記事

iPhone新モデルは「高速充電」に標準対応、電源アダプタ刷新で

Ewan Spence , CONTRIBUTOR

Denys Prykhodov / Shutterstock.com

スマホの画面の大型化が進むなかで、ユーザーの悩みのタネとなっているのが消費電力の増大だ。アンドロイド端末においては数年前から、従来よりも高速の給電に対応するUSB-Cコネクタの採用が進んできた。そして、アップルも既存のLightning端子を維持しつつ、この流れに追いつこうとしているようだ。

今年発売のiPhoneの新モデルでは、付属の電源アダプタが刷新される可能性が出てきた。これにより充電にかかる時間が大きく短縮されそうだ。

中国メディア「充电头网」に掲載された情報で、アップルが次期iPhoneに同梱で発売する電源アダプタの仕様が明らかになった。これまでのiPhoneに付属してきた電源アダプタは5Wの出力だったが、新たな電源アダプタは最大18Wの出力に対応するという。また、この電源アダプタの出力端子はUSB-Cベースとなっている。

アップルはMacBookの充電端子を既にUSB-C対応にしており、既存のiPhone 8シリーズやiPhone Xでも、別売りの電源アダプタ(もしくはMacBookのもの)とUSB-C – Lightning仕様のケーブルを用いることで高速充電が可能になっていた。

しかし、秋に発売のiPhoneの新モデルには、新たな電源アダプタとともにUSB-C – Lightning仕様のケーブルも同梱されることになる。これにより余分な費用をかけずに、サムスンのGalaxy S9などと同レベルの高速充電が可能になる。

アップルが高速充電アダプタを同梱でiPhoneの最新モデルを発売することは、非常に喜ばしい。しかし、筆者個人としては、なぜここまで投入が遅れたのか不思議に思うところだ。さらに、昨年9月にアップルが発表したワイヤレス充電マットの「AirPower」が一体、いつになったら発売されるのかも、大いに気になるところだ。

AirPowerはiPhoneやアップルウォッチ、AirPodsの3つのデバイスを同時に充電できる能力を持つと伝えられている。9月の新型iPhoneの発表と同時に、AirPowerに関しても何らかのアナウンスが行われることを期待したい。

あわせて読みたい

「iPhone」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    避難所確保を 蓮舫氏意見に返答

    和田政宗

  2. 2

    ヒカキンが寄付呼びかけ16万人増

    MAG2 NEWS

  3. 3

    安倍3選を阻止できる唯一の人物

    PRESIDENT Online

  4. 4

    格差を再生産する学歴フィルター

    城繁幸

  5. 5

    安倍首相は危機管理に向いてない

    菅直人

  6. 6

    R-15映画 大人の下ネタに感動

    松田健次

  7. 7

    よしのり氏 自衛隊員増やすべき

    小林よしのり

  8. 8

    小室哲哉は「ウソ」の釈明が必要

    PRESIDENT Online

  9. 9

    ストロー廃止に意識が低い日本人

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  10. 10

    サニーデイ訃報に「言葉出ない」

    カトキチ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。