記事

「経団連の会長とサシで話したい」就活生組合元代表インタビュー

1/3
1月まで代表を務めていた宮内春樹氏。慶応大学のキャンパスにて。(撮影:大谷広太)
1月まで代表を務めていた宮内春樹氏。慶応大学のキャンパスにて。(撮影:大谷広太) 写真一覧

「就活生組合」という団体をご存知だろうか?ホームページに掲載されている団体概要によると「就活生組合は、就職活動をする学生に対する権利侵害に対し団結して立ち向かう団体」だという。

昨年12月1日時点の今春卒業予定の大学生就職内定率は71.9%。4年ぶりに上昇したものの調査開始以来2番目に低い水準となっており、厳しい就職戦線が続いている。とはいえ、大学生が就職活動の在り方の改善を求めて組合活動をするという行為は、簡単には理解しがたい。「就職なんてその気になれば、どうにでもなるだろう」「デモをやっている暇があるならスキルを磨け」。そんな感想を持つ人が多いのではないだろうか。こうした批判や疑問に対し、組合側はどのように応えるのだろうか?就活生組合の代表を務める宮内春樹氏に聞いた。※宮内氏は1月25日付けで辞任し、鈴木駿氏が代表を務めている。【取材執筆:大谷 広太、永田 正行(BLOGOS編集部)】

大学生活のすべてが就活に“縛られている”


―まず組合設立の経緯から教えてください。

昨年の11月に「就活ぶっ壊せデモ」というデモ活動がありました。私はその実行委員を務めていたのですが、デモだけですと活動が一過性のものに終わってしまう。就職活動の現状を変えていこうとするのであれば、継続的な活動が必要です。そう考えて、デモの実行委員会の有志で昨年12月1日から活動を開始しました。

―具体的な組合の活動内容はどのようなものなのでしょうか?

今は、組合員増員のための活動がメインです。街頭演説や興味を持った方にご説明にうかがうという広報に力を入れている段階です。将来的には、組合員の数を増やして経団連や政府に対して申し入れの活動ができるようにしたいと考えています。経団連会長とサシで話せるようになりたいと思っています。

一方で、「就活を変える」という理念的な目標だけでなく、実際の就活生への経済的利益になるような活動もしています。具体的には、リクルートスーツといった就活用品の貸し出しなどです。

―現在の組合の人数はどれぐらいなのでしょうか?

設立当時は4人ほどでしたが、現状では150人ぐらいの規模になっています。

―どういう学生が多いといった傾向はありますか?偏差値的な部分も含めて教えてください

偏差値の高い大学の学生が多いですね。また感覚値ですが、就活が終わった4年生や既に内定が出ている学生も多いように思います。つまり、現状の就職活動を経験した上で、「私はおかしい」と思って活動している人たちです。

―Twitterなどで、「活動内容の説明に行きます」という発信もされているようですが、反応はどれぐらいありましたか?

結構ありますよ。今まで50人ぐらい反応がありました。比較的偏差値の高い大学が多いと思います。

―宮内さんは、現在2年生ということでまだ就職活動をする時期ではありません。ご自身がまだ当事者でないにも関わらず、就職活動に問題意識を感じた背景を教えてください。

これは自分が慶応大学の学生であることが大きかったと思います。周りの学生が1年の時からかなり就職を意識している。「商社に入るには、部活に入っておいた方がいい」「ゴールドマンサックスに入るには○○さんとコネを作っておいた方が良い」「優の数が多い方が有利だ。□□先生の授業は優がとりやすいから履修しておこう」などなど。

このように就職活動に有利なサークル、部活、授業という風に学生生活のすべてが就職活動を意識して決められていることに問題意識を持ったわけです。自分自身も明確に「この学問を究めたい」という気持ちが入学時にあったわけではありません。「自分の人生の可能性を模索したい」ぐらいの気持ちではありましたが、ここまで学生生活が就職活動に縛られてしまうことにギャップを感じました。

この問題を自分自身のミクロの問題と考えるよりも社会の構造の問題と捉え、それを変えるために組合活動という手段を選びました。

―宮内さん自身は慶応大学の学生で、組合のメンバーには東京大学の学生もいます。「普通に就職活動すれば、就職できるじゃないか」と思ってしまうのですが。

今後就活をする後輩のために現状の就職活動の枠組みを変えたいと利他的に考えて、活動している部分もあります。

しかし、一方で就職活動の厳しさの波が早慶東大生にまで押し寄せてきているという現状もあります。慶応大の組合員の話を聞いてみると二極化しているそうです。大手に内定をもらっている人がいる一方で、一つも内定が取れていない人もいる。そういう意味では利己的な要因で活動している部分もあります。「早慶東大レベルの学生であれば、普通に就職できるだろう」という考えは最早通用しません。

あわせて読みたい

「就職活動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    獣医学部めぐり総理が自爆発言

    郷原信郎

  2. 2

    人の訃報を話して安堵する人々

    山本直人

  3. 3

    野田佳彦、中国ではいまも極悪人

    NEWSポストセブン

  4. 4

    「死」に向かう日本の実写映画

    吉川圭三

  5. 5

    星野源になれない男たちの嫉妬

    幻冬舎plus

  6. 6

    維新の会 除名で勢力拡大は困難?

    早川忠孝

  7. 7

    豊田氏暴言の「有権者」に疑問

    赤木智弘

  8. 8

    ATMだけで成功 セブン銀行の戦略

    PRESIDENT Online

  9. 9

    婚活中のズレた37歳女に非難殺到

    キャリコネニュース

  10. 10

    なぜ各新聞で内閣支持率が違うか

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。