩と大阪を結ぶ奇しき血脈

しかしそのような関係も、日本人拉致や核開発を巡る経済制裁で途絶えた。近年、北朝鮮は日本に対する政治的な関心をほとんど失っているように見えた。北朝鮮のメディア戦略は金正恩氏が指揮していると見られ、その剣呑な対日論調もまた、金正恩氏の意図によるところが大きいのだろう。

(参考記事:金正恩氏が自分の“ヘンな写真”をせっせと公開するのはナゼなのか

また、金正恩氏の兄妹は欧州に留学経験があり、日本よりは欧米に対する親近感が強いのかもしれない。

しかしいずれにせよ、北朝鮮国内には、日本に対する「関心」がなお存在する。日朝の交流が再始動すれば、これは間違いなくプラスに作用するだろう。ただ、それは永遠に続くわけではない。日朝関係が断絶したままで、北朝鮮とほかの国との交流が進むなら、日本への関心は相対的に薄れていくだろう。

日本人拉致をはじめ、日本が北朝鮮との関係で解くべき問題はほかにもある。それに取り組むには、早ければ早いほど良いのかもしれない。

(参考記事:北朝鮮が日本だけを非難…安倍さんは金正恩氏と会って大丈夫か

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  2. 2

    進次郎氏が石破茂氏についた理由

    PRESIDENT Online

  3. 3

    五輪ボラへの1000円支給は無意味

    キャリコネニュース

  4. 4

    マンション価格の高騰に危機感

    Chikirin

  5. 5

    クロ現「縁切り死」特集に大反響

    キャリコネニュース

  6. 6

    よしのり氏 新潮45を差別すべき

    小林よしのり

  7. 7

    今井絵理子議員 2期目は絶望的?

    女性自身

  8. 8

    リスク取らずの進次郎は負け組

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    沖縄知事選で自公系候補が猛追

    田中龍作

  10. 10

    ふるさと納税 制度見直しの真意

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。