記事

『ルールを守りマナーが良い日本人』はいつまで維持できるのか?

1/2

■ W杯で世界から賞賛された日本人のマナー

サッカーのW杯はいよいよ佳境に入ろうとしている。日本は直前で監督が交代する等の混乱もあり、下馬評では一次リーグで全敗する可能性が高いと酷評されたものだが、それを見事に跳ね返して決勝トーナメントに進出したばかりか、有力な優勝候補とされたベルギー(同じ優勝候補のブラジルも撃破した!)を相手に堂々と渡り合って、後一歩のところまで追い詰め、世界の賞賛を浴びた。

賞賛と言えば、日本選手やサポーター(掃除をしてからスタジアムを後にする等)のマナーの良さは、試合での健闘とあいまって、今回も世界から高い評価を受けることになった。*1やはり日本は世界に誇れる『礼節』の国であると誇らしく感じた人も多かったと思う。世界に、『日本、ここにあり』との強烈なメッセージを届けてくれた選手や関係者、現地で応援していたサポーターにあらためて感謝したい気持ちだ。

ただ、この日本人の『ルールを守りマナーが良い』という性向だが、困ったことに、今のままでは維持出来なくなっていくのではないかとの危惧を最近感じるようになった。また、表面上はルールも守るし、マナーが良いように見えて、それがむしろ日本人の心を蝕み、社会を停滞させている面もあることを意識させられるようにもなってきた。もしかすると、この日本人の大切な『ソフトパワー』は、意識してメインテナンスしていかないとエネルギーが抜けて霧散してしまうのではないか。

今回は、この点につき、思うところを述べてみたい。ルールやマナーという点で、日本と対局にあると言われる中国人と比較しながら論点を詳らかにしていこうと思う。

■ 正反対の日本人と中国人

訪日中国人観光客数は6年連続で年間1,000万人を超えており、2018年も今のペースなら3,000万人を超える可能性は高いという。*2 今や日本の観光地はどこでも中国人で溢れ、一般の日本人が中国人との接点を持つ機会も圧倒的に増えたため、中国人の行動や振る舞いを目の当たりにする日本人は激増した。

同時に、日本を訪れた中国人が日本人や日本の風物に接触する機会も増えて、その結果、従来のような政府のお仕着せの日本人像ではなく、自らの体験を通じて得た率直な感想を持つ中国人の方も増えたばかりか、それがSNS等を通じて漏れ聞こえるようになった。

その結果、両者(日本人と中国人)が全く正反対の性向を持つことが(従前より直接接触があれば誰でもわかっていたことだが)一般人のレベルにまではっきりと認知されるようになった。

日本人から見ると、

『中国人はルールを全く守らず、マナーも悪い』

中国人から見ると、

『日本人は皆ルールを守り、礼儀正しい』

確かに、普通の日本人の感覚からすれば、中国人観光客は、列に並ばない、静かにすべき場所でも遠慮なく大騒ぎして食事中にも騒ぎ散らかす、トイレを流さない、どこにでも痰を吐くなど、ありえないほどルール無視で、マナーが悪いと感じてしまう。

■ ルール遵守/マナー向上を推進する中国政府

但し、中国人でも、特に若年層など、海外の情報に触れる機会も多く、旧世代よりマナーが良くなって来ていると言われている。日本への訪問経験のある若い中国人の中には、日本人のマナーの良さに影響を受けたと語る者も少なくないと聞く。それどころか、日本を崇拝し、自身が中国人であることを恥じ、精神的には日本人になりたがる『精神日本人』*3と呼ばれる中国人さえ出現していて(しかも増えていて)問題になっているという。

習近平政権も、発足当時から党の規律や規則に違反した党員や幹部を徹底的に摘発し(場合によっては粛清し)、ルール遵守の意識を強めようとしてきた。それには権力闘争の一面があることは言うまでもないとしても、目的はそれだけではない。中国は今や世界第2位の経済大国となり、海外企業とのビジネスは拡大の一途だ。

しかも、一帯一路構想等、ある種のグローバル化を先導する存在になり、ニューヨーク市場への上場や海外企業とのM&A等も急増している。よって、中国人にしか理解できない『コネ』や『賄賂』を排除して、透明かつ公平でわかりやすいルールの確立と遵守を徹底する必要に迫られている。この一連の施策は、『制度化』と呼ばれ、政治や経済、社会面でも『制度化』を進め、環境問題や食の安全、労働の安全等についても厳しいルールを設けて推進しようとしている*4

また、ルールやモラル遵守は、文明的かどうかを見る指標であるとの認識に基づき、中国では『文明』という文字が広く使われるようになって来ているようだ。地下鉄では『文明乗車』(秩序正しく乗車し、他人に迷惑をかける行為をしない)、空港では『文明旅行』(訪問国のルールを守り、その国の文化や習慣を尊重する)というスローガンを見かける機会が多くなっているという。

■ なぜ日本人はルールを守るのか

このように述べてくると、最近では日本は経済やビジネスの点ではすっかり中国にお株を奪われているが、やはり文明の成熟度では上、と胸を張りたくなる人も多いだろう。だが、喜んでばかりもいられない。そもそも日本人がルールを守るのは、民族としての特性とか、民度が高いから、というような理由(少しはあるかもしれないが)ではない。文化の違いでもない。社会心理学者の山岸俊男氏『信頼の構造』*5等で述べているように、社会の仕組みの違いに起因するという分析が一番納得できる。

日本の社会は、いわゆる『ムラ社会』で、営利企業でさえムラ社会的に運営されている企業が圧倒的に多い(多かった)。こうした社会では、集団の意思に反する行動には激しい制裁が課されるため、ルールを守り、お行儀よくすることが重要な生存戦略となる。(ある年代以上の日本人にとっては、ルールやモラルというより『世間体』と言ったほうが実感があるかもしれない。)

そんな日本人は、キリスト教徒やイスラム教徒のように内側に神が居て監視されているわけではないから、誰も見ていない環境、例えば海外旅行等では『旅の恥はかき捨て』になりがちで、一昔前の悪名高き『農協ツアー』*6を思い起こすと、中国人の爆買いも、マナーの悪さも笑えたものではない。

また、日本人は、状況や空気に合せて法規制でさえ柔軟に解釈する傾向がある。法規制完全遵守が理想だが、理想と現実は異なるケースなど、大筋ではルールを守りつつ、現実にはルール違反が常態化している例は結構多い。そのあたりは、ルールを完全に無視する傾向のある中国人とは違っていて、日本人には主観的には一応ルールを守っているという認識はある。

自動車の速度規制などその最たるもので、公道の40キロ規制など厳密に守るドライバーは一人もいないと言い切っていいだろう。取り締まる側も、完全に守られることは期待せず、通常は、片目をつぶり、時々見せしめのために捕まえたりする。このような例は、特に一昔前の日本企業にはいくらでも見られた。例えば『残業』もそうで、社内のQCサークルなど実際には業務起因の活動であっても、『勉強』という灰色な概念を持ち込んで(労働法にそのような概念はない)、残業認定しないという暗黙のルールがあったりしたものだ。

■ ルールの源泉『ムラ社会』が解体しつつある日本

ところが、昨今では、そのムラ社会が解体しつつある。会社共同体も、地元共同体も、崩壊過程にある。もちろん、まだ完全に解体しきってしてしまったわけではないし、特に大企業などいまだに頑なに『ムラ社会』を維持しようとする経営者は多いが、それでも、若年層の意識や社会の空気には明らかに変化が見られる。上記の『残業』の解釈もそうで、企業内にあった暗黙のルールより、社会全体に広がる空気のほうが優勢になろうとしている。

大半の日本人はそれでも、自分を囲む『空気』には敏感に反応し、若年層もSNS内におけるローカルなルール(メッセージを受け取ったら即座に返信する等)でさえ遵守して村八分的なバッシングを避けようとする。しかしながら、それは内発的な動機から来るものではなく、外部環境との調和をはかることが目的だから、その外部環境が激変している今、日本人のルール厳守が非常に不自然で意味がわからない、ということも起こりがちだ。世間体は取り繕いたいが、肝心な世間が見えにくくなっている。

あわせて読みたい

「日本人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    不倫疑惑の山尾氏 ついに離婚へ

    文春オンライン

  2. 2

    ZOZO前澤氏の英語スピーチは満点

    広瀬隆雄

  3. 3

    よしのり氏 医師の文句受け失望

    小林よしのり

  4. 4

    安倍外交批判するロシア紙に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    三田佳子次男 元乃木坂も現場に

    文春オンライン

  6. 6

    杉田氏擁護で炎上 評論家が反論

    キャリコネニュース

  7. 7

    非核化へ誠意が見えない南北会談

    団藤保晴

  8. 8

    100億円超? ZOZO前澤氏の月旅行

    THE PAGE

  9. 9

    信頼ない? 進次郎氏の欠点は独身

    新潮社フォーサイト

  10. 10

    パチンコ広げた在日韓国人の苦難

    宇佐美典也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。