記事

W杯日本戦で3点目を決めたベルギー選手に韓国人アナが叫んだ言葉

1/2

初のワールドカップ8強の座を賭け、格上のベルギー相手に予想を上回る大健闘を見せてくれたサッカー日本代表。アジア唯一の決勝トーナメント進出国としても注目を浴びましたが、韓国ではどのように受け止められていたのでしょうか。 無料メルマガ『キムチパワー』の韓国在住歴30年の日本人著者が、現地のテレビやネット上の反応といった「事実」を冷静に伝えています。

W杯をいかに見ているのか

きょうは、ワールドカップに関する内容で書いてみる。サッカーは全世界の人が愛する共通のスポーツだ。野球はごく限られた国でだけ愛されているが、サッカーはグローバルだ。筆者も小、中、高(2年くらいまで)とサッカーをやってきたので、サッカーに対する愛は人並み以上と認識している。(野球への関心は0に等しい)。

今回のロシア大会。アジア勢は日本だけを残して全て散ってしまった。16強に這い上がったのは日本のみ。だったらアジアの人は皆日本を応援するのだろうか

否だ。

台湾、ベトナム、タイなどはたぶん大部分、日本を応援してくれるのだろう。中国はどうか。30%くらいはあるのか。(いや、5%未満か)。韓国はどうか。日本を応援する韓国人はたぶんただの一人もいないだろう。

昔は、いくら日本が嫌いでも、同じアジアとして応援してくれてもいいんじゃないのと思っていた時期もあった。しかし今はちがう。そんなことは期待するべきでもないし、期待しても100%叶えられないワザなのだ。こちらで30年暮らしてきてやっとそんなことがわかるようになってきた

こちらでワールドカップの放送を見ていると、実に耐え難いものがある。KBSだろうとMBCだろうとSBSだろうと、どこの放送局も、皆、アンチ日本の心情がもろに伝わってくる言い方で放送をする。日本が出てくると、対韓国でなくても常に日本でないほうを応援する立場での解説となる。

問題は、これって、わざとしてるんじゃなくて、自然にそうなってしまう、という点だ。だれかが、どっかのチームを応援するというのは、ごく自然な心の反映だ。無理につくろってだれかを応援するものではない。自然の発露としてエールが出てくるものだし、無理やり頭で操縦することはできない。

それを象徴するような記事が韓国の中央日報にでていた。

2-2の後半ロスタイムにシャドリが劇的な逆転ゴールを決めたことでベルギーが3-2で勝利した。このとき、KBS(韓国放送公社)のハン・ジュンヒ解説委員が「シャドリありがとうございますと興奮気味にコメント

韓国の一部の視聴者から

「公営放送のKBSでこのような不公正な解説をしてもいいのか。いくら日本が勝つのが気に入らなくても、解説は公平にすべきではないのか

「韓日戦でもないのにこのような不公正中継をするなんて。解説者ならもっと中立性を守って中継するべきだ」

といった批判のコメントも寄せられているようだ。そんなことを言ってくれる視聴者のかたにはほんと、感謝したいけれど、この解説者は、例外的に彼だけがそんな発言をしたのではないというところが重要だ。KBSが話題になっているわけだが、それはMBCだろうとSBSだろうと皆同じなのだ。心の底に日本が負ければいいという気持ちが知らず知らず潜んでいるからだ。

あわせて読みたい

「ワールドカップ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  2. 2

    進次郎氏が石破茂氏についた理由

    PRESIDENT Online

  3. 3

    五輪ボラへの1000円支給は無意味

    キャリコネニュース

  4. 4

    マンション価格の高騰に危機感

    Chikirin

  5. 5

    クロ現「縁切り死」特集に大反響

    キャリコネニュース

  6. 6

    よしのり氏 新潮45を差別すべき

    小林よしのり

  7. 7

    今井絵理子議員 2期目は絶望的?

    女性自身

  8. 8

    リスク取らずの進次郎は負け組

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    沖縄知事選で自公系候補が猛追

    田中龍作

  10. 10

    ふるさと納税 制度見直しの真意

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。