記事

能力なく器用でもない僕がいま大学生だったらどういう人生を選ぶか

はじめに


いま大学生だったら、どういう人生を選ぶか? - はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記

これを見て触発されたので書いてみたいと思います。

お題は「今大学生だったら、どういう人生を選ぶか?」というところです。

で、器用じゃない僕が、いま大学生だったらどういう感じでやるかなあ、と考えてみたので書いてみます。

僕が選んだ道の説明



と、その前に、実際の僕はどうだったかを説明します。

僕は大学卒業してから、新卒でリクルートという会社に入りました。

これには理由があって、僕は大学生の時に小さい会社の社長をやらせてもらってたのですね。やってたというか、ほぼ雇われみたいな感じというか、周りの優秀な人に助けられて、という感じだったので、えばれるほどのものでもないのですが、一応自分で仕事を作って働く、ということについて経験をしてみたわけです。

いやあ、これが全然ダメで。仕事をしたこともない大学生が会社作っても全然ダメだなって個人的には思ったのです。

もちろん大学時代から起業しているすごい人達もたくさんいるわけですが、僕のような意思は弱い、スキルもない、地頭もよくない、という感じだと練習なしでいきなり本番というのはつらかったのです。唯一サイトを作れるというスキルはあったわけですが、それだけだとお金にはならないのですね。

というわけで、お金をバリバリに稼いでいるリクルートという会社に入ったという経緯があります。そして3年働いて、ロケットスタートを立ち上げて、現在にいたるという次第でございます。

どう道を選ぶか?


では、で、僕がいま大学生だったら、どうするかを考えてみます。

僕は個人的に、リスクをあまりとりたくない、努力はしたくない、というタイプな上に、能力ががあまりなく、器用でもありません。しかも今の時代は安定した業界も会社も見つかりづらいです。こういう状況でどうしたらいいのか?というのは結構前から考えていました。

結論としては、「自分を成長させる環境を全力でゲットするためだけをがんばる」です。
よく、大学時代は好きなことをやれというじゃないですか。でもですね、たとえば、好きだからといって、将来の仕事につながらないようなことををやってしまうと、僕みたいな器用じゃなく、才能がない人はで戦えない人は社会人になったときに弱くなっちゃうんですよ。

器用じゃない、才能がない、というのを言うと「謙遜している」とか「卑下している」とか言われることもあるんですが、これはそういうことじゃなくて「環境が人を作るから才能の差は結構なんとでもなる」とポジティブに思っているんです。

そして、「だからこそ、自分を成長させる環境を全力でゲットしろ」というのが僕のモットーです。

というわけで、今後何年も働くことになるという前提では、最初からいい環境をゲットするための準備を、大学生の時からがんばったほうがいいんじゃないかなーと思っています。

成長できるいい環境とは何か?


成長できるいい環境とは、その場その場によって違いますが、あえて簡略化すると、以下の2つにわけられると思っています。

- 能力がまだない時=ちゃんと成長のための階段を登らせてくれる環境
- 能力がある程度ある時=立場と責任を与えられて動ける環境

いくら育ててくれる場所であっても、いつまでたっても上司がいてその指示を仰いでいたら成長感はないんじゃないかなー、と思っています。

逆に、いきなり立場と責任があっても、難しいわけです。器用な人だったら出来るかもしれないんですが、僕には無理なので、どういう場合でも、この2ステップをふむのがいいんじゃないかと思っています。

大企業かベンチャーか


で、そういう前提を頭に置きつつ、僕がいま大学生だったら、大企業かベンチャーのどちらを選ぶか、というのを考えてみました。

で、結論から言うと

- 最初は大企業
- 次にベンチャー(or 起業)

でいくと思います。

個人的には「教育に投資してくれる大企業は結構お得」という風に思っています。人の教育コストってすげー高いので、してくれるだけで非常にありがたいんです。会社は学校じゃないので、教育するにはリターンを求めているわけですが、それでもリスクをとって教育してくれるのはとても素晴らしいですね。

そもそも日本っていうのは非常に失敗に寛容な社会ですし、大企業では新卒がミスしてもよほどじゃない限りクビになりづらいのです。真面目にやっていれば減棒とかもあんまりないんじゃないですかね。

そして、そのあとベンチャーにいきます。

まず終身雇用みたいなものは今後は続かないだろうと思っています。なのにもかかわらず、安定した大企業への人気は今だに強いです。

するとどうなるかというとですね、優秀な人が大企業にいっちゃうんですよ。優秀な人と、少ない椅子をとりあって戦わないといけない。

椅子が少ないのに優秀な人と戦い続けないと、いい環境が与えられないんです。基本的には会社って立場も責任も優秀な人に与えてしまうので。

なので、一定の経験をゲットしたら、そっからはいい環境を与えてくれるベンチャーにいくかなあ、と。

というわけで


かなり個人的な意見ですが、何かの参考になればなあ、と思っています。

今の世の中、いろいろと状況が変化し続けるので「この業界いけば安泰」「この会社いけば大丈夫」みたいなのは存在しません。頼れるのは自分の能力だけで、その能力をあげるために最善の道を尽くす、っていうのが一番リスクがないんじゃないかなあ、と思っています。

一度きりの人生なので、リスクなんて取らずに、安全にいきたいですよね!

宣伝宣伝


nanapiを運営しているロケットスタートでは、人材を募集しています。

Webアプリケーションエンジニア募集
Webデザイナー / UI / ユーザーエクスペリエンス募集

大企業いってたりとか、結構経験はつんだから、今度はもうちょっと自分の裁量でバリバリとやってみたい、という人とかは是非是非。

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  3. 3

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    元TBS記者の不起訴に異常な警察

    猪野 亨

  5. 5

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  6. 6

    米国空軍のB1爆撃機が怖い北朝鮮

    和田政宗

  7. 7

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  8. 8

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  9. 9

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

  10. 10

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。