記事

オウム麻原らの処刑で思い出したこと

[画像をブログで見る]

 きのうの夕刊ときょうの朝刊と、連続した新聞の大見出しに驚いた。12年も前になる死刑の確定で、「もう終った事件」と思っていたからだ。むしろ「まだ生きてたのか」という感想だった。1995年の地下鉄サリン事件をはじめとして、27人を死なせた「教団」による怪事件だった。教義のルーツは、インドに発する大乗仏教にまでさかのぼる。「ポアする」と呼ばれた殺人は、本来は、死に行く人に寄り添って往生を助ける慈悲の行動のことだった。それが、教団の邪魔をする者は、悪行を拡大する前に「ポアしてやる」のが善だという、身勝手な理屈で正当化されたのだった。

 オウム真理教の信者には、高学歴の者や、名人と呼ばれたほどの脳外科医まで含まれていたとのことだ。それは教団が掲げた「世界を統一する」という高い理想が魅力的であったことを示している。しかし教団は、現実の世直しに取り組む第一歩として取り組んだ1990年の選挙戦で惨敗した。それ以後は密教的な性格を強めて、反社会的になって行ったように見える。

 今回の処刑が、オウム真理教の幹部7名が同時という形で行われたのは印象的だった。教祖以外の6名は、もとは教祖に帰依することで参加したのだが、教団を守るという一点で協力して無差別殺人を企画・実行したので、共同正犯と認定されたわけだ。教祖に魂を売り渡したと言ってもいい。

 ただ残念なのは、肝心の教祖・麻原彰晃から、最後まで意味のわかる弁論を聞くことができなかったことだ。これだけの事件を引き起こした根底にあった思想とは、いったい何であったのか。テロ集団として世間を混乱させるだけが目的だったとは、とうてい信じられない。「本当はこういうことをしたかった」「こうすれば世の人を救えると思った」という信念を語ってほしかったと、私は今でも思っている。

あわせて読みたい

「オウム真理教」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  2. 2

    進次郎氏が石破茂氏についた理由

    PRESIDENT Online

  3. 3

    五輪ボラへの1000円支給は無意味

    キャリコネニュース

  4. 4

    クロ現「縁切り死」特集に大反響

    キャリコネニュース

  5. 5

    マンション価格の高騰に危機感

    Chikirin

  6. 6

    よしのり氏 新潮45を差別すべき

    小林よしのり

  7. 7

    今井絵理子議員 2期目は絶望的?

    女性自身

  8. 8

    沖縄知事選で自公系候補が猛追

    田中龍作

  9. 9

    リスク取らずの進次郎は負け組

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    「年収400万円の底辺」に違和感

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。